空を見上げて
トップページ » 創作格言9:桂捨ては攻めには付き物

創作格言9:桂捨ては攻めには付き物

 駒損なく攻めが繋がれば理想ですが桂損(実際は桂と歩との交換の場合が多い)で攻めが繋がる場合が結構あるように思います。
 もっと良い例があると思いますが、例えば

2019-11-29a

 1図から▲5三桂成と桂を捨てると、以下、△同金▲4四飛(4一の金取り)(2図)

2019-12-03a


 となり、△同金は▲同角(王手飛車取り)、また、4一の金取りを受けると▲5四飛と銀を取る手が7七角の利きで王手、など先手が十分指せそうです。

 という訳で、桂捨てを読みに入れながら攻めを考えようという「桂捨ては攻めには付き物」(もっと良い言い方があるような気がしますが)を創作格言の10番目としたいと思います。



将棋ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星