空を見上げて
トップページ » 相掛かり戦〜第79期順位戦B級2組7回戦、横山七段対中川八段戦

相掛かり戦〜第79期順位戦B級2組7回戦、横山七段対中川八段戦

 第79期順位戦B級2組7回戦、横山泰明七段対中川大輔八段戦(2020.11.11)は相掛かり戦となりました。

2020-11-13g

 1図から横山七段は23分の考慮で▲9五歩と端を攻めました。以下、△同歩▲9二歩△同飛(△同香は▲8五桂でしょうか)▲8五飛△6三角▲8三飛成と龍を作ることに成功しました。
 しばらく進んで2図となりました。

2020-11-13h

 2図の「△5五歩は角を目標にする攻めでうまい。」との解説がありました。先手玉の左側が壁になっているのも気になります。
 2図から▲2八歩(馬筋をずらす)△同馬▲8一龍△5六歩▲8四角△4六桂▲4七金△2七馬(龍取り)▲3六桂△3八桂成で3図となりました。

2020-11-13i

 3図から玉の逃げ道を広げながら▲6五桂と跳ね、以下、△同歩▲6三桂と攻めました。
 ▲6三桂の解説が「畳み込んでいく。△6三同銀は▲7三角成が詰めろ銀取りになる。泉八段は横山の指し回しを評して一言。「完璧だ」」でした。
 プロに「完璧」と評される指し回し。鑑賞させていただきました。
 将棋は97手で横山七段が勝利しました。
 これで今期順位戦、横山七段が5勝1敗、中川八段が3勝3敗となりました。


将棋ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星