空を見上げて
トップページ » 手得を生かす~対角交換ダイレクト向かい飛車

手得を生かす~対角交換ダイレクト向かい飛車

 第77期順位戦A級2回戦、広瀬章人八段対佐藤康光九段が7月25日に東京将棋会館で行われました。
 
 将棋は後手の佐藤九段の角交換ダイレクト向かい飛車対先手広瀬八段の居飛車の戦いとなりました。

2018-07-26k

 1図は後手の佐藤九段が△2二飛と振ったところです。
 5四歩と突いているため▲6五角がありません。(▲6五角と打たれて後手が悪いという訳でもないようですが)
 少し進んで2図となりました。

2018-07-26l

 2図から△4四角▲同角△同銀▲7八金△9二香で3図となりました。

2018-07-26m

 3図では単純に盤上の駒の動きを数えると先手が12手、後手が10手と先手がだいぶ手得しています。
 そのため、先手はすでに銀冠が完成しており強い戦いができそうです。
 3図から▲5六歩△9一玉▲7七角△3二飛▲2五歩と本格的な戦いが始まりました。
 少し進んで4図となりました。

2018-07-26n

 4図で先手有利との上村四段の形勢判断でした。
 以下、広瀬八段が丁寧に有利を広げた印象で117手で勝利しました。

2018-07-26o


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星