空を見上げて
トップページ » 道内アマ強豪
道内アマ強豪

新人王戦横山アマ対藤井四段戦

 5月4日の第48期新人王戦横山大樹アマ対藤井聡太四段戦は連勝中の藤井四段にトップアマが土を付けるかと注目された将棋でした。
 また、大内九段の赤旗日曜版での最後の解説となった将棋でした。

2017-09-30a

 将棋は相掛かりとなりました。
 1図から△8六歩▲同歩△同飛▲5六歩△7六飛▲5五歩△8六飛~と局面が動いていきました。
 しばらく進んで2図となりました。

2017-09-30b

 2図から先手の横山アマは▲6五桂と動きましたが大内九段の解説ではその手で▲6八銀と上がっておけば後手も困ったのではないかとのことでした。
 今度こそ▲6五桂(8五桂)~▲7七銀の筋が防ぎにくい。後手は飛車の助け方が難しくなっていますとのことでした。
 ▲6五桂からは後手が有利になったようで藤井四段が100手で勝利しました。 
 
2017-09-30c

開始日時:2017/05/04

棋戦:第48期新人王戦

先手:横山大樹

後手:藤井聡太

 

▲2六歩   △8四歩   ▲2五歩   △8五歩   ▲7八金   △3二金

▲3八銀   △7二銀   ▲9六歩   △9四歩   ▲3六歩   △8六歩

▲同 歩   △同 飛   ▲3七銀   △8四飛   ▲8七歩   △3四歩

▲4六銀   △5二玉   ▲6九玉   △7四歩   ▲7六歩   △8六歩

▲同 歩   △同 飛   ▲5六歩   △7六飛   ▲5五歩   △8六飛

▲2四歩   △同 歩   ▲5四歩   △同 歩   ▲2四飛   △2三歩

▲2八飛   △7三銀   ▲8七歩   △8二飛   ▲5五歩   △同 歩

▲同 銀   △6二金   ▲2四歩   △同 歩   ▲同 飛   △5三歩

▲3七桂   △4一玉   ▲2三歩   △3三角   ▲2八飛   △8五飛

▲4六銀   △5二玉   ▲3三角成 △同 桂   ▲7七桂   △7五飛

▲6六角   △7六飛   ▲6五桂   △6四銀   ▲7七金   △6五銀

▲7六金   △同 銀   ▲7一飛   △2七歩   ▲7八飛   △6七銀成

▲8四角   △7七桂   ▲5九玉   △7三桂   ▲7七飛   △同成銀

▲7三角成 △同 金   ▲同飛成   △8九飛   ▲6四桂   △同 歩

▲7二龍   △6二金   ▲6三金   △4一玉   ▲7一龍   △5一桂

▲6二龍   △7九飛成 ▲4八玉   △4九龍   ▲同 玉   △7六角

▲5八桂   △同角成    ▲同 玉    △7六角

まで100手で後手の勝ち




taka11281taka11281  at 00:07コメント(0) この記事をクリップ! 

第71回アマ名人戦決勝、横山さん対天野さん戦

 第71回全日本アマチュア将棋名人戦全国大会決勝の模様が 日本将棋連盟ホームページのコラム「史上初の四冠制覇!第71回アマチュア名人戦全国大会、横山さんが優勝」(2017/9/25付け渡部壮大氏著)で詳しく紹介されました。棋譜も動く将棋盤で掲載されています。
 将棋は先手横山大樹さんの矢倉対後手天野啓吾さんの雁木の戦いとなりました。
 雁木は最近プロでも注目されている戦法のようです。

2017-09-27a

 1図から▲2四歩△同歩~と飛車先が交換され先手は角、歩を後手は角を持ち駒としました。
 しばらく進んで2図となりました。

2017-09-27b

 2図の△6三銀型の雁木を「ツノ銀雁木」と呼ぶそうです。(参考:コンピュータ将棋研究Blog.雁木戦法の復活!ponanzaから学ぶ新戦略その1.2017/6/3)
 2図から△6五歩~△7五歩~△6五桂と後手が攻めました。
 桂に▲7七銀を狙われるのが矢倉の宿命(弱点)でしょうか。
 少し進んで3図となりました。

2017-09-27c

 3図は△8四桂の銀取りに7六の銀が▲8五銀と歩を取りながら逃げたところです。
 ここから△9六桂▲同銀△9五歩▲8五銀△同飛で4図となりました。

2017-09-27d

 4図では後手に桂をきれいに捌かれ先手が少し苦しそうです。
 4図から▲6七角△7五飛▲2四歩~と進みました。
 この▲6七角は自分には全く浮かばない手ですが、飛車取りの先手を取りながら攻めも見た手なのでしょうか。
 この角が将来▲2三角と成り込んでいくとは思いもよりませんでした。
 しばらく進んで5図となりました。

2017-09-27e

 5図から先手は3三歩成~3三桂成~2三歩成~2三角成~2三飛成と2筋突破に成功し6図となりました。

2017-09-27f

 6図では先手が逆転しているのかもしれません。
 6図から△3二銀打▲3四桂打△5三玉▲2五龍△7三角と進み、その後、7七の金が後手の飛車を攻める形となり、最後は鮮やかに後手玉を詰め上げて125手で横山さんが勝利しました。 

2017-09-27g

先手:横山大樹

後手:天野啓吾

 

▲2六歩   △3四歩   ▲7六歩   △4四歩   ▲4八銀   △3二銀

▲2五歩   △3三角   ▲5六歩   △4三銀   ▲5八金右 △3二金

▲7八銀   △8四歩   ▲6六歩   △6二銀   ▲6七金   △5二金

▲7七銀   △8五歩   ▲7八金   △7四歩   ▲6九玉   △4一玉

▲7九角   △6四歩   ▲3六歩   △7三桂   ▲2四歩   △同 歩

▲同 角   △同 角   ▲同 飛   △2三歩   ▲2八飛   △6三銀

▲9六歩   △9四歩   ▲7九玉   △3一玉   ▲1六歩   △1四歩

▲8八玉   △8一飛   ▲5五歩   △2二玉   ▲3七桂   △6五歩

▲同 歩   △7五歩   ▲同 歩   △6五桂   ▲7六銀   △6四銀

▲6六歩   △7七歩   ▲同 桂   △同桂成   ▲同金寄    △8四桂

▲8五銀   △9六桂   ▲同 銀   △9五歩   ▲8五銀   △同 飛

▲6七角   △7五飛   ▲2四歩   △同 歩   ▲2五歩   △3三玉

▲2四歩   △2二歩   ▲3五歩   △4二玉   ▲7六桂   △7三銀

▲5四歩   △9六歩   ▲9八歩   △6二銀   ▲7三歩   △7一歩

▲3四歩   △5四歩   ▲2五桂   △5五角   ▲4六桂   △6五歩

▲5七銀   △3六歩   ▲3三歩成 △同 桂   ▲同桂成   △同 金

▲2三歩成 △同 歩   ▲同角成   △同 金   ▲同飛成   △3二銀打

▲3四桂打 △5三玉   ▲2五龍   △7三角   ▲8六金   △7四飛

▲7五歩   △9四飛   ▲8五金   △6三銀   ▲9四金   △同 香

▲9三飛   △7二歩   ▲7四歩   △9五角   ▲6四金   △6二玉

▲6三金   △同 金   ▲同飛成   △同 玉   ▲6五龍

まで125手で先手の勝ち




taka11281taka11281  at 00:07コメント(0) この記事をクリップ! 

第74回全道将棋選手権、武沢さん対三歩一さん戦(2)

2017-08-23d

 4図から△7四飛▲1一角成△2八角成▲同金△1六歩▲同歩△1八歩▲同香△1九飛で5図となりました。
 
2017-08-23e

 ▲1一馬と香を取られたところで形勢は先手に大きく傾いたとのことです。
 5図から▲3九香△7三桂▲8三角△5四飛▲4六歩で6図となりました。

2017-08-23f

 ▲3九香(1九飛の横利きを止める、3筋からの攻めを防ぐ)、▲4六歩(▲4七角成と引き付ける)と武沢さんの厳しい受けの手が出ます。
 以下、77手で先手の武沢さんが勝利しました。

2017-08-23g


開始日時:
2016/07/18()

戦型:横歩取り

先手:武沢 涼介

後手:三歩一 真

 

▲7六歩   △8四歩   ▲2六歩   △3四歩   ▲2五歩   △8五歩

▲7八金   △3二金   ▲2四歩   △同 歩   ▲同 飛   △8六歩

▲同 歩   △同 飛   ▲3四飛   △3三角   ▲3六飛   △8四飛

▲2六飛   △2二銀   ▲8七歩   △5二玉   ▲5八玉   △2三銀

▲3八金   △5一金   ▲4八銀   △6二銀   ▲3三角成 △同 桂

▲8八銀   △7四歩   ▲2八飛   △2四歩   ▲7七銀   △1四歩

▲3六歩   △1五歩   ▲3五歩   △7五歩   ▲同 歩   △2五桂

▲7四歩   △8二角   ▲6六角   △7四飛   ▲1一角成 △2八角成

▲同 金   △1六歩   ▲同 歩   △1八歩   ▲同 香   △1九飛

▲3九香   △7三桂   ▲8三角   △5四飛   ▲4六歩   △7四歩

▲6六銀   △4二金寄 ▲7二角成 △7五歩   ▲8三馬   △7六歩

▲8六歩   △1七桂成 ▲同 桂   △2五歩   ▲7四歩   △2六歩

▲7三歩成 △同 銀   ▲同 馬   △2七歩成 ▲5五銀

まで77手で先手の勝ち





taka11281taka11281  at 00:07コメント(0) この記事をクリップ! 

第74回全道将棋選手権、武沢さん対三歩一さん戦(1)

 昨年7月に開催された第74回全道将棋選手権決勝、武沢涼介さん(旭川)対三歩一 真さん(札幌)戦の高森智春さんによる観戦記が2月22日から5譜に渡り北海道新聞夕刊に掲載されましたので勉強しました。
 なお、この将棋は日本将棋連盟北海道支部連合会のホームページで動く将棋盤でご覧になれます。

 将棋は横歩取りに進みました。

2017-08-23a

 1図から△2三銀▲3八金△5一金▲4八銀△6二銀で2図となりました。
 
2017-08-23b

 観戦記によりますと、この△5二玉~△5一金~6二銀は松尾歩八段が創案した構えで、11年に流行したとのことです。
 少し進んで3図となりました。

2017-08-23c

 先手の武沢さんは一歩得に満足して陣形を整え、後手の三歩一さんは1筋を伸ばし端に狙いをつけているのかもしれません。

2017-08-23d

 4図は△8二角に飛車取りを受けずに▲6六角と飛車・香取りに打ち返したところです。
 後手はこの▲6六角を見落としていたようです。
 審判長の屋敷九段は「△8二角では△5五角が最善手」と指摘されたとのことです。
 この△5五角に▲6六角なら△同角▲同銀△6四角(変化図1)で後手ペース。

2017-08-23h

 また、△5五角に▲4六角なら△同角▲同歩△1七桂成(変化図2)で後手十分とのことでした。

2017-08-23i


taka11281taka11281  at 00:07コメント(0) この記事をクリップ! 

レグスぺ対銀冠~第74回全道将棋選手権、三歩一さん対藤田さん戦(3)

2017-07-19g

 6図で▲7九桂と打ちました。そう固く受けるものなのかと棋譜を並べながら思いましたが、この手で後手の藤田さんは負けを覚悟したとのことです。
 自分は全く気づきませんでしたが6図で仮に▲5二とですと△9五歩で逆転の可能性を探っていたそうです。以下、▲同歩ですと、△9八歩(変化図1)。
 △9八歩に▲同香は△9九角、▲同玉は△8九角。

2017-07-19l

 6図から少し進んで7図となりました。

2017-07-19h

 7図から▲6一と△4六角▲7一と△同銀▲6一金~と攻め合いが続き8図となりました。

2017-07-19i

 8図から▲6二金△9三銀▲7一角~以下99手で先手の三歩一さんが勝利しました。

2017-07-19j

開始日時:2016/07/18()

先手:三歩一 真

後手:藤田 隆寛

 

▲7六歩   △3四歩   ▲2六歩   △8八角成 ▲同 銀   △2二銀

▲4八銀   △3三銀   ▲6八玉   △4二飛   ▲7八玉   △6二玉

▲5八金右 △7二玉   ▲9六歩   △8二玉   ▲8六歩   △9二香

▲8七銀   △9一玉   ▲8八玉   △8二銀    ▲7八金    △9四歩

▲5六歩   △2二飛   ▲5七銀   △2四歩   ▲5五歩   △4四銀

▲6六銀   △7一金   ▲6八金右 △3三桂   ▲7七桂   △5二金

▲8五歩   △6二金寄 ▲6五角   △4二飛   ▲4六歩   △3五銀

▲5六角   △1四角   ▲1六歩   △4四歩   ▲1五歩   △2三角

▲1七桂   △4六銀   ▲2五歩   △3七銀不成▲2四歩    △2八銀不成

▲2三歩成 △5九飛   ▲3三と   △5六飛成 ▲4二と   △5九龍

▲2一飛   △7二金寄 ▲7九桂   △1九銀不成▲5二と    △3五角

▲5七角   △5六香   ▲3五角   △同 歩   ▲6一と   △4六角

▲7一と   △同 銀   ▲6一金   △8二銀   ▲2二飛成 △7一銀

▲同 金   △同 金   ▲7二銀   △同 金   ▲同 龍   △8二金

▲6二金   △9三銀   ▲7一角   △7二金   ▲同 金    △8二飛

▲同角成   △同 銀   ▲2一飛   △7一角   ▲同 金   △同 銀

▲同飛成   △8二金   ▲6二金

まで99手で先手の勝ち


taka11281taka11281  at 00:07コメント(0) この記事をクリップ!