空を見上げて
トップページ » 第15回詰将棋選手権チャンピオン戦第10問

第15回詰将棋選手権チャンピオン戦第10問


 6月10日放送のNHKの将棋フォーカスの特集は「詰将棋の世界」でした。
 その中で中村太地王座が第15回詰将棋選手権のチャンピオン戦第10問を解説されていました。

2018-08-10c

 作者は相馬慎一さんで37手詰めです。優勝者の藤井聡太プロを含めて正解者は僅かに3名だったとのことでした。

2018-08-10f

 初手が第一の関門とのことでした。金ではなく銀打ちが第一感の方が多いと思うので。

2018-08-10g

 9手目で大事そうに見える成桂も捨てます。

2018-08-10l

 続いて11手目で▲3七飛と飛車を捨て△同角不成(後の打ち歩詰めを誘う)と進みます。

2018-08-10k

 19手目で▲2六馬と捨て後手の角成か角不成かを聞きます。
 我が家の激指12先生は問題図から13手目までの局面で問題に挑戦してもらうと「詰まない」と解答します。
 やっと15手目になって詰みを教えてくれますが、それは20手目に△同角成とする誤った回答でした。

2018-08-10i

 20手目の局面で我が家の激指12先生はやっと正解を出しまた。

2018-08-10j

 中村王座は「詰め上りの局面は浮かんだのですが、最初の金銀の捨てる順などが難しく、解くのに数日かかった。」と話されていました。 

【正解手順】
▲5六金 △同 玉 ▲6七銀 △4六玉 ▲5五銀 △同 玉▲6六銀 △4四玉 ▲3四成桂 △同 玉 ▲3七飛 △同角不成 ▲1六馬 △3五玉 ▲2五馬 △4四玉 ▲5六桂 △5三玉▲2六馬 △同角不成 ▲6四金 △6二玉 ▲8二飛成 △7二桂▲7三金 △5三玉 ▲5二銀成 △同 玉 ▲7二龍 △6二歩▲6四桂打 △5一玉 ▲6二龍 △同 角 ▲5二歩 △6一玉▲7二金まで37手詰


将棋ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星