空を見上げて
トップページ » 第13回朝日杯将棋オープン戦、湯上アマ対中村七段戦

第13回朝日杯将棋オープン戦、湯上アマ対中村七段戦

 第13回朝日杯将棋オープン戦一次予選2回戦、湯上真司アマ対中村太地七段戦が8月29日に行われました。

 将棋は相掛かり戦となり、後手の中村七段が歩2枚を先手の湯上アマに取らせる代わりに両方の銀を素早く前進させるというあまり見ない形に進みました。

2019-09-06a

 1図から△7五歩▲6七銀△7二飛~と開戦しました。
 しばらく進んで2図となりました。

2019-09-06b

 先手の飛車が捕まったようですが、先手も▲8三角と飛車取りに打ち、△6二飛▲6三歩~と激戦が続きました。

 しばらく進んで3図となりました。

2019-09-06c

 3図で先手には次に▲8五馬の他に後手の応手により▲5一馬、▲5二馬、▲2二金などの有力な手がありそうです。
 ここから、後手は△6七桂~△8七角~△5八銀~△3八龍~と猛攻しましたが、一手空いた時(4図)
 
2019-09-07a

に▲8五馬と飛車を取られ、先手が優勢になったようです。

2019-09-06f

 将棋は115手で湯上アマが勝利しました。
 

将棋ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村




コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星