空を見上げて
トップページ » 端攻めの目的

端攻めの目的

2018-04-23e

 5図は第67回NHK杯阿久津主税八段対渡辺明棋王戦(2018.1.7)の中盤の局面です。
 ここから後手渡辺棋王は△9五歩▲同歩△9七歩▲同香と端攻めに出て6図となりました。

2018-04-23f

 次は当然△8五桂かと見ていましたら、△7四角▲同馬△同飛▲8三角△6三角▲7四角成△同角と進んで7図となりました。

2018-05-18c

 7図からの▲7一飛に後手は△3九角と飛車を目標に攻めました。
 ところで話は遡りますが、5図からの端攻めで香を9七に上げて玉の逃げ道をふさいだ効果が最終盤に現れ先手玉の詰めに役立ちました。
 端攻めの目的は端を破ることが一番でしょうが、本譜のように端を突破しなくても香車を上げるだけでも随分効果があるのですね。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星