フーテン治療師と美と健康と癒しの仲間たちパート2

治療院を捨てて徘徊するフーテン治療師が、美と健康と癒しの仲間たちとともに漫談&珍談&ダメになる情報たまにはためになる情報を提供する放浪記。

小雪の沖縄

古宇利島古宇利島への大橋
~ご覧になる前にこちらをクリック
先週、11月の降雪の記録は50年ぶりと東京が雪に見舞われた。
その雪を尻目に南国沖縄に旅立った。
今年の全国行脚の出張もあとわずかとなり、この沖縄出張は例年、沖縄の気の置けない仲間と一泊どまりの企画をして今年の出張のご褒美として楽しみにしている。
昨年は宮古島へと長年の夢がかなった。
今年は北部のやんばるツアーと企画された。

へごやんばるの森には「へご」が





やんばるの森は沖縄の原生林が北部を中心に亜熱帯特有の密林が残されている。
日頃、那覇市内でウロウロしている観光客やダイバーツアーとは違った楽しみがやんばるの森にはあると期待した。
比地大滝

目指す目的地は比地大滝。
沖縄本島は水が決して豊富ではないイメージがあるが、この島の中央部にはわずかに山脈があり、多雨豪雨の大量の水が山脈から四方八方に水脈を形作る。水路は短いが、やんばるの森を育んでいるこの貴重な水が流れ出る比地大滝こそ、地元民には霊的場所であり、存在である。







sumaiシーサーの民家には南国の花々が彩を添えていた。




そういえば仏教こそ馴染みがないが、民俗的信仰が根付いており、神仏以上に先祖崇拝が今だに日常の行事にも色濃く反映されている。家族の絆は深く結束が固い。一族郎党一つの行事に何百人もの家族縁ある人々が集まってくるそうだ。
だから大自然の存在も畏敬の念をもって接していることがわかる。
やんばるの森もこうして守られている。

ゆめじん
あくる日は今帰仁にゆめじん社長の諸喜田さんを訪ね旧交を温めた。
とにかく沖縄人の朴訥さが言葉の端端に、その柔らな物腰にあらわれほっと一息する。
疲れた出張の途中で清涼飲料水を飲んだ爽やかな気持ちになる。


いらnんイランイランの香りが充満し幸せいっぱい



我が家の庭にお招きを受け、今が盛りのイランイランやパパイヤをもぎ取って、
南国の強烈な香りと果物のおもてなしを受ける。
社長




OIST1
そして今年の最期のツアーの目的地は私を驚かせようと決して明かされていなかった。
もちろん観光客とは無縁の目的地であり、私が最も好みそうなスポットであった。
その名前を「沖縄科学技術大学院大学」略してOIST。キャンパスというよりは遠くに伊江島や本部を見渡せる高台にある宇宙ステーションのような校舎がレイアウトされている。

伊江島レストランから伊江島を臨む




ちょうど訪れた時間がお昼時。
キャンパスといっても近代建築の粋を集めたようなモダンな建築物にマリンブルーの東シナ海の眺望の学生レストランにランチに急ぐ。さっそく世界各国から留学している大学院生の一緒にキャフェテリア形式のテーブルで今年のツアーの話題に花咲かす。
こんなアカデミックで自由な雰囲気の研究機関であり、大学院が日本にもあるのだと感心した。妙なことに日本人学生がほとんどいなかったということだ。日本の学閥がそうさせているのかと推測した。
aキャンパス中では昼の休憩時間を三線で郷土色豊かな音色で研究疲れの頭をいっとき癒していた学生たち?




そんなサプライズ訪問地を後に那覇の介護アロマの会場に急いだ。
ことしの思い出深き仲間とのやんばるツアーに感謝!
OIST学生宿舎から海を臨む






神奈川県庁神奈川県庁イチョウ並木
~小雪その1)
小雪:雪が降り始める頃
と24節気にあるが、まさか11月に東京に雪が降るとは?
地球温暖化のための異常気象は人間の予報をはるかに超えている。
まさに想定外の世界である。
デジタル化が進むパソコン社会にも便利とは引き換えに、厄介なトラブルに巻き込まれる可能性がある。
その厄介に惨事にこのところ私のパソコンにも見舞われた。

ここ半年、パソコントラブルに悩まされた。
パソコンという文明の利器は一方で厄介なものである。
正確無比のデジタルが一旦トラブルに巻き込まれると
アナログ人間には手におえない。

思えばパソコンとの付き合いは原稿書きを始めた頃である。
それまで40字詰めの原稿用紙のマス目に書いていた原稿が
ワープロで叩くようになりさらにパソコンにいよいよ突入した。

そして手紙がメールにもなってしまった。
手書きの良さは人間そのものの表現を訴えるところにある。
つまり人間らしい泥臭さが持ち味だ。
下手な字、文字列も不揃いで、人間臭さが充満している。

パソコンの扱いに慣れた頃に、迂闊にもエイトからテンにしたための
不具合が再三続いた。
ついにプロに頼んで初期化を断行した。
ityou
その後は今までのところは順調に推移してほっと一息というところだ。







富士山
さて挑戦の年としてこの2月に新しくブログサイトを立ち上げる。
「ケアマネの介護アロマ日記」という介護アロマテラピーのテーマに絞った専用ブログ
をスタートした。
ご興味のある方はどうぞ下記アドレスにアクセスしてご覧ください。
http://ameblo.jp/kaigoaroma-asai/




☆スポーツケアのためのアロマトリートメントDVD新販売のお知らせ

スポーツケアのためのアロマトリートメントDVDは
ホームページ : http://www.asai-takahiko.comより
お一人様1本に限りお買い求めになれます。



☆介護アロマセラピスト講座

心地よい介護にしませんか!
介護現場でのアロマテラピーの扱い方や最も多く見受けられる 浮腫み ・ 冷え ・ 不眠などの緩和に簡単な実技訓練を行います。アロマテラピーについては認知症や消臭や感染予防について触れます。
また、手による触れ合いとして「癒しの手」のテクニックで、介護福祉に従事されている方、親子関係など、人とのコミュニケーションの仕方を学びます。
アロマテラピーが介護の手助けになることを知っていただき、快い介護になることを体験するチャンスです。

なおこの講座は認定ライセンス制度の対象講座になっています。

☆介護アロマセラピスト講座の全国開催スケジュール☆
<2016年度>
12/3-4  高知     080-6380-3959岡(アロマボランティア団体ふわり)
12/10-11 山形     023-679-3293森岡(アロマエンジェル)
<2017年度>
2/11-12 浜松       090-9819-3265 谷川(フラメル)
2/19-20 大阪       06-6292-0880 巌(キャラ)
2/25-26 坂井市(福井県)0776-51-1088 西畑(ジャスミン)
3/4-5 鹿児島       099-258-3588 松元(茶倉)
3/11-12 佐賀      080-3180-9853 矢部(アバンダンシア)
3/18-19 広島      090-4806-7277佐川(広島介護アロマスクール)
*4/1-2 川崎・武蔵小杉 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
4/22-23 伊豆(修善寺)  090-6075-1289 新田(ミモザ)
4/29-30 足立区・北千住 03-5845-9220外尾(ピアチェーレ・ユキエ)
5/13-14 徳島 090-7629-7421 加藤(カラザ)
*5/20-21川崎・武蔵小杉 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
5/27-28 上田市     0268-67-1701五十嵐( アロマ・フィエスタ)
6/10-11 郡山      080-8224-0963 竹俣 (アロマハート・ユー)
6/17-18 山形      023-679-3293森岡(アロマエンジェル)
6/24-25 新潟市     090-7228-9262 猪本(ブンガブンガ)
*7/1-2 川崎・武蔵小杉 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
7/16-17 大阪     06-6292-0880 巌(キャラ)
8/26-27 青森     070-6950-8723塩崎(フィオーレ)
9/9-10 徳島     088-655-2739 金森(カラザ)
9/30-10/1 山口市    090-1332-6664 柳(山口介護アロマ研究会)
10/21-22 筑紫野市   090-9591-9972森(アロマの杜)
10/31と11/1 大阪   06-6292-0880 巌(キャラ)
11/11-12 大分    090-4774-1099廣瀬(アロマ・ブーケ)
11/18-19 沖縄     090-5949-1874 濱田(tete)

〜上記掲載の開催地での講座二日間は
直接浅井自身がすべて担当指導します。代理講師での開催はありません。
上記スケジュール以外にも開催されていますので、日程・場所の不都合の参加希望者は 
あさいマッサージ教育研究所asai-aroma@s2.spaaqs.ne.jpまでお問い合わせください。
詳しくはhttp://www.asai-takahiko.com




~>☆あさいマッサージ教育研究所で介護アロマ講座開催☆      

日時 平成29年4月1日2日 9:30〜16:30
会場 武蔵小杉・中原市民館 和室 (東横線武蔵小杉駅前)
定員 限定20名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053
E-mail: asaiaroma2@gmail.com

団塊スタイル

a


~ご覧になる前にこちらをクリック
このところNHKの団塊スタイルと只今連続ドラマの「スニッファアー」という
阿部寛演じる嗅覚捜査官にはまっている。

先日、団塊スタイルでは「死と向き合う」をテーマに死生観の問題を取り上げていた。
多死社会はもう目の前に迫っている。
死が日常的に執り行われる。
どこも結婚式場が葬儀ビジネス(フューネラル)化している。

25年問題の中心になる世代の団塊の世代をターゲットに
後半生の生き方指南番組であろう。
今日はちょっと重い話であった。

末期がんを患った「がん哲学外来」という一風変わった様子を呈した
対話サロンである。
患った患者同士が集まって体験談をお互いに語る。
情報交換の場でもあり、癌から生還した経験談から勇気づけられたり、
お互いの痛み苦しみをシェアして共に苦しみを分け合う。
fubuki

この世に確実なものがあるとすれば誰にも生まれた限り、死は平等にやってくる
ということである。「生とは死ぬための序曲」という。
死を恐れるでない。恐れる必要はなし。死を受け入れることから死の不安から解放される。
生活するということは、生きることを生かす。生きている限り、自分の能力を最大限発揮すること。しかも自分のためで二でなく、人のために
死んで尚、人の心に残りいい影響を与え続けるのであれば、最期まで自分らしく生きてみたい。
死は魂が安らぎの中に入っていく過程である。

人生の終幕において心の在り方を整理して情念を捨て未練執着を取り除き覚悟を決める
「誇り高き自分に恥をかかせない生き方を日々重ねていくこと」











~立冬その1)
30年近くお会いしていなかった同じ鍼灸マッサージ業界の旧友志茂田先生がこの度の学会総会で会長をされていたのに気がついた。
早速前夜祭から落語が一席あるという下心で夜の神谷町に向かった。
東本願寺派のお寺の本堂では赤い毛氈を敷いた高座が設けられていた。
それに先立って香道が聞けるというので久しぶりの聞香にワクワクして
いたところ志茂田先生から自らお声がかかった。
会長19回日本アロマテラピー学会総会会長志茂田典子先生と会場にて





お家流の香道の先生方の御指南で「白河香」という題をいただいた。
「都をば 霞とともに たちしかど 秋風ぞ吹く白河の関」と
本日は能因法師の証歌であった。
雲母の上に温められた香木がそこはかとなく漂う。
その香りを三回ずつ聞香する。
集中力と共に気持ちがゆったり安らいでくる。
普段の忙しない日常が消え去りつつ夜空に昇天していくようだ。
優雅の時間を過ごした後は同じ「聞く」でも落語を聞くという庶民の芸能を楽しんだ。
桂桂伸治師匠が香りにちなんだ古典落語「反魂香」を一席ご披露した。



今夜の演目は香木の煙の中から魂が現れるという楊貴妃の逸話でも有名な「反魂香」
と香りの文化体験にふさわしい古典落語の珍しい演目に三代目の桂伸治師匠が情感豊かに
演じきった。
明日からの二日間の学会の幕開けに粋なイベントに秋の夜長を東京タワーを背にして
存分に楽しんだ。





3
~立冬その2)
68年ぶりというスーパームーンも雨に見舞われ幻に終わってしまった。
月のロマンは餅をついているうさぎに象徴される。
太陽とは違った夢見る味わいがある。
晩秋に本州最果ての地青森を訪れた。
sua




暦の上では立冬。
二日前に銀世界となった青森市内はすでに紅葉は終わったとはいえ
まだ色づいた葉が落ちないで町のたたずまいに落ち着きを与えていた。
4朝ぼらけの青森港



今年も全国各地を巡って今月ピークに達した感がある。
健脚商売も板につき、持ち前の足と口と手を駆使しての旅先での出会いに
多くの仲間が輪となってつながり2600名以上の介護アロマセラピストが
誕生した。
この青森も心境著しく昨年夏から今回ではや三回目の開催となった。
2025年問題を前に介護アロマセラピストの人材養成をしてから
6年目を迎えようとする。
2




この仕事は半ば私にとってライフワークになりつつある。
魂込めたこの講座に将来の豊かな夢のある高齢社会を実現せんとして
多くのセラピストの仲間とともに介護アロマの道を歩んでいく覚悟でいる。

日米案じられる米国大統領選挙の逆転劇で思わぬ波紋が日本にも押し寄せてきている。
介護保険制度も財政破たんで今後ますます介護報酬の減額で厳しい戦いを迫られることは間違いない。
気を引き締めて講座では笑いで現状を吹き飛ばし明るく元気で二日間のライブを昼も夜も
大いに気を吐きたい。
su-panmunn





今年もあとわずか。
後顧の憂いを介護アロマセラピストに託しながらも
心置きなく暴れまくりたい。




富士山
さて挑戦の年としてこの2月に新しくブログサイトを立ち上げる。
「ケアマネの介護アロマ日記」という介護アロマテラピーのテーマに絞った専用ブログ
をスタートした。
ご興味のある方はどうぞ下記アドレスにアクセスしてご覧ください。
http://ameblo.jp/kaigoaroma-asai/




☆スポーツケアのためのアロマトリートメントDVD新販売のお知らせ

スポーツケアのためのアロマトリートメントDVDは
ホームページ : http://www.asai-takahiko.comより
お一人様1本に限りお買い求めになれます。



☆介護アロマセラピスト講座

心地よい介護にしませんか!
介護現場でのアロマテラピーの扱い方や最も多く見受けられる 浮腫み ・ 冷え ・ 不眠などの緩和に簡単な実技訓練を行います。アロマテラピーについては認知症や消臭や感染予防について触れます。
また、手による触れ合いとして「癒しの手」のテクニックで、介護福祉に従事されている方、親子関係など、人とのコミュニケーションの仕方を学びます。
アロマテラピーが介護の手助けになることを知っていただき、快い介護になることを体験するチャンスです。

なおこの講座は認定ライセンス制度の対象講座になっています。

☆介護アロマセラピスト講座の全国開催スケジュール☆
<2016年度>
11/17-18大阪      06-6292-0880 巌(キャラ)
*11/19-20 横浜・上大岡 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)〜>満席
11/26-27 沖縄     090-5949-1874 濱田(tete)
12/3-4  高知     080-6380-3959岡(アロマボランティア団体ふわり)
12/10-11 山形     023-679-3293森岡(アロマエンジェル)
<2017年度>
*2/4-5 横浜・上大岡   044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
2/11-12 浜松       090-9819-3265 谷川(フラメル)
2/19-20大阪      06-6292-0880 巌(キャラ)
2/25-26 坂井市(福井県)0776-51-1088 西畑(ジャスミン)
3/4-5 鹿児島       099-258-3588 松元(茶倉)
3/11-12 佐賀      080-3180-9853 矢部(アバンダンシア)
*4/1-2 横浜・上大岡   044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
4/22-23 伊豆(修善寺) 090-6075-1289 新田(ミモザ)
4/29-30 足立区・北千住 03-5845-9220外尾(ピアチェーレ・ユキエ)
5/13-14 徳島 090-7629-7421 加藤(カラザ)
*5/20-21横浜・上大岡  044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
5/27-28 上田市    0268-67-1701五十嵐( アロマ・フィエスタ)
6/10-11郡山      080-8224-0963 竹俣 (アロマハート・ユー)
6/24-25 新潟市    090-7228-9262 猪本(ブンガブンガ)
*7/1-2横浜・上大岡  044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
7/16-17大阪     06-6292-0880 巌(キャラ)
8/26-27青森     070-6950-8723塩崎(フィオーレ)
9/9-10 徳島     088-655-2739 金森(カラザ)
10/21-22 筑紫野市  090-9591-9972森(アロマの杜)
10/31と11/1 大阪  06-6292-0880 巌(キャラ)
11/11-12 大分    090-4774-1099廣瀬(アロマ・ブーケ)


〜上記掲載の開催地での講座二日間は
直接浅井自身がすべて担当指導します。代理講師での開催はありません。
上記スケジュール以外にも開催されていますので、日程・場所の不都合の参加希望者は 
あさいマッサージ教育研究所asai-aroma@s2.spaaqs.ne.jpまでお問い合わせください。
詳しくはhttp://www.asai-takahiko.com




~>☆あさいマッサージ教育研究所で介護アロマ講座開催☆      

日時 平成29年2月4日5日 9:30〜16:30
会場 ウイリング横浜 9階 和室 (京浜急行上大岡駅)
定員 限定20名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053
E-mail: asaiaroma2@gmail.com

19回日本アロマテラピー学会速報

星薬科百年記念講堂がメイン会場となった。

~ご覧になる前にこちらをクリック
臨床現場で身を置く立場の人間にとってエビデンスとはまるで縁遠い存在である我が身も
こうして学会に足を運ぶことは何よりも介護アロマ普及のためには必要なことと
今年は都内の大学で総会が開催されるというので足を運んだ。

最寄り駅の武蔵小山は普段から歯医者や実家もあるので馴染みの商店街を通りながら
会場である庶民の憩いのアーケードからガラッとアカデミックな星薬科大学キャンパスがあるのが不思議。

商店街の喧騒さとはうってかわって、静寂で緑陰濃い銀杏並木を少々学者気取りで歩きながら看板を目安に受付のある校舎に急いだ。
樹々総会会場になった星薬科大学正門から続く銀杏並木。




自らの発表がないだけにお気な身分であったが、何人かの知り合いの発表者のリストを
確認しながら興味あるテーマの会場の手順を探っていた。

今年もいっぱい発表が続いたが私にとっての興味は常に介護に関連することに
テーマが絞られていたのでわりに簡単に会場の移動をスムーズにできるスケジュールを
初日にして立ててしまった。
しかし思わぬラッキーな分科会がひとつあり大収穫であったので、レポートする。
二日目のランチョンセミナーの50分ほどの「アロマテラピーの安全性に行うために」というセッションであった。
当初、他の会場のセッションに出席するつもりが、はたと胸騒ぎをしてこちらに吸い付けられるように足を運んだのだった。
学会看板
吸い付けられて大正解であった。
講師は塩原哲夫先生で皮膚科の名誉教授であったが、講演の語り口も内容も目からうろこが出るような学会の堅苦しい雰囲気とは別次元で学者には珍しいタイプの先生であった。

大まかな要旨は精油によるかぶれの皮膚炎を生じる症例にはパッチテストで陽性に出るケースと陰性にしかでないケースがあり、前者と後者は違った対応すべきということである。接触性皮膚炎でも二種類あるという事を知った。

そして何より勉強になったことは最高のスキンケアはしっかり不感蒸泄の汗を出すことと湿度と日照時間が美肌にとっては最高のスキンケアの条件であるという事であった。
不感蒸泄は温熱発汗と違ってきわめて美肌には有効な汗のかきかただそうだ。
恥はかきたくないが、不感蒸泄という普段から静止していてもかく汗はかくことによって
肌表面のきめの細やかな繊維を見事に保つそうだ。

そこで質問を最後に
Q1日本一の美肌県は?
Q2 サウナとホットヨガと足浴では一番美肌にいい汗をかくのは?

A! 島根県
A2  足浴
答えの根拠は考えてみてください。




夜東京タワープレイベントとして学会の前夜祭が行われた芝の光明寺からはライトアップした東京タワーが秋の夜空に浮かび上がっていた



~立冬その1)
30年近くお会いしていなかった同じ鍼灸マッサージ業界の旧友志茂田先生がこの度の学会総会で会長をされていたのに気がついた。
早速前夜祭から落語が一席あるという下心で夜の神谷町に向かった。
東本願寺派のお寺の本堂では赤い毛氈を敷いた高座が設けられていた。
それに先立って香道が聞けるというので久しぶりの聞香にワクワクして
いたところ志茂田先生から自らお声がかかった。
会長19回日本アロマテラピー学会総会会長志茂田典子先生と会場にて





お家流の香道の先生方の御指南で「白河香」という題をいただいた。
「都をば 霞とともに たちしかど 秋風ぞ吹く白河の関」と
本日は能因法師の証歌であった。
雲母の上に温められた香木がそこはかとなく漂う。
その香りを三回ずつ聞香する。
集中力と共に気持ちがゆったり安らいでくる。
普段の忙しない日常が消え去りつつ夜空に昇天していくようだ。
優雅の時間を過ごした後は同じ「聞く」でも落語を聞くという庶民の芸能を楽しんだ。
桂桂伸治師匠が香りにちなんだ古典落語「反魂香」を一席ご披露した。



今夜の演目は香木の煙の中から魂が現れるという楊貴妃の逸話でも有名な「反魂香」
と香りの文化体験にふさわしい古典落語の珍しい演目に三代目の桂伸治師匠が情感豊かに
演じきった。
明日からの二日間の学会の幕開けに粋なイベントに秋の夜長を東京タワーを背にして
存分に楽しんだ。




富士山
さて挑戦の年としてこの2月に新しくブログサイトを立ち上げる。
「ケアマネの介護アロマ日記」という介護アロマテラピーのテーマに絞った専用ブログ
をスタートした。
ご興味のある方はどうぞ下記アドレスにアクセスしてご覧ください。
http://ameblo.jp/kaigoaroma-asai/




☆スポーツケアのためのアロマトリートメントDVD新販売のお知らせ

スポーツケアのためのアロマトリートメントDVDは
ホームページ : http://www.asai-takahiko.comより
お一人様1本に限りお買い求めになれます。



☆介護アロマセラピスト講座

心地よい介護にしませんか!
介護現場でのアロマテラピーの扱い方や最も多く見受けられる 浮腫み ・ 冷え ・ 不眠などの緩和に簡単な実技訓練を行います。アロマテラピーについては認知症や消臭や感染予防について触れます。
また、手による触れ合いとして「癒しの手」のテクニックで、介護福祉に従事されている方、親子関係など、人とのコミュニケーションの仕方を学びます。
アロマテラピーが介護の手助けになることを知っていただき、快い介護になることを体験するチャンスです。

なおこの講座は認定ライセンス制度の対象講座になっています。

☆介護アロマセラピスト講座の全国開催スケジュール☆
<2016年度>
11/12-13 青森     070-6950-8723塩崎(フィオーレ)
11/17-18大阪      06-6292-0880 巌(キャラ)
*11/19-20 横浜・上大岡 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)〜>満席
11/26-27 沖縄     090-5949-1874 濱田(tete)
12/3-4  高知     080-6380-3959岡(アロマボランティア団体ふわり)
12/10-11 山形     023-679-3293森岡(アロマエンジェル)
<2017年度>
*2/4-5 横浜・上大岡   044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
2/11-12 浜松       090-9819-3265 谷川(フラメル)
2/19-20大阪      06-6292-0880 巌(キャラ)
2/25-26 坂井市(福井県)0776-51-1088 西畑(ジャスミン)
3/4-5 鹿児島       099-258-3588 松元(茶倉)
3/11-12 佐賀      080-3180-9853 矢部(アバンダンシア)
*4/1-2 横浜・上大岡   044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
4/22-23 伊豆(修善寺) 090-6075-1289 新田(ミモザ)
4/29-30 足立区・北千住 03-5845-9220外尾(ピアチェーレ・ユキエ)
5/13-14 徳島 090-7629-7421 加藤(カラザ)
*5/20-21横浜・上大岡  044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
5/27-28 上田市    0268-67-1701五十嵐( アロマ・フィエスタ)
6/10-11郡山      080-8224-0963 竹俣 (アロマハート・ユー)
6/24-25 新潟市    090-7228-9262 猪本(ブンガブンガ)
*7/1-2横浜・上大岡  044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
7/16-17大阪     06-6292-0880 巌(キャラ)
8/26-27青森     070-6950-8723塩崎(フィオーレ)
9/9-10 徳島     088-655-2739 金森(カラザ)
10/21-22 筑紫野市  090-9591-9972森(アロマの杜)
10/31と11/1 大阪  06-6292-0880 巌(キャラ)
11/11-12 大分    090-4774-1099廣瀬(アロマ・ブーケ)


〜上記掲載の開催地での講座二日間は
直接浅井自身がすべて担当指導します。代理講師での開催はありません。
*ハーバルライフカレッジ(生活の木)の講座は修了コースでなく、入門講座です
上記スケジュール以外にも開催されていますので、日程・場所の不都合の参加希望者は 
あさいマッサージ教育研究所asai-aroma@s2.spaaqs.ne.jpまでお問い合わせください。
詳しくはhttp://www.asai-takahiko.com




~>☆あさいマッサージ教育研究所で介護アロマ講座開催☆      

日時 平成29年2月4日5日 9:30〜16:30
会場 ウイリング横浜 9階 和室 (京浜急行上大岡駅)
定員 限定20名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053
E-mail: asaiaroma2@gmail.com

紅葉の季節を迎えて

赤岳八ヶ岳の主峰「赤岳」
~ご覧になる前にこちらをクリック
夏のバカンスに恒例の八ヶ岳に遊んだが、再び、所用で紅葉の季節に足を伸ばした。
季節が変われば高原の様子も様変わり。



赤岳2全山紅葉が見事。



すっかり黄や赤に色づいた紅葉が見事である。
おりしも秋晴れに恵まれ、夏の空にそびえる八ヶ岳の峰々も色とりどりの山並みに
夏とは違った魅力を感じた。


ピーマン通り
時はすっかり日本の行事にも定着したハロウインシーズンと重なって
夜は魑魅魍魎とした怪しげな○○が出没し、幼子がギャーギャーと
まるで秋田のなまはげの出現と同様、イベント会場は秋の静けさの中で
ひときわ盛り上がっていた。

昨年はその秋田にハロウインにぶつかって、街中は若い男女で賑わっていたことをふと思い出した。
あれから1年月日が経ったかと思うと本当に「光陰矢の如し」を身に沁みて感じる。
しかしハロウインに苦い思い出が唯一ある。
ハロウイン






渡米中の高校生の交換留学生がハロウインでドアを開けた途端に銃殺された事件である。
当時高校三年生は私の母校であったから我が事のように悔やんだものだ。
拳銃放棄は未だアメリカ社会の暗部としてヒラリー候補も重点課題に挙げている。

拳銃所持と麻薬に厳しい日本の安全安心社会が東京オリンピックのテロによって
危ぶまれる。
絶対安全安心はないとしてもせめて介護社会の高齢者にも安全安心は保障されなければならない。
ばか騒ぎするお祭りの行事の華やかな光に影をも混じざるを得ない。
光と影はこの世の陰陽であるが、月に叢雲という諺のように
叢雲が少しばかり暴走しているような気がする。

緑がやがて黄色や赤に変わってやがて土にかえるのが自然の道理であるように
人生至る所で影があったとしても明るい道を歩むように道理に沿った人生に注力したい。
線路は伸びる






吾輩は高浜虚子のホトトギスに執筆した処女作「吾輩は猫である」
~霜降その1)
霜降の妻、いや糟糠の妻を明治の時代に悪妻を演じた幻の「漱石の妻」が
NHKドラマになった。
千円札にもなった漱石の妻の正体はいかに?
と漱石マニアを自認する私が珍しく4回にわたっての連続ドラマを見続けた。

国民的作家「夏目漱石」は学生時代とりわけ好んで読み漁ったものだ。
明治の臭いのする夏目家に集まる学士たちのたわいもない会話が
私にとってはまだまだ緩い世界に遊んだ文人の周りの人たちの会話が心地よかった。

世の中を批判したりユーモアで笑い飛ばしたり、当時のエリートたちは
こうして近代社会に対しても鋭い耳目で卓越した心根で日本の行く末を案じていた。
やがて太平洋戦争に突入するかを予期する如きに。
se





しかし当時は極めて単純にストーリーの展開の面白さに引きずられて読破していた。
後半の作品になるとシリアスな側面が垣間みられるようになり、「則天去私」に達する境地とも重なっていった。

今読み返すと経過した年代が彼の深い思想に裏付けられたことがわかる。
今回NHK土曜ドラマの四回にわたって放映された「漱石の妻」は、現在、本を読み返す暇がない私にとって漱石を再評価する格好のチャンスであった。

このドラマを演じる漱石の妻はソクラテスの妻同様、悪妻の見本、鬼妻として常に恐れられる存在として取り上げられる。良妻賢母が当たり前の時代に、この妻は果敢に夫の背中を追わず、自分自身の生き方に徹していたとも言える。
ドラマで漱石が妻に「お前ほど強くない」と言わしめた妻はその後、漱石の倍の人生を謳歌して85歳で永眠した。
垣






幼少時の漱石の出生もまことに悲惨な生い立ちが人生に影を落としている。
そして栄光の作家生活を掴むまでも近代国家の歩みを始めた日本の文化人が
もがいている。公私共に。

これだけの地位と名誉があった漱石が金策と精神的病魔に右往左往する。
そのヒステリックな激怒は精神錯乱とも言える。
その彼の救いが執筆に没頭していることでバランスを取っているのだったと推察される。

ユーモア作家と称されているが、心の中では夫婦の間で常に格闘している姿がドラマを見て思い浮かんでくる。

作品とは全く別次元の世界を創造することで、今の自分の境遇を慰めていたのかもしれない。
とにかく自己満足で家族のことなど全く意に介さない漱石が49歳の短い生涯を終えた。波乱万丈の中の漱石の人生にとって軍国主義にその後進んだ歴史を見ずに早死にしたことは彼にとってハッピーエンドだったと思う。
コスモス





病魔と闘いながらも最後の10年輝きの作家活動に没頭できたのは
奇しくも栄光のビートルズの10年の短い足跡と似ている。
輝かしき中に悲哀も潜んでいることに人生の妙味があると思った。
頂点に最後の達した漱石の人生。最初に登り詰めたビートルズ。
いずれも頂点を極めたものだけにしかわからない苦しみが両者にはある。

私のこれからの10年が思う存分に走り続けられる悔いなき最期の道であることを祈りつつ漱石とビートルズの東西の英雄の辿った10年を地味に追いかけてゆきたい。




富士山秋空に浮かぶ孤峰、富士の頂き。
~霜降その2)
急に朝晩の冷え込みが厳しくなってきた。
寒露から霜降へと節気の言葉は本当に的を得て肌に感じる。露が冷たく感じられる季節(寒露)から霜が降り始める頃(霜降)へと秋は深まっていく。
春の花粉症は悩みの種であるが、秋はおかげでまだ花粉症の症状は出ていない。
秋の夜長は読書に良し、虫の音を優雅に聞きながら私の秋もいよいよ晩秋へと近づく。
牛紅葉の草原で牛の群れ





平幹二朗がヒートショック?でお風呂で大往生したという
訃報に接した。
先月まで上演された活躍中の舞台俳優だっただけに誰もがその知らせに驚愕の至りである。
秋の夜長を一人静かに過ごす孤影の人として知られた。
やたそがれ時の山並み





最近、「ソロ充」とか「ソロ男」が、お一人様を上野千鶴子女史が流行らせたように、「ぼっち」とはニュアンスの異なるポジティブなソロ活動系男子の生き方が社会に押し寄せてきている。
未婚時代のご時世もあって益々孤独孤高の人が増えてきているが、
以前と違った新しい生き方なのであろう。
一人で生活していても何不自由のない世間がソロ系人生が開花していることと思う。
介護の世界でも最後はソロの生き方に学ぶことが多いことと思う。





富士山
さて挑戦の年としてこの2月に新しくブログサイトを立ち上げる。
「ケアマネの介護アロマ日記」という介護アロマテラピーのテーマに絞った専用ブログ
をスタートした。
ご興味のある方はどうぞ下記アドレスにアクセスしてご覧ください。
http://ameblo.jp/kaigoaroma-asai/




☆スポーツケアのためのアロマトリートメントDVD新販売のお知らせ

スポーツケアのためのアロマトリートメントDVDは
ホームページ : http://www.asai-takahiko.comより
お一人様1本に限りお買い求めになれます。

~>☆スポーツケア講座〜下半身編
日時:11月3日(木)13:30〜16:30 ~満席

会場 ウイリング横浜 11階会議室2 (京浜急行上大岡駅)
定員 限定6名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053
E-mail: asaiaroma2@gmail.com


☆介護アロマセラピスト講座

心地よい介護にしませんか!
介護現場でのアロマテラピーの扱い方や最も多く見受けられる 浮腫み ・ 冷え ・ 不眠などの緩和に簡単な実技訓練を行います。アロマテラピーについては認知症や消臭や感染予防について触れます。
また、手による触れ合いとして「癒しの手」のテクニックで、介護福祉に従事されている方、親子関係など、人とのコミュニケーションの仕方を学びます。
アロマテラピーが介護の手助けになることを知っていただき、快い介護になることを体験するチャンスです。

なおこの講座は認定ライセンス制度の対象講座になっています。

☆介護アロマセラピスト講座の全国開催スケジュール☆
<2016年度>
*11/5 東京・原宿   0120-821272 ハーバルライフカレッジ(生活の木)
11/12-13 青森     070-6950-8723塩崎(フィオーレ)
11/17-18大阪      06-6292-0880 巌(キャラ)
*11/19-20 横浜・上大岡 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)〜>満席
11/26-27 沖縄     090-5949-1874 濱田(tete)
12/3-4  高知     080-6380-3959岡(アロマボランティア団体ふわり)
12/10-11 山形     023-679-3293森岡(アロマエンジェル)
<2017年度>
*2/4-5 横浜・上大岡   044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
2/11-12 浜松       090-9819-3265 谷川(フラメル)
2/19-20大阪      06-6292-0880 巌(キャラ)
2/25-26 坂井市(福井県)0776-51-1088 西畑(ジャスミン)
3/4-5 鹿児島       099-258-3588 松元(茶倉)
3/11-12 佐賀      080-3180-9853 矢部(アバンダンシア)
*4/1-2 横浜・上大岡   044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
4/22-23 伊豆(修善寺) 090-6075-1289 新田(ミモザ)
4/29-30 足立区・北千住 03-5845-9220外尾(ピアチェーレ・ユキエ)
5/13-14 徳島 090-7629-7421 加藤(カラザ)
*5/20-21横浜・上大岡  044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
5/27-28 上田市    0268-67-1701五十嵐( アロマ・フィエスタ)
6/10-11郡山      080-8224-0963 竹俣 (アロマハート・ユー)
6/24-25 新潟市    090-7228-9262 猪本(ブンガブンガ)
*7/1-2横浜・上大岡  044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
7/16-17大阪     06-6292-0880 巌(キャラ)
8/26-27青森     070-6950-8723塩崎(フィオーレ)
9/9-10 徳島     088-655-2739 金森(カラザ)
10/21-22 筑紫野市  090-9591-9972森(アロマの杜)
10/31と11/1 大阪  06-6292-0880 巌(キャラ)
11/11-12 大分    090-4774-1099廣瀬(アロマ・ブーケ)


〜上記掲載の開催地での講座二日間は
直接浅井自身がすべて担当指導します。代理講師での開催はありません。
*ハーバルライフカレッジ(生活の木)の講座は修了コースでなく、入門講座です
上記スケジュール以外にも開催されていますので、日程・場所の不都合の参加希望者は 
あさいマッサージ教育研究所asai-aroma@s2.spaaqs.ne.jpまでお問い合わせください。
詳しくはhttp://www.asai-takahiko.com




~>☆あさいマッサージ教育研究所で介護アロマ講座開催☆      

日時 平成29年2月4日5日 9:30〜16:30
会場 ウイリング横浜 9階 和室 (京浜急行上大岡駅)
定員 限定20名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053
E-mail: asaiaroma2@gmail.com

麺食い紀行

~ご覧になる前にこちらをクリック
久しぶりの博多に降りたって、腹を空かせてランチを福岡市内の博多うどんの食べ歩きを狙って、駆けつけ三杯、かけうどんを三軒、暖簾をくぐった。

平ら
祇園の本店「香月」次の向かったのは長蛇の列を覚悟に「平」そして締めは
その近くに2年ほど前に開店した私が贔屓にしている「えびすうどん」
それぞれ持ち味が違うがえびすうどんの平たい麺にもちもち感が私の舌には合う。
つゆも他の二店と違ってしっかり出汁をとって濃厚な味がする。
食べログの評価と私の舌は違う。

そして何といっても店長オーナーの人懐っこい朴訥な人柄に惚れている。
本当にうどん一筋である。
近く天神にも進出するという。
ちなみに天神のお店は「カルビうどん」の一本で勝負するという。
ここは天神でU-1グランプリ準優勝の意気を見せてほしい。


博物館
午後から講座の会場である二日市に向って芸術の秋を満喫する。
大宰府の博物館へを足を伸ばし、明恵上人の「鳥獣戯画」展を鑑賞する。
言論の自由がままならぬ戦乱の世の中は風刺漫画で訴えたものか?かと思いを巡らす。
旅先でしかできない贅沢を思う存分、午後のひと時を過ごした。

帰り道、隈研吾氏の設計なる大宰府のスターバックスに寄ってみる。
満員御礼の盛況ぶりで外観と隈研吾流設計の内装だけ見て終わる。
スターバック





夕闇迫る秋の夜長は日没も早く、早速、まだ誰もいない二日市温泉の天然湯に浸かる。
単純アルカリ泉であるがぬるっと温泉特有のぬめりがあるし
解説によれば天然放射能泉であるとのこと。

温泉の後は博多うどんもいいが、夜は蕎麦と決めていた。
関東の人間にとって蕎麦は麺食い九州紀行に一度は味わいたくなった。
そこで地元筑紫の麺食いの締めは手打ち蕎麦を二軒暖簾くぐりとなった。
一作二軒の内、「一作」は私好みの蕎麦でジャズが流れる店内も古民家で雰囲気も良かった。野菜天ぷらの盛り合わせも盛りだくさんであった。




いい雰囲気で講座の前日は麺食いと♨に芸術と終始一貫、癒された一日であった。

明けて初日、仕事モードで一転して天拝山の麓にある社会福祉協議会に向かった。
天拝山は道真公が京都に向かって祈願したゆかりの地である。

セミナー会場に向かうが、ところがなかなか見つからない。
この外観ではわかろうはずがない。
ハイカーの拠点である売店風なのだ。どうしてもお堅い役所風の建物でない。
看板には甘酒に足湯サービスとある。
折からの晴天に恵まれ週末のハイカーで広場は既に大勢の人たちで
ごった返していた。
いこいの家この2階が会議室となっており、二日間の講座を行った。時々、休憩時間には足湯に入りながら抹茶をすすり最高のロケーションに満足した。




その夜は懇親会の後、ジャズナイトのライブ会場へと足早に向かった。
昨年も佐藤充彦トリオに地元シンガー豊島ひろ子さんで楽しんだが
今年も豊島さんと再会して歌声を存分心奥底まで響いた。
豊島ひろ子初日の夜は恒例の地元ジャズシンガー豊島ひろ子さんのジャズナイトで旅の疲れと仕事を一気に吹き飛ばした。




博多会場から今回から筑紫野の移って、全国でも温泉あり、大宰府あり、天拝山のハイキングコースあり、蕎麦屋あり、すべての満足する筑紫野会場。
プライベートタイムも仕事も最高!!!!
そして素晴らしい介護アロマセラピストの仲間に出会って意気軒高。
来年の秋も今から楽しみになってきた。







吾輩は高浜虚子のホトトギスに執筆した処女作「吾輩は猫である」
~霜降その1)
霜降の妻、いや糟糠の妻を明治の時代に悪妻を演じた幻の「漱石の妻」が
NHKドラマになった。
千円札にもなった漱石の妻の正体はいかに?
と漱石マニアを自認する私が珍しく4回にわたっての連続ドラマを見続けた。

国民的作家「夏目漱石」は学生時代とりわけ好んで読み漁ったものだ。
明治の臭いのする夏目家に集まる学士たちのたわいもない会話が
私にとってはまだまだ緩い世界に遊んだ文人の周りの人たちの会話が心地よかった。

世の中を批判したりユーモアで笑い飛ばしたり、当時のエリートたちは
こうして近代社会に対しても鋭い耳目で卓越した心根で日本の行く末を案じていた。
やがて太平洋戦争に突入するかを予期する如きに。
se





しかし当時は極めて単純にストーリーの展開の面白さに引きずられて読破していた。
後半の作品になるとシリアスな側面が垣間みられるようになり、「則天去私」に達する境地とも重なっていった。

今読み返すと経過した年代が彼の深い思想に裏付けられたことがわかる。
今回NHK土曜ドラマの四回にわたって放映された「漱石の妻」は、現在、本を読み返す暇がない私にとって漱石を再評価する格好のチャンスであった。

このドラマを演じる漱石の妻はソクラテスの妻同様、悪妻の見本、鬼妻として常に恐れられる存在として取り上げられる。良妻賢母が当たり前の時代に、この妻は果敢に夫の背中を追わず、自分自身の生き方に徹していたとも言える。
ドラマで漱石が妻に「お前ほど強くない」と言わしめた妻はその後、漱石の倍の人生を謳歌して85歳で永眠した。
垣






幼少時の漱石の出生もまことに悲惨な生い立ちが人生に影を落としている。
そして栄光の作家生活を掴むまでも近代国家の歩みを始めた日本の文化人が
もがいている。公私共に。

これだけの地位と名誉があった漱石が金策と精神的病魔に右往左往する。
そのヒステリックな激怒は精神錯乱とも言える。
その彼の救いが執筆に没頭していることでバランスを取っているのだったと推察される。

ユーモア作家と称されているが、心の中では夫婦の間で常に格闘している姿がドラマを見て思い浮かんでくる。

作品とは全く別次元の世界を創造することで、今の自分の境遇を慰めていたのかもしれない。
とにかく自己満足で家族のことなど全く意に介さない漱石が49歳の短い生涯を終えた。波乱万丈の中の漱石の人生にとって軍国主義にその後進んだ歴史を見ずに早死にしたことは彼にとってハッピーエンドだったと思う。
コスモス





病魔と闘いながらも最後の10年輝きの作家活動に没頭できたのは
奇しくも栄光のビートルズの10年の短い足跡と似ている。
輝かしき中に悲哀も潜んでいることに人生の妙味があると思った。
頂点に最後の達した漱石の人生。最初に登り詰めたビートルズ。
いずれも頂点を極めたものだけにしかわからない苦しみが両者にはある。

私のこれからの10年が思う存分に走り続けられる悔いなき最期の道であることを祈りつつ漱石とビートルズの東西の英雄の辿った10年を地味に追いかけてゆきたい。



富士山
さて挑戦の年としてこの2月に新しくブログサイトを立ち上げる。
「ケアマネの介護アロマ日記」という介護アロマテラピーのテーマに絞った専用ブログ
をスタートした。
ご興味のある方はどうぞ下記アドレスにアクセスしてご覧ください。
http://ameblo.jp/kaigoaroma-asai/




☆スポーツケアのためのアロマトリートメントDVD新販売のお知らせ

スポーツケアのためのアロマトリートメントDVDは
ホームページ : http://www.asai-takahiko.comより
お一人様1本に限りお買い求めになれます。

~>☆スポーツケア講座〜下半身編
日時:11月3日(木)13:30〜16:30 ~満席

会場 ウイリング横浜 11階会議室2 (京浜急行上大岡駅)
定員 限定6名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053
E-mail: asaiaroma2@gmail.com


☆介護アロマセラピスト講座

心地よい介護にしませんか!
介護現場でのアロマテラピーの扱い方や最も多く見受けられる 浮腫み ・ 冷え ・ 不眠などの緩和に簡単な実技訓練を行います。アロマテラピーについては認知症や消臭や感染予防について触れます。
また、手による触れ合いとして「癒しの手」のテクニックで、介護福祉に従事されている方、親子関係など、人とのコミュニケーションの仕方を学びます。
アロマテラピーが介護の手助けになることを知っていただき、快い介護になることを体験するチャンスです。

なおこの講座は認定ライセンス制度の対象講座になっています。

☆介護アロマセラピスト講座の全国開催スケジュール☆
<2016年度>
10/29-30大分      090-4774-1099廣瀬(アロマ・ブーケ)
*11/5 東京・原宿   0120-821272 ハーバルライフカレッジ(生活の木)
11/12-13 青森     070-6950-8723塩崎(フィオーレ)
11/17-18大阪      06-6292-0880 巌(キャラ)
*11/19-20 横浜・上大岡 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)〜>満席
11/26-27 沖縄     090-5949-1874 濱田(tete)
12/3-4  高知     080-6380-3959岡(アロマボランティア団体ふわり)
12/10-11 山形     023-679-3293森岡(アロマエンジェル)
<2017年度>
*2/4-5 横浜・上大岡   044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
2/11-12 浜松       090-9819-3265 谷川(フラメル)
2/19-20大阪      06-6292-0880 巌(キャラ)
2/25-26 坂井市(福井県)0776-51-1088 西畑(ジャスミン)
3/4-5 鹿児島       099-258-3588 松元(茶倉)
3/11-12 佐賀      080-3180-9853 矢部(アバンダンシア)
(3/19-20広島市 090-4806-7277佐川千恵)
*4/1-2 横浜・上大岡   044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
4/22-23 伊豆(修善寺) 090-6075-1289 新田(ミモザ)
4/29-30 足立区・北千住 03-5845-9220 外尾(ピアチェーレ・ユキエ)
5/13-14 徳島 090-7629-7421 加藤(カラザ)
*5/20-21横浜・上大岡  044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
5/27-28 上田市    0268-67-1701五十嵐( アロマ・フィエスタ)
6/10-11郡山      080-8224-0963 竹俣 (アロマハート・ユー)
6/24-25 新潟市    090-7228-9262 猪本(ブンガブンガ)
*7/1-2横浜・上大岡  044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
7/16-17大阪     06-6292-0880 巌(キャラ)
8/26-27青森     070-6950-8723塩崎(フィオーレ)
9/9-10 徳島     088-655-2739 金森(カラザ)
10/21-22 筑紫野市  090-9591-9972森(アロマの杜)
10/31と11/1大阪  06-6292-0880 巌(キャラ)

〜上記掲載の開催地での講座二日間は
直接浅井自身がすべて担当指導します。代理講師での開催はありません。
*ハーバルライフカレッジ(生活の木)の講座は修了コースでなく、入門講座です
上記スケジュール以外にも開催されていますので、日程・場所の不都合の参加希望者は 
あさいマッサージ教育研究所asai-aroma@s2.spaaqs.ne.jpまでお問い合わせください。
詳しくはhttp://www.asai-takahiko.com




~>☆あさいマッサージ教育研究所で介護アロマ講座開催☆      

日時 平成29年2月4日5日 9:30〜16:30
会場 ウイリング横浜 9階 和室 (京浜急行上大岡駅)
定員 限定20名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053
E-mail: asaiaroma2@gmail.com
カテゴリ別アーカイブ
楽天市場
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ