2008年07月03日

2大イベント

本日は米雇用統計とECB理事会があり要注目であります。まず6月の米雇用統計に対する大方の予想では、非農業部門雇用者数が6万人減、失業率が前月の5、5%を下回る5、4%となっており、非農業部門雇用者数の数字いかんによって、大きな開きがあれば為替が大きく動くであろう。またECB理事会ではユーロの政策金利が現行の4%から0、25%の利上げの4、25%が確実視されており、トリシェ総裁の会見が追加利上げにつながるような発言になるかどうか?

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/taka4409/51965406