空を見上げて
トップページ » 第5期叡王戦挑戦者決定三番勝負第1局、豊島名人・竜王対渡辺三冠戦

第5期叡王戦挑戦者決定三番勝負第1局、豊島名人・竜王対渡辺三冠戦

第5期叡王戦挑戦者決定三番勝負第1局、豊島将之竜王・名人対渡辺明三冠戦(2020.2.6)は角換わり腰掛け銀となりました。

2020-02-10a

 後手の渡辺三冠の手が遅れていますが、△7二金→△6二金、△4二玉→△5二玉→△4二玉と手を調整しているためです。
 上の図から、▲6七銀△5五銀で1図となりました。

2020-02-08e

 解説ではこの局面の前例が6局あり、先手1勝、後手4勝とのことです。(1局、計算が合いませんが本局を含めて6局ということでしょうか?)
 少し進んで2図となりました。

2020-02-08f

 2図の1手前の局面で「後手の持ち駒は角桂歩。△8六桂や△5九角、△9五歩からの端攻めをどう組み合わせるか。」と解説されていましたが、正に解説どおりの戦いとなりました。
 しばらく進んで4図となりました。

2020-02-08h

 4図から△7五歩と突きました。ゆっくりしているようですが△7六歩~△7七歩成が詰めろとのことで厳しい攻めのようです。

2020-02-08i

 将棋は106手で渡辺三冠が勝利しました。
 第2局は2月13日です。


将棋ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星