星が見たい

星を見たり、撮影したりしたいけど、自宅からほとんどみえません。でもどうしても、自宅から撮影したいのでその奮闘の様子を記録します。

久々の更新

ブログの更新は昨年の6月以来となりました。昨年は体調をくずし、星見活動はまったくできずに終わりました。今年になってすこしづつ、リハビリしているのですが、先日8月19日ようやく撮影の遠征に行くことができました。
遠征先は、晴れ予想が北と西だけという状況、同好会の友人に誘われたのもあって、千葉の鋸南町に行ってきました。自宅からちょうど100km、自宅の傍のコンビニを過ぎて高速にのると現地まで、コンビニが一軒もなかったので、途中で立ち寄ることもなく行けました。

心配した天気は最初は霞んでいたのが、21時過ぎると快晴で、天の川も見えました。天の川を見るのも1年ぶりです。

galaxy


撮影は準備段階からトラブル続き、どこに片付けたか判らない部品いくつもあるし、フォーサーズのカメラATIK383は壊れたようで、まるで作動しない。さらに、現地で撮影を始めたら、ピントが出ない! やむをえないので、レデューサを外してピントをだした(結局接続リングを間違えていたことが帰宅してから判った)、さらに撮影中はPHD2が途中でフリーズするので、半分以上はノータッチガイド。
これは、ガイドカメラのQHY5L、PHD2とWIN10の組み合わせの問題で、通常のカメラドライバーではだめらしい。これからネットを徘徊して皆さんの知恵を拝借して対策しなくては。

トラブルがあったのも撮影結果はリハビリとしてはまずまずの結果と思っています。
でもフォーサーズのカメラで網状全部を撮るつもりだったのが、残念。構図が中途半端です。



対象:網状星雲 NGC6962
鏡筒:VSD100 F3,8
カメラ:Atik460EX フィルター:Asrotordon 36mm SAO 3nm
赤道儀:タカハシ EM11 2M
露光 :L 5分×20枚 RGB各 3分×6枚、10秒×4枚 SAO 各 5分×8枚


LRGB合成にHαをブレンド

Ami16



SAO

Ami-SAO_final-3




この遠征は同好会の友人と行きましたが、いろいろな話もでき、ドブソニアンで観望もできたし、充実した遠征でした。
久々の遠征なので、帰宅したら、すっかり疲れているし、腰は痛いし、次回にそなえて体力増強のリハビリ頑張ります。

久々の天の川

一昨日は、下田のあじさい祭りに行ってきました。その晩は、南伊豆で一泊し、温泉と海鮮料理を堪能してきました。
そしてあわよくば、星見も楽しもうという目論見だったのですが、予報では、曇り&雨、とりあえずデジイチは持っていきました。
下田のあじさい祭りは、本当にきれいでした。
当地神奈川県でもあじさいの名所がいくつか(鎌倉の長谷寺、箱根登山電車等)あるのですが、いままで、見た中で、種類も数も一番豊富でした。
それに、下田の城山公園で行われているのですが、眼下に下田港が見え、景色も抜群です。

IMG_5321

IMG_5335

天気は、晴れてはいるのですが、薄曇りで、その後宿についても、空一面雲です。泊まった宿では、夜になると屋上で、星空教室なるものが開かれて、星座の開設をレーザーポインターでやっています。
開始時間になると、人が10人ほど集まっていますが、空は曇り、でもそのうちに雲の切れ目から、木星が見え、つぎにアンタレスが見えてきました。
星空教室は、次から次へ宿泊客が来るので、同じ内容を数回繰り返していましたが、そのうちに透明度は悪いけど、雲がなくなってきました。
天の川もしっかり見えてきました。
久々に天の川を見ました。しばし、双眼鏡で流して楽しみました。やっぱり夏の天の川は楽しい。
星空教室も終わりの時間に近づいてくると、南天は本当に雲がなくなりました。
あわてて、部屋に戻り、持ってきたEOS6Dとポタ赤を持ってきて、セットしていると、宿の説明員の方が、「10時に屋上を締めます。写真を撮るのであれば、屋上の照明をけしますよ」との申し出をしてくださいました。
ありがたい!でも残りは30分しかない!
照明を消すと天の川がより明瞭に見えてきましたが、残念なことに、東からなにか強烈な明るい光が空に向かっていて、撮影は見事に撃沈。
一応、撮影した天の川、ダークもフラットもなし、処理もほとんどなしの1枚ものをアップしておきます。
この左下からの強烈な光はなんでしょうかね?
灯台にしては、向きが上過ぎるし、目視でも確認できるくらい、ちょうど天の川より少し明るいくらいの明るさで、屋上の照明を消していただいた、30分間はずっと一定な状態でした。
scorpion

南伊豆の空は暗くて良いのですが、飛行機が頻繁に通るのと、やはり海なので、湿度が高いので、透明度は低いです。
でも、また近いうちに、今度はしっかり撮影に来たいと思っています。

記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

いーぐる