フーテン治療師と美と健康と癒しの仲間たちパート2

治療院を捨てて徘徊するフーテン治療師が、美と健康と癒しの仲間たちとともに漫談&珍談&ダメになる情報たまにはためになる情報を提供する放浪記。

セーリングワールドカップイン江の島

enosima
~ご覧になる前にこちらをクリック
2年後に東京オリンピックを控え、開催国のセーリング会場ではテストマッチが
今年と来年同じ海面で行われる。
地元の有利のセーリング種目では、それをカバーするために昨年から強豪国は
江の島合宿に選手を送り出して自然の環境を調査方々戦々恐々の体制で
このワールドカップ江の島も気合入れて一流セーラーが集まってきた。
こんな機会はセーリングの愛好家なら一度はこの目で見たいチャンスであり
一生に一回しかないと思う。
レーザーラジカル女子とフィン男子
レーザーラジカル(女子)と最も古い種目フィン(男子のみの種目)が並走する。セール面積が明らかに違うのが男女差。




昭和39年のオリンピックの時には私は中学生であり、まだヨットとは無縁の世界で
一生懸命バスケットをしていた。
そして堀江青年「太平洋一人ぼっち」のヨットで太平洋を渡ったその本に出会い、
その数年後、憧れて大学入学と同時に、大学の体育会系ヨット部に入部した。
それまで海とは無縁であったが、地元の大学に進学せず横浜に田舎から出てきたことがきっかけで、何か新しいスポーツの挑戦したい気持でヨットに出会った。
国旗参加国50か国の旗がなびく





ところで先日、ジャカルタでのアジア選手権でセーリングは男女ともに学生ヨットに採用されている
470(ヨンナナマル)級が男女メダル獲得して、今回の江の島のワールドカップに乗り込んで期待される。
過去オリンピックでは男女合わせて三つのメダルしか取れていない。
従って日本国民もセーリングに対してあまり関心がない。
国民的レジャーとして定着していない日本では贅沢なスポーツとしか目に映っていないであろう。
あるいはスポーツとは無縁であるという誤解があり、これまでヨットマニア以外には
大衆スポーツとしては定着し難く、一版愛好者がいない。
四方を海に囲まれている日本にヨットがレジャーとして受け入れられない一つに
漁業権との衝突の問題がある。

ウインドの海面レース場一番近いウインドサーフィンの会場でさえ遠くに海面の設定がされる。




同じ海面を生活の糧にしている漁業がセーリングというスポーツをお遊びとして捉える
漁業側は海面の規制をして、そのことがヨット発展に大きく立ちはだかっている。
いずれにしてもセーリング種目はマイナーなスポーツに甘んじている。
それに加え、レースが豆粒ほどの遠い会場で行われているので目の前でレース展開を見るような観客席がないという特殊な事情にもよる。
灯台ハーバーの先の灯台の防波堤には会場を見渡せる唯一の観覧席?がある







ところがヨーロッパはじめ海外列強諸国では気軽にヨットを楽しめる環境にある。
何せセーリングの強豪国はアジアには中国以外いない。
間違いなく欧米諸国にオセアニア二国のオーストラリア・ニュージーランド
そしてブラジル・ロシアが最強軍団だ。
中でもイギリスは過去の実績ではぴか一。(ことに一人乗りのセーリング種目が強い)
昨年より葉山町と親交を深め、海面調査兼ねて合宿入りしてオリンピックに
すでに照準を合わせてきている。
バーーズ




青森出張の翌日から一週間予選決勝のスケジュールが組まれている。
水曜日の予選二日目に足を運んだ。
ハーバー内は関係者以外立ち入り禁止もあったが、ほぼ目的を達して出廷前のハーバーの熱気を感じつつ各国の国旗をセールに誇示しながら会場の海面目指して出廷風景をカメラに収めることができた。
お目当ての470級が8種目のクラスの中でも一番ハーバーから遠い葉山沖の海上(水深は60M以上ある)がレース海面でうねりも強くセーリング技術が試される。
すでに470級クラスはすべて出廷した後であったのは唯一、残念であった。

しかし陸のハーバー内で艤装している出廷前の華やかさが伝わってきて、
学生気分になった気持ちとなるから不思議だ。
実は艤装している時から戦いは始まっている。
艤装は単なる海面に出る前の準備でなく、今日の天候に合わせたセッティングが
ベストの状態に合わせないと風をうまく効率よくつかめないのだ。
黙々と艤装する姿は各国秘密裡に行われる。


スロープスロープから出廷する様子




ワクワクドキドキが少ない老年の日々にはいい刺激になった。
陸からの北風に気持ちよく各クラススロープから出廷する風景は
見ていて飽きない。
そして中に日章旗を見つけると思わず声をかけて海面に出る日本艇にエールを送る。
ウインドせーフィンセールにはJPNの日本のネイミングと日章旗が









セーリングというスポーツは人間の瞬時の判断もさることながら
自然の環境に大きく左右される。
まずは風である。第一レースは強風が吹いた。
と思えば予選最終レースはなぎの状態が続きレースが成立するかどうか
という微妙な展開となった。
風を動力に使うスポーツだけに人間の技だけではどうにもならない面がある。
救命ボート各国の救命ボートもハーバー内に待機






そしてテストマッチと違ってオリンピック開催時期が真夏の8月きているから
海水浴シーズンとぶつかる。風は気象条件も9月の中旬とは違う。
そのあたりはオリンピックでは何が起きるかわからないという危機管理も大事になってくる。
だからワールドカップは前哨戦であるが、思わぬ伏兵がオリンピックではメダルの栄誉に授かることも考えられる。
4年に一回のオリンピックは選手にとって最大のイベントである。



明日決勝の結果が出るので月曜日に引き続きブログにレポートしますね。

<追記>
470岡田外薗の金メダルコンビの470級



決勝5レースは一定の風が吹く基準に達していなかったために、ノーレースとなって
最終レースの前日予選の結果が最終的なワールドカップの成績となった。
こんなことは自然相手のセーリングでは学生時代にも経験したところでよくあることだ。
しかし17日は祭日だっただけにもう一日延長して最終決勝レースをしてほしかった。
レースは午後開催されたのも漁業権との問題で、午前中のレースはオリンピックも
行われないのかと疑問視した。
予選では11時スタートしたレースがあり規約に反して漁業組合から
早速クレームがついた。
こんなことで地元の漁業組合からトラブルを起こすことになっては不信感が募るばかりで
江の島開催の成功はありえない。
今からでも関係修復に努めてほしい。

さて、いささか残念な終幕であったが、470級の日本選手にとっては、決勝10チームの4チームが日本勢で占められ、金・銅のメダル獲得に至った。
他に4位と先日のアジア選手権で金メダルを獲得したメダリストも今回は振るわなかったが7位と健闘した。
日本の470級の強化が実り、選手層の厚さを物語ってオリンピックにも期待できる事を知らしめた。

読売新聞にも最終結果が小さな記事ながら掲載された。
実際のオリンピックは真夏の真っ只中。
風もうねりも潮もすべてに違う海面で日本チームがどんな闘いを見せてくれるか

夏は強風も吹くし、なぎも多い。
自然のなりゆきに任せるしかない。
自然と人との調和がせーるんぎというスポーツなのだと改めて感じる。

今からドキドキ二年後に期待したい。
そして男子初めてのメダル獲得できれば金メダルに向って
セーリングの日本の関心を集めたい。







gokaime青森五回目の介護アロマ講座修了の皆さんと



supo-tu青森でのスポーツ最終回修了者の皆さんと





西光寺奥羽線の浪岡駅の近傍にある西光寺
~白露1
猛暑の結果がスイス南部の大氷河世界自然遺産であるアレッチ氷河に異変が・・・・
そして北極海にも氷土に亀裂が入り、万年雪や氷河がこの異常猛暑で融解している。
8月初めのブログに猛暑の異常気象のことを書いたが,それでも間に合わないくらいの
世界規模での自然の崩壊が各地で起こっている。

今夏は台風21号の上陸でその後、猛暑も終息して関東地方も秋の気配が漂ってきた。
そんな台風を尻目に秋の地方出張第一弾、青森に赴いた。
虫の音どころか、すっかり秋色色濃い青森に、青色吐息の今夏の猛暑に
ホッとひと息、旅先で味わった。

無事青森空港に到着したが、何やら騒がしい。
未明に青森で大きな地震があったとお迎えの地元の方から聞いた。
眠れないくらいの大きな地震であったそうだ。

現行時奥羽線の大釈迦駅の近傍にある元光寺




これが当初、津軽海峡の向こうで起きた地震とは知らず、一路巡礼の旅へと
弘前方面浪岡を目指した。
台風一過で高く澄んだ青空の元、
円空上人の木彫り仏像の安置するお寺へと。

円空上人が生き抜いた江戸時代も天災が続き、沿道の人々の苦難を見捨てはできず
旅先で円空彫りをして回復祈願した。
その彫った仏像は12万とも言われる。
西
西光寺と元光寺ではアイヌ彫りの影響を受けた後者の仏像では顔姿が微妙に違う。
お寺の庭掃除をしていた檀家さんに本堂の案内してもらったところ、西光寺の仏像は
微笑みが感じられた。
見る人の心が反映しているのですよ
と一言言われた。
そんなゆったりした気持ちで念願のご対面しお寺を後にした。

出張先でのほんのささやかないい時間を過ごした。
まさか北海道ではとんでもない事態になっているとは知らずに。
防災の日が終わったばかりに訓練が生かされるといいのだが。




もみじ
~白露2
先週、大阪を襲った台風21号が列島を横切って菅猿と同時に
今週に入って秋雨前線かすっかり秋めいて、猛暑が嘘のようであるはっきりしない
天気が続く。
この急激な気象の変わり目になるの疲れが出るのが夏バテ(一説によると秋バテ)だ。
急激な変化に体が対応できずに、食欲が無くなったり、疲れが取れずにだるさが続く。
ことに朝晩との気温差が真夏と違って大きく体に負担をかける。
生活モードも秋に切り替えなければならないのに、相変わらず夏の生活が引き続き行われている。
まずは服装にもその日の天気によって小まめに重ね着できるように持ち歩く。
芸術芸術の秋




とにかく体を冷やさないこと。
36度〜38度のぬるめのお湯にゆっくり浸かり、体の芯から温める。
近くに超炭酸泉が売り物の天然温泉があり、もっぱら週一私自身も通って
夏バテ対策を講じている。
この超炭酸泉こそ末梢血管を拡張して血の巡りをよくする。
運動も大事であるが疲労回復ができない方にとってはお薦めだ。
秋の夜長に熟睡すること間違いなし。
(回復したら軽い運動も始めることをお勧めします。基礎代謝を高めることは
温泉療養だけではできません)
果物
食欲ダウンには秋が旬の食材をうまく使った新蕎麦にきのこに、芋煮で
しっかり食欲回復して夏バテ防止。

そして食欲の秋、芸術の秋、読書の秋,スポーツの秋を満喫していい秋をお迎えください。



表紙
「少女」の表紙カバーにもなった松島トモ子さんは当時の国民的アイドルであった
<今週の見聞読録>
松島トモ子さんと言ってわかる方は団塊の世代まで遡らないとお名前聞いても
懐かしさを感じないであろう。
私自身は童謡歌手とおぼろげながら幼少時に聞いた覚えがある。
昭和20年の生まれだから私が生まれた頃にはもう芸能界のデビューして
歌っていたことになる。(三歳の時に歌手デビューしたとご本人がおっしゃっていました)

その松島トモ子さんがかわさき健幸福寿プロジェクトの記念講演に招かれ
私も懐かしさ余って講演会に出掛けました。
実は97歳になる実母の自宅介護をしながら芸能活動を続けているということだ。
その発端は実母が95歳の二年前に突然認知症(レビー正体型)に診断され
日増しに記憶が途絶え、幻視や妄想が現れ手が付けられなくなったということでした。
ともこ
その直前までまったくスカートはいてきりっとした私のマネージャー業務をこなしていた
母親がまさか突然こんなことになるとはショックを受け、芸能活動を中断せざる負えない危機に陥った。

一卵生親子と言われる三歳児からの長年の仲良しコンビが急に片割れを失った
漫才コンビのようにかたわになってしまったからショックのほどが推察される。

終戦直前に満州に生まれたのでいわゆるシベリア抑留に父親が拘束され、命からがら
親子二人で日本の土を踏むことができた。
その移動中目の前で何人もの日本人が死ぬのを目にした。
そんな苦難の末、三年後には芸能界デビュー母親付きで。

そんな戦後間もない頃の懐かしい話を講演会ではされた。
そして70年近くともに二人で人生を歩んできただけに
マネージャーである母親がこんな風になるとは思いもよらなかったという。
市長福田川崎市長の子育て・福祉には力を入れて会場に顔を見せていた。





「天災は忘れたころにやってくる」というが、「介護と認知症は突然やってくる」
という実感がした。
今は母親に育てられたここまで来た恩返しと思って、認知症の母親を最後まで
見守るように日々生活をしている現状です
と結んであわった。
会場からは万雷の拍手が自然と起った。


kuri-mu

あさいマッサージ教育研究所から
浅井式 愛ケアクリーム
新発売!1月末、発売スタート!

手元に置いてすぐに使っていただけるようにポケットにも入るチューブタイプ(100g)・・2,500円(税抜)
愛ケアクリームは肌に優しい香りのバランスも偏りなくすべての人に愛されるボディケアクリームです。
手と足のトリートメントにお使いください。

問い合わせ先➡あさいマッサージ教育研究所
  http://www.asai-takahiko.com
asai.aicare7@gmail.com
➡お求めご注文は、
八王子配送センターまで
ciel7amo@gmail.com
070-4062-1287
担当:森野
<全国販売窓口>郵送料がかかりますので地方の方は下記でご注文ください。
沖縄 090-5949-1874 濱田(tete)
鹿児島 099-252-1240 松元(茶倉)
大分 090-4774-1099廣瀬(アロマ・ブーケ)
徳島 088-655-2739 金森(カラザ)
山形 023-679-3293森岡(アロマエンジェル)
青森 070-6950-8723塩崎(フィオーレ)
福岡 090-9591-9972森(アロマの杜)
長野 0268-67-1701五十嵐( アロマ・フィエスタ)





☆介護アロマセラピスト講座

心地よい介護にしませんか!
介護現場でのアロマテラピーの扱い方や最も多く見受けられる 浮腫み ・ 冷え ・ 不眠などの緩和に簡単な実技訓練を行います。アロマテラピーについては認知症や消臭や感染予防について触れます。
また、手による触れ合いとして「癒しの手」のテクニックで、介護福祉に従事されている方、親子関係など、人とのコミュニケーションの仕方を学びます。
アロマテラピーが介護の手助けになることを知っていただき、快い介護になることを体験するチャンスです。

なおこの講座は認定ライセンス制度の対象講座になっています。


☆介護アロマセラピスト講座の全国開催スケジュール☆
<2016年度>すべて終わりました。

<2017年度>すべて終わりました。



<2018年度> 
10/13-14大分090-4774-1099廣瀬(アロマ・ブーケ)
10/20-21 川崎・武蔵小杉 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
10/27-28佐世保080-1745-3554 松本(アロマテラピーアトレ)
11/17-18 沖縄    090-5949-1874 濱田(tete)
12/1-2 大阪・天満橋 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)

<2019年度> 
~NEW*2019年2/2-3 川崎・武蔵小杉 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
5/25-26 上田市 0268-67-1701五十嵐( アロマ・フィエスタ)
6/1-2 郡山市 080-8224-0963竹俣 (アロマハート・ユー)
7/6-7 坂井市(福井県)0776-51-1088 西畑(ジャスミン)
9/7-8  青森  070-6950-8723塩崎(フィオーレ) 


〜上記掲載の開催地での講座二日間は
直接浅井自身がすべて担当指導します。代理講師での開催はありません。
上記スケジュール以外にも開催されていますので、日程・場所の不都合の参加希望者は 
あさいマッサージ教育研究所asai-aroma@s2.spaaqs.ne.jpまでお問い合わせください。
詳しくはhttp://www.asai-takahiko.com

戌
介護アロマテラピーの専用ブログhttp://ameblo.jp/kaigoaroma-asai/に加え、
この2月に新しくスポーツアロマケアのブログサイトを立ち上げました。
ご興味のある方はどうぞ下記アドレスにアクセスしてご覧ください。
~http://ameblo.jp/sportsaroma2018/


介護アロマ
~>☆あさいマッサージ教育研究所で介護アロマ講座開催☆      
日時  平成30年10月20日〜21日
9:30〜16:30
会場 川崎・武蔵中原駅前エポック中原
定員 限定12名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053
asaiaroma2@gmail.com

DVD
☆スポーツケアのためのアロマトリートメントDVD新販売のお知らせ

スポーツケアのためのアロマトリートメントDVDは
ホームページ : http://www.asai-takahiko.comより
お一人様1本に限りお買い求めになれます。

~NEW*~>☆あさいマッサージ教育研究所でスポーツアロマケア講座(下半身)開催のお知らせ☆

日時  平成30年11月11日(日)
13:30〜16:30 (3時間)
会場 川崎・武蔵中原駅前エポック中原7F
定員 限定6名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053
asaiaroma2@gmail.com

情報洪水時代

テレビ
~ご覧になる前にこちらをクリック
突然TVビデオそしてパソコンまでが途絶えてしまった。
現代のメディアから一気に解放されてしまった。
しばらくメディアから開放され、ネット社会から遠ざかることになった。
不便であったが、慣れると快適生活が送れることもわかった。

パソコンストレス症候群という情報に囲まれてストレスになるという現象がある。

2000年に私の著書に「即効・ツボ押し回復術」(明日香出版社)というパソコンストレス症候群への回復術の実用書がある。
2000年と言えばパソコンが本格的に市民が使い出す頃であった。
その時すでに私はパソコン洪水の弊害に警鐘を鳴らしていた。
tubo




それからスマホに代表されるタブレットが相当進化して今に至る。
まだガラケ派の私は出張先ではパソコンから解放され、ましの方だ。

いわゆる脳ストレスは脳を活発に動かし続けることで慢性蓄積疲労症候群となって
脳機能がパソコン同様フリーズ現象を起こすようである。
癒しの時代、リラクゼーション満開時代はパソコンストレスからの開放を目指して
到来した。
paskon
最近ではスマホ中毒時代とも言われている。
スマホがらみの交通事故も多発しているという。
高齢者運転同様、現代社会の盲点であろう。

台風・地震災害が去って秋風を肌に感じつつ、再び、情報復活に
振り回されないようこの秋、夜長を読書で過ごしたいものである。
dousyo







gokaime青森五回目の介護アロマ講座修了の皆さんと



supo-tu青森でのスポーツ最終回修了者の皆さんと





西光寺奥羽線の浪岡駅の近傍にある西光寺
~白露1
猛暑の結果がスイス南部の大氷河世界自然遺産であるアレッチ氷河に異変が・・・・
そして北極海にも氷土に亀裂が入り、万年雪や氷河がこの異常猛暑で融解している。
8月初めのブログに猛暑の異常気象のことを書いたが,それでも間に合わないくらいの
世界規模での自然の崩壊が各地で起こっている。

今夏は台風21号の上陸でその後、猛暑も終息して関東地方も秋の気配が漂ってきた。
そんな台風を尻目に秋の地方出張第一弾、青森に赴いた。
虫の音どころか、すっかり秋色色濃い青森に、青色吐息の今夏の猛暑に
ホッとひと息、旅先で味わった。

無事青森空港に到着したが、何やら騒がしい。
未明に青森で大きな地震があったとお迎えの地元の方から聞いた。
眠れないくらいの大きな地震であったそうだ。

現行時奥羽線の大釈迦駅の近傍にある元光寺




これが当初、津軽海峡の向こうで起きた地震とは知らず、一路巡礼の旅へと
弘前方面浪岡を目指した。
台風一過で高く澄んだ青空の元、
円空上人の木彫り仏像の安置するお寺へと。

円空上人が生き抜いた江戸時代も天災が続き、沿道の人々の苦難を見捨てはできず
旅先で円空彫りをして回復祈願した。
その彫った仏像は12万とも言われる。
西
西光寺と元光寺ではアイヌ彫りの影響を受けた後者の仏像では顔姿が微妙に違う。
お寺の庭掃除をしていた檀家さんに本堂の案内してもらったところ、西光寺の仏像は
微笑みが感じられた。
見る人の心が反映しているのですよ
と一言言われた。
そんなゆったりした気持ちで念願のご対面しお寺を後にした。

出張先でのほんのささやかないい時間を過ごした。
まさか北海道ではとんでもない事態になっているとは知らずに。
防災の日が終わったばかりに訓練が生かされるといいのだが。







ふたり
<今週の見聞読録>「ふたり暮らし」桜木紫乃<新潮社>
ホテルローヤルで直木賞をとった後、
立て続けに作品を発信している釧路在住の女流作家は
夭逝した佐々木丸美と共通した作家魂が潜んでいる。
新刊は「ふたり暮らし」で小説新潮に連載中のものを追筆した作品である。




夫婦に限らず男女が共に生きるとはという心繰りにはない性(さが)を描き出したもので長年の夫婦のあり方を考える上でも有意義なバカンスとなった。
もっぱら高原バカンス中は読書三昧で仕事と関係のある実用書以外の小説やエッセーなどを読むことにしている。
受賞作品以降も人間模様を描くことでは定評のある桜木紫乃さんの作品を
初めて手に取る。
以前から読みたいと思っていた作家のひとりである。
新刊の新聞紹介の記事を見てピンと来た。
ローヤルホテルローヤルで直木賞をゲット!




最幸の二人暮らしを考える機会だと思った。
この際、ふたりで折り合いをつけて夫婦で二人であり続ける意味を自問自答した。
二人でいることのいろいろな背景や訳があり、
それぞれの心の拠り所が会話の中でさりげなく交わされる。
売れない時代遅れの映像作家が看護師の紐的存在で成り立つ若い夫婦の危うい関係が
中心となって進んでいく。

ついでながら類書を二冊読んでみた。
「老いてはほどほど二人暮らし」(中村メイコ)
不良老年のすすめ「ふたり暮らし」を楽しむ(下重暁子)

いずれも二人暮らしを良しとして前向きに考える書であった。
まだまだ先が長い我が夫婦生活を如何に楽しむか!苦しむか!!は知恵比べ。
君の粋℗ズ
タイミングよくテレビ朝日で「きみの膵臓を食べたい」が早くもオンエアされた。
こちらは老年夫婦でなく高校生男女の二人暮らしと言えよう。
「自分一人では生きているってわからないことが、きみとのかかわり合いで
できる日常感が宝物なんだ」と夭逝した女子の主人公(桜良)が言わせた言葉が
意味深長で印象的に心に残った。
この映画が話題作であることを後で知った。








kuri-mu

あさいマッサージ教育研究所から
浅井式 愛ケアクリーム
新発売!1月末、発売スタート!

手元に置いてすぐに使っていただけるようにポケットにも入るチューブタイプ(100g)・・2,500円(税抜)
愛ケアクリームは肌に優しい香りのバランスも偏りなくすべての人に愛されるボディケアクリームです。
手と足のトリートメントにお使いください。

問い合わせ先➡あさいマッサージ教育研究所
  http://www.asai-takahiko.com
asai.aicare7@gmail.com
➡お求めご注文は、
八王子配送センターまで
ciel7amo@gmail.com
070-4062-1287
担当:森野
<全国販売窓口>郵送料がかかりますので地方の方は下記でご注文ください。
沖縄 090-5949-1874 濱田(tete)
鹿児島 099-252-1240 松元(茶倉)
大分 090-4774-1099廣瀬(アロマ・ブーケ)
徳島 088-655-2739 金森(カラザ)
山形 023-679-3293森岡(アロマエンジェル)
青森 070-6950-8723塩崎(フィオーレ)
福岡 090-9591-9972森(アロマの杜)
長野 0268-67-1701五十嵐( アロマ・フィエスタ)





☆介護アロマセラピスト講座

心地よい介護にしませんか!
介護現場でのアロマテラピーの扱い方や最も多く見受けられる 浮腫み ・ 冷え ・ 不眠などの緩和に簡単な実技訓練を行います。アロマテラピーについては認知症や消臭や感染予防について触れます。
また、手による触れ合いとして「癒しの手」のテクニックで、介護福祉に従事されている方、親子関係など、人とのコミュニケーションの仕方を学びます。
アロマテラピーが介護の手助けになることを知っていただき、快い介護になることを体験するチャンスです。

なおこの講座は認定ライセンス制度の対象講座になっています。


☆介護アロマセラピスト講座の全国開催スケジュール☆
<2016年度>すべて終わりました。

<2017年度>すべて終わりました。



<2018年度> 
10/13-14大分090-4774-1099廣瀬(アロマ・ブーケ)
10/20-21 川崎・武蔵小杉 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
10/27-28佐世保080-1745-3554 松本(アロマテラピーアトレ)
11/17-18 沖縄    090-5949-1874 濱田(tete)
12/1-2 大阪・天満橋 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)

<2019年度> 
~NEW*2019年2/2-3 川崎・武蔵小杉 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
5/25-26 上田市 0268-67-1701五十嵐( アロマ・フィエスタ)
7/6-7 坂井市(福井県)0776-51-1088 西畑(ジャスミン)
 


〜上記掲載の開催地での講座二日間は
直接浅井自身がすべて担当指導します。代理講師での開催はありません。
上記スケジュール以外にも開催されていますので、日程・場所の不都合の参加希望者は 
あさいマッサージ教育研究所asai-aroma@s2.spaaqs.ne.jpまでお問い合わせください。
詳しくはhttp://www.asai-takahiko.com

戌
介護アロマテラピーの専用ブログhttp://ameblo.jp/kaigoaroma-asai/に加え、
この2月に新しくスポーツアロマケアのブログサイトを立ち上げました。
ご興味のある方はどうぞ下記アドレスにアクセスしてご覧ください。
~http://ameblo.jp/sportsaroma2018/


介護アロマ
~>☆あさいマッサージ教育研究所で介護アロマ講座開催☆      
日時  平成30年10月20日〜21日
9:30〜16:30
会場 川崎・武蔵中原駅前エポック中原
定員 限定12名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053
asaiaroma2@gmail.com

DVD
☆スポーツケアのためのアロマトリートメントDVD新販売のお知らせ

スポーツケアのためのアロマトリートメントDVDは
ホームページ : http://www.asai-takahiko.comより
お一人様1本に限りお買い求めになれます。

~NEW*~>☆あさいマッサージ教育研究所でスポーツアロマケア講座(下半身)開催のお知らせ☆

日時  平成30年11月11日(日)
13:30〜16:30 (3時間)
会場 川崎・武蔵中原駅前エポック中原7F
定員 限定6名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053
asaiaroma2@gmail.com

夏のスポーツ業界話題!

~ご覧になる前にこちらをクリック
あ
~ご覧になる前にこちらをクリック
夏のスポーツも終わった。
爽やかな甲子園の敗戦チームが土を持って帰る姿はいつみても心残りがする。
一方で不祥事続きのスポーツ業界。
アメラグにレスリングにボクシングと今夏は話題になった。

黒い霧を晴らしてもらいたい。
と思っていたら女子体操競技でのコーチの暴力が明るみになった。
続々と報道される血なまぐさいスポーツ業界に東京オリンピック開催にも影を差す。
kaigoori
これでおしまいかと思ったら、チアへのパラハラに、バスケ選手の売春と
これでもかこれでもかと報道は続く。

スポーツ業界のガバナンス(統治能力)を強化し、
この際うみを出し切ってほしいと願う。

さて甲子園に限らず、夏の大会は暑さ克服がカギになる。
2年後の東京オリンピックが問題なのは酷暑が課題だ。
選手も観客も暑さへの対処がカギになるであろう。
そして東京オリンピックの大成功へと評価がくだされることであろう。
470
小さなスポーツ紙面に世界選手権女子優勝、男子準優勝と報道された。
私が最も興味あるセーリングしかも大学での採用艇である470級の艇種での
金銀メダルに輝いた。
今夏のデンマークで行われた世界選手権の戦績は二年後の地元でのオリンピックに
相当、期待がかかる。
男女ともに初の快挙である。
あ

ところが世界選手権とオリンピックの価値に違いはないはずだが、
4年に一度のオリンピックの栄誉は格別なのであろう。
強豪国はオリンピック一筋に狙ってくる。
会場の葉山沖には続々と世界の強豪国が合宿入りして、海面調査をして
本番さながらに練習にも熱が入っているそうだ。

予断は許されないのである。

読売新聞夕刊に「永遠のヨット乗り」の記事が連載された。
船の上からセーリング競技を観戦したいと連載を結んでいる。
地元江の島だけに地の利を得た東京オリンピックでは最高の勝利を
私は丘から期待したい。
umi
最後の今年の甲子園100回記念大会は湧いた。
スター軍団に雑草軍団の対決!!
果たして都道府県別代表の実態????
国体も住民票を移して県代表で出場するのが当たり前????

試合時間の延長へのルール改正。
この夏の疲労が過激なスケジュールをこなす
ピッチャーへの過激な肩への負担で将来を危うくするなど
高校野球も今、問題多き課題を抱えて閉幕した。

暑い甲子園も来年はどうなることか!?



数号車今年後半スタートの地元川崎での介護アロマ講座は8月25日26日猛暑の中で行われた。




スポーツ最終回スポーツ最終回修了者の皆さんと(7月23日)





g
~処暑(1)
処暑とは「暑さもおさまり、涼しくなり出す」と言われる。
今年に限ってはまだ処暑とはいかない。
猛暑続きの今夏、離島への旅は羨ましい限りである。
しかし観光目的ではない天皇皇后さまの旅はそんな安易な気持ちで離島訪問される
訳ではない。

天皇皇后さまが離島「利尻島」を訪問。
天皇在位最後の55島目にあたる訪問という。
私も離島ファンであるが、まだ12島ぐらいしか渡っていない。
離島暮らしは極めて現実は厳しいにもかかわらず、旅先としてはロマンを感ずる。


今回は夏の名物バフンウニにも舌鼓をされたという。
上空から眺めた礼文・利尻島は思い出に残る夏空の中で
両陛下の苦労を跳ね飛ばしてくれたことであろう。
k


今夏は離島とは縁遠い都会暮らしが続いたが、そろそろ来月から旅の季節。
次に向かう離島の事を思い浮かべながら一度、
伊豆七島にも一度は足を伸ばしたいと思う。
(もっとも私が2歳の頃、八丈島に父親との二人旅をしたと聞いているが)
とにかく離島の魅力は周り一面海に囲まれ、文明生活の便利さとはかけ離れ、
原始的生活が垣間見えてくることだ。
ロビンソン・クルーソーの漂流記が思い起こされる。
ろび
離島でもう一つ経験したことは台風に襲われた時の恐怖である。
以前、沖縄本島に台風直撃に出くわした。
本州上陸と違って離島の台風は周りに障害物がないせいか
とんでもなく風が強く、飛ばされる恐怖に慄いた。
今年の夏休みは台風12号に引き続き、13号と関東地方を襲った。
西日本の豪雨災害もあったばかりで、気象庁も戦々恐々で天気予報の報道にも
予防線を張っていた。

地震に限らず、豪雨に津波に自然災害の多い日本列島はこのところ激震に揺れている。
そんな人々の心に不安が蔓延している。
心の救済は現代社会の課題でもある。
介護アロマに限らず、アロマテラピーに関わる人間として
少しでも多くの人たちにアロマで心の支援をこの秋からも再スタートしたく思っている。


raio
~処暑(2)
この夏、猛暑の中でしばらく遠ざかっていたラジオに耳を傾けた。
ラジオは私達団塊の世代の唯一の娯楽で息抜きであった。
旺文社のラジオ受験講座も毎朝、聴いてから登校した。
塾も予備校もまだ定着していない昭和30年代にはラジオが楽しみであった。
深夜のラジオは若者の独壇場であった。

そのラジオを聴くきっかけがFM東京で8月4日土曜日に
村上春樹さんが初のディスクジョッキーを務める番組であった。
村上さんは音楽に造詣が深いことで知られている。

番組は読者からの質問に答えるインタビュー形式で進行した。
中でも葬式の時に流したい曲に「マイウエー」を挙げていた。
しかもシナトラの定番でなく、先頃亡くなったアレサフランクリンの
マイウエイであった。
改めて素人の選曲でない村上さんに音楽のこだわりを感じた。
アレサ




もう一つ漫才のサンドイッチマンが病院ラジオというNHKのテレビ番組に
出演していた。正確にはラジオでなくテレビであったが、病院での出前ラジオという
発想に感心した。
病院生活を送る患者にとってラジオは唯一心の救いになるという病院ラジオの
存在意義を感じた。
サンドイッチマンの患者や家族とのやり取りも素直な言葉でいつもの茶化し言葉が
入らず、まじめの中でもホッとする心の救いがあり、素直に喜びを共有できた。

raijo
そしてもう一つ同じ局でキムタクが土曜日の午後、オンエアされていたのを見つけた。
映像とは違ったしゃべりだけの世界にキムタクがどれほど役者としての度量が発揮できるか疑問であったが、ラジオ出演に意欲をもって出演しているだけに、これもテレビとは違ったキムタクの魅力に再度気が付かされた。

この夏ラジオに馴染んだ猛暑続きもそろそろ処暑に言葉通り願いたい。
読書の秋になって引き続き、ラジオの秋の夜長で耳を楽しもうと思う。



すばる
<今週の見聞読録>『心に折り合いをつけて うまいことやる習慣』(すばる舎)
著者:中村 恒子
著者:奥田 弘美


精神科医の奥田弘美先生は、現在、精神科の診療をしながら
都内の産業医を20も請け負ってストレス社会に生きる
サラリーマンの相談をされていらっしゃいます。
私が出会ったのは10寸年前であったろうか?
先生のインタビューに答える形で私のいい加減な生き方を取材してくださいました。
爾来、奥田先生の事は気にかけていましたが、お互いに多忙を極め
いつの間にか時が過ぎてしまいました。
この夏、先生の新刊が新聞に紹介されてました。
早速この本を手にして
旧交を温めた思いでした。

奥田先生の師匠は現在90歳の中村恒子先生。
精神科医を志したのも中村先生との出会いがなかったら今頃、自分の才能に目覚めず
中途半端な人生を送っていたかもしれない。

その中村先生の生き方や処世術が私にとっては大変目標を据えるに
参考になった。

「日々たんたん」
「程よくいい加減」
「あきらめ」
などなど数々のメッセージが飛び込んでくる。
そして組織で働く恒子先生はチームを大事にする人であった。
つまり人間関係の達人である。
年齢差があっても気持ちよく人間関係を保てる度量がある。
周りとの距離の取り方がすぐれている。
れんげ
そして故郷、瀬戸内海の因島の風に揺らぐ蓮華の花の姿に重ねてみた。
花言葉は「苦しみを和らげる」「心が和らぐ」であった。
そんな蓮華の花のような存在に私自身もなりたい。
何より90歳まで現役医師として活躍するパワーにあやかりたかった。

以前、読んだ「佐賀のがばいばあちゃん」と大らかに生きる姿はそっくりであった。
顔の表情まで似てくるのは品がそうさせているのかもしれませんね。
hぽん








kuri-mu

あさいマッサージ教育研究所から
浅井式 愛ケアクリーム
新発売!1月末、発売スタート!

手元に置いてすぐに使っていただけるようにポケットにも入るチューブタイプ(100g)・・2,500円(税抜)
愛ケアクリームは肌に優しい香りのバランスも偏りなくすべての人に愛されるボディケアクリームです。
手と足のトリートメントにお使いください。

問い合わせ先➡あさいマッサージ教育研究所
  http://www.asai-takahiko.com
asai.aicare7@gmail.com
➡お求めご注文は、
八王子配送センターまで
ciel7amo@gmail.com
070-4062-1287
担当:森野
<全国販売窓口>郵送料がかかりますので地方の方は下記でご注文ください。
沖縄 090-5949-1874 濱田(tete)
鹿児島 099-252-1240 松元(茶倉)
大分 090-4774-1099廣瀬(アロマ・ブーケ)
徳島 088-655-2739 金森(カラザ)
山形 023-679-3293森岡(アロマエンジェル)
青森 070-6950-8723塩崎(フィオーレ)
福岡 090-9591-9972森(アロマの杜)
長野 0268-67-1701五十嵐( アロマ・フィエスタ)




☆介護アロマセラピスト講座

心地よい介護にしませんか!
介護現場でのアロマテラピーの扱い方や最も多く見受けられる 浮腫み ・ 冷え ・ 不眠などの緩和に簡単な実技訓練を行います。アロマテラピーについては認知症や消臭や感染予防について触れます。
また、手による触れ合いとして「癒しの手」のテクニックで、介護福祉に従事されている方、親子関係など、人とのコミュニケーションの仕方を学びます。
アロマテラピーが介護の手助けになることを知っていただき、快い介護になることを体験するチャンスです。

なおこの講座は認定ライセンス制度の対象講座になっています。


☆介護アロマセラピスト講座の全国開催スケジュール☆
<2016年度>すべて終わりました。

<2017年度>すべて終わりました。



<2018年度> 
9/8-9  青森  070-6950-8723塩崎(フィオーレ)
10/13-14大分090-4774-1099廣瀬(アロマ・ブーケ)
10/20-21 川崎・武蔵小杉 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
10/27-28佐世保080-1745-3554 松本(アロマテラピーアトレ)
11/17-18 沖縄    090-5949-1874 濱田(tete)
12/1-2 大阪・天満橋 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)

<2019年度> 
~NEW*2019年2/2-3 川崎・武蔵小杉 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
5/25-26 上田市 0268-67-1701五十嵐( アロマ・フィエスタ)
7/6-7 坂井市(福井県)0776-51-1088 西畑(ジャスミン)
 


〜上記掲載の開催地での講座二日間は
直接浅井自身がすべて担当指導します。代理講師での開催はありません。
上記スケジュール以外にも開催されていますので、日程・場所の不都合の参加希望者は 
あさいマッサージ教育研究所asai-aroma@s2.spaaqs.ne.jpまでお問い合わせください。
詳しくはhttp://www.asai-takahiko.com

戌
介護アロマテラピーの専用ブログhttp://ameblo.jp/kaigoaroma-asai/に加え、
この2月に新しくスポーツアロマケアのブログサイトを立ち上げました。
ご興味のある方はどうぞ下記アドレスにアクセスしてご覧ください。
~http://ameblo.jp/sportsaroma2018/


介護アロマ
~>☆あさいマッサージ教育研究所で介護アロマ講座開催☆      
日時  平成30年10月20日〜21日
9:30〜16:30
会場 川崎・武蔵中原駅前エポック中原
定員 限定12名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053
asaiaroma2@gmail.com

DVD
☆スポーツケアのためのアロマトリートメントDVD新販売のお知らせ

スポーツケアのためのアロマトリートメントDVDは
ホームページ : http://www.asai-takahiko.comより
お一人様1本に限りお買い求めになれます。

~NEW*~>☆あさいマッサージ教育研究所でスポーツアロマケア講座(下半身)開催のお知らせ☆

日時  平成30年11月11日(日)
13:30〜16:30 (3時間)
会場 川崎・武蔵中原駅前エポック中原7F
定員 限定6名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053
asaiaroma2@gmail.com























5

家族の絆回復バカンス

清泉寮八ガ岳連峰を背景に清泉寮
~ご覧になる前にこちらをクリック
猛暑続きの都会暮らしより10度は違う冷涼な高原は夏の日常を心地よいものにする。
旧盆過ぎた平日にここ数年、恒例の清里目指し、年一回の家族サービスとなった。


ここに来るとやたらあくびが出る。
夏の落語に「あくび指南」という古典落語があるが、
指南されなくても、私の場合心身ともに解放されるとどうもあくびが出る。
よほど普段の緊張が強いせいか仕事モードの時には出ない。
そんなあくびが出るのも高原に行く効用だが、パソコン情報からの開放が
あくびにつながるのかもしれない。
家族と共にゆっくりのんびり過ごすというのが一番。
朝霧牧場には朝霧が立ち込める




還暦になって個人活動中心に独立したのをきっかけに、これからは仕事に区切りをつけて、家族のために年に一度でいいからと決意した清里バカンス。
これまでの不義理を一気に解消するかのように、家族の絆の回復に努めることになった。

富士山レストランから富士山が




二人の子供も中堅サラリーマンとして成長し、独身貴族の気楽さもあって、清里詣では家族団欒の絶好のタイミングとなった。
清里に夏のバカンスを宿泊する清泉寮に固定するまでは紆余曲折した。

ホテルでもなく、ペンションでもなく、清泉寮の雰囲気は我々家族にはちょうどいいもってこいの宿泊施設であった。
清里高原の開拓の祖と言われる宣教師であるポールラッシュ氏が昭和13年に創設した清泉寮は清里高原の開拓の拠点として開かれた。
d






寒暖の差が激しい気候が高原野菜を育み、ジャージー牛の放牧で乳製品の数々を生み出し、それらが朝晩のバイキングでは提供される。
sa



バイキング会場であるレストランからは富士山を望むことができる。
軽井沢にはない富士山の雄姿に清里のロケーションならではの眼の保養がここにはある。軽井沢がゴルフ族を中心に作られた別荘群であれば、清里は大自然の環境に恵まれて自然の気を容易に得ることができる避暑地であろう。
清里が海抜が1400メートルと軽井沢より高いのが気になるが、軽井沢は静養という意味合いのお年寄りの避暑地であるという事が言えよう。
赤岳八ガ岳の主峰赤岳



帰りの渋滞に初めて巻き込まれ、普段、渋滞慣れしていない私の唯一の苦しみが
最後に待ち受けていた。

とにかく年一回の心の洗濯に清里バカンスは当面続きそう。



坂井市最開催数を誇る福井県会場の皆さんと(7月8日)






スポーツ最終回スポーツ最終回修了者の皆さんと(7月23日)







g
~処暑(1)
処暑とは「暑さもおさまり、涼しくなり出す」と言われる。
今年に限ってはまだ処暑とはいかない。
猛暑続きの今夏、離島への旅は羨ましい限りである。
しかし観光目的ではない天皇皇后さまの旅はそんな安易な気持ちで離島訪問される
訳ではない。

天皇皇后さまが離島「利尻島」を訪問。
天皇在位最後の55島目にあたる訪問という。
私も離島ファンであるが、まだ12島ぐらいしか渡っていない。
離島暮らしは極めて現実は厳しいにもかかわらず、旅先としてはロマンを感ずる。


今回は夏の名物バフンウニにも舌鼓をされたという。
上空から眺めた礼文・利尻島は思い出に残る夏空の中で
両陛下の苦労を跳ね飛ばしてくれたことであろう。
k



今夏は離島とは縁遠い都会暮らしが続いたが、そろそろ来月から旅の季節。
次に向かう離島の事を思い浮かべながら一度、
伊豆七島にも一度は足を伸ばしたいと思う。
(もっとも私が2歳の頃、八丈島に父親との二人旅をしたと聞いているが)
とにかく離島の魅力は周り一面海に囲まれ、文明生活の便利さとはかけ離れ、
原始的生活が垣間見えてくることだ。
ロビンソン・クルーソーの漂流記が思い起こされる。
ろび
離島でもう一つ経験したことは台風に襲われた時の恐怖である。
以前、沖縄本島に台風直撃に出くわした。
本州上陸と違って離島の台風は周りに障害物がないせいか
とんでもなく風が強く、飛ばされる恐怖に慄いた。
今年の夏休みは台風12号に引き続き、13号と関東地方を襲った。
西日本の豪雨災害もあったばかりで、気象庁も戦々恐々で天気予報の報道にも
予防線を張っていた。

地震に限らず、豪雨に津波に自然災害の多い日本列島はこのところ激震に揺れている。
そんな人々の心に不安が蔓延している。
心の救済は現代社会の課題でもある。
介護アロマに限らず、アロマテラピーに関わる人間として
少しでも多くの人たちにアロマで心の支援をこの秋からも再スタートしたく思っている。


曽根
<今週の見聞読録>「真夏のジャズのコンサート」
曽根麻央のメジャーデビュー記念コンサートが彼の地元流山で行われた。
ジャズマニアを自認する私が曽根麻央の名前さえ知らなかったのは迂闊であった。
過去の実績と略歴が半端でなく凄い。
国外での演奏活動が中心としてきた経緯がある。
それだけに地元流山でのコンサートを国内のきっかけにしたい思いが伝わって来る。
サイン二枚組のアルバムにサイン



トランペットとピアノを同時に演奏する二刀流の器用なジャズメンが地元に凱旋コンサート。
知り合いに誘われて、猛暑からひと段落着いた盆明けの日曜日午後に流山に向かった。

先週も同じ会場でカルテットで演奏。今日はトリオの編成でどんなサウンドか楽しみに
して早目の会場入りをした。
ユーチューブで事前の音は予想していたが、本番ではどんな演奏になるか
そこはライブの最大の楽しみ方。
c
マイフーリッシュハートのビルエバンス風の繊細なピアノが私の好みではあるが
若きジャズメンがどんな音を出してくれるか私の心を魅了することを期待した。

世界の民族音楽との融合を特にラテン音楽とのコラボジャズを意識した演奏であった。
富山の古い民謡である「こきりこ節」とのコラボレーションジャズは圧巻であった。

将来の大輪の片鱗を伺わせた熱きトリオの演奏にしびれた。
挨拶アンコールは曽根単独でラテンの名曲「べサメムーチョ」でフィナーレ!



来年の流山JAZZフェスにもぜひ顔を出してクリエートサウンドの進化を期待したい。





kuri-mu

あさいマッサージ教育研究所から
浅井式 愛ケアクリーム
新発売!1月末、発売スタート!

手元に置いてすぐに使っていただけるようにポケットにも入るチューブタイプ(100g)・・2,500円(税抜)
愛ケアクリームは肌に優しい香りのバランスも偏りなくすべての人に愛されるボディケアクリームです。
手と足のトリートメントにお使いください。

問い合わせ先➡あさいマッサージ教育研究所
  http://www.asai-takahiko.com
asai.aicare7@gmail.com
➡お求めご注文は、
八王子配送センターまで
ciel7amo@gmail.com
070-4062-1287
担当:森野
<全国販売窓口>郵送料がかかりますので地方の方は下記でご注文ください。
沖縄 090-5949-1874 濱田(tete)
鹿児島 099-252-1240 松元(茶倉)
大分 090-4774-1099廣瀬(アロマ・ブーケ)
徳島 088-655-2739 金森(カラザ)
山形 023-679-3293森岡(アロマエンジェル)
青森 070-6950-8723塩崎(フィオーレ)
福岡 090-9591-9972森(アロマの杜)
長野 0268-67-1701五十嵐( アロマ・フィエスタ)




☆介護アロマセラピスト講座

心地よい介護にしませんか!
介護現場でのアロマテラピーの扱い方や最も多く見受けられる 浮腫み ・ 冷え ・ 不眠などの緩和に簡単な実技訓練を行います。アロマテラピーについては認知症や消臭や感染予防について触れます。
また、手による触れ合いとして「癒しの手」のテクニックで、介護福祉に従事されている方、親子関係など、人とのコミュニケーションの仕方を学びます。
アロマテラピーが介護の手助けになることを知っていただき、快い介護になることを体験するチャンスです。

なおこの講座は認定ライセンス制度の対象講座になっています。


☆介護アロマセラピスト講座の全国開催スケジュール☆
<2016年度>すべて終わりました。

<2017年度>すべて終わりました。



<2018年度> 
8/25-26 川崎・武蔵小杉 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
9/8-9  青森  070-6950-8723塩崎(フィオーレ)
10/13-14大分090-4774-1099廣瀬(アロマ・ブーケ)
10/20-21 川崎・武蔵小杉 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
10/27-28佐世保080-1745-3554 松本(アロマテラピーアトレ)
11/17-18 沖縄    090-5949-1874 濱田(tete)
12/1-2 大阪・天満橋 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)

<2019年度> 
~NEW*2019年2/2-3 川崎・武蔵小杉 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)

〜上記掲載の開催地での講座二日間は
直接浅井自身がすべて担当指導します。代理講師での開催はありません。
上記スケジュール以外にも開催されていますので、日程・場所の不都合の参加希望者は 
あさいマッサージ教育研究所asai-aroma@s2.spaaqs.ne.jpまでお問い合わせください。
詳しくはhttp://www.asai-takahiko.com

戌
介護アロマテラピーの専用ブログhttp://ameblo.jp/kaigoaroma-asai/に加え、
この2月に新しくスポーツアロマケアのブログサイトを立ち上げました。
ご興味のある方はどうぞ下記アドレスにアクセスしてご覧ください。
~http://ameblo.jp/sportsaroma2018/


介護アロマ
~>☆あさいマッサージ教育研究所で介護アロマ講座開催☆      
日時  平成30年8月25日〜26日9:30〜16:30
会場 川崎・武蔵小杉周辺
定員 限定12名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053

DVD
☆スポーツケアのためのアロマトリートメントDVD新販売のお知らせ

スポーツケアのためのアロマトリートメントDVDは
ホームページ : http://www.asai-takahiko.comより
お一人様1本に限りお買い求めになれます。

~>☆あさいマッサージ教育研究所でスポーツアロマケア講座(下半身)開催のお知らせ☆

日時  平成30年7月29日(日)
10:30〜13:30 (3時間)
会場 川崎・武蔵小杉周辺
定員 限定6名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053

























<2018年度> 
9/8-9  青森  070-6950-8723塩崎(フィオーレ)
10/13-14大分090-4774-1099廣瀬(アロマ・ブーケ)
~NEW*10/20-21 川崎・武蔵小杉 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
10/27-28佐世保080-1745-3554 松本(アロマテラピーアトレ)
11/17-18 沖縄    090-5949-1874 濱田(tete)
~NEW変更*12/1-2 大阪・天満橋 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
~NEW*2/2-3 川崎・武蔵小杉 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)


〜上記掲載の開催地での講座二日間は
直接浅井自身がすべて担当指導します。代理講師での開催はありません。
上記スケジュール以外にも開催されていますので、日程・場所の不都合の参加希望者は 
あさいマッサージ教育研究所asai-aroma@s2.spaaqs.ne.jpまでお問い合わせください。
詳しくはhttp://www.asai-takahiko.com

戌
介護アロマテラピーの専用ブログhttp://ameblo.jp/kaigoaroma-asai/に加え、
この2月に新しくスポーツアロマケアのブログサイトを立ち上げました。
ご興味のある方はどうぞ下記アドレスにアクセスしてご覧ください。
~http://ameblo.jp/sportsaroma2018/


介護アロマ
~>☆あさいマッサージ教育研究所で介護アロマ講座開催☆      
日時  平成30年10月20日〜21日9:30〜16:30
会場 川崎・武蔵小杉周辺
定員 限定12名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053

DVD
☆スポーツケアのためのアロマトリートメントDVD新販売のお知らせ

スポーツケアのためのアロマトリートメントDVDは
ホームページ : http://www.asai-takahiko.comより
お一人様1本に限りお買い求めになれます。

~>☆あさいマッサージ教育研究所でスポーツアロマケア講座(下半身)開催のお知らせ☆

日時  平成30年7月29日(日)
10:30〜13:30 (3時間)
会場 川崎・武蔵小杉周辺
定員 限定6名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053























この夏!マイカー復活!!!

g
~ご覧になる前にこちらをクリック
自家用車を6年ぶりに復活した。
東日本震災で手放した車をある事情があって再び所有することになった。
小回りのきく軽自動車である。
決して遠出のための車でない。

この夏の猛暑で外出も控えるような毎日が続いた。
すべて家中心の生活に釘付けされてしまった。
都会の便利さでも車所有で生活が違ってくる。
仕事上でも必要になった。
文明生活に戻って再び車社会に身を置くことになった。
j
しかし、車を手放したからこそ以前と違った車生活がみえてきた。
必要以上に車を使わないことだ。
安易に車を使わない。
せっかく我が愛用のチャリンコにはこれからも乗り続けるつもりである。

車のない生活が6年もの間続いたので当たり前のように車に乗っていた頃と違って
有難みもわかる。

とにかく私のママチャリは、この6年間走りに走り続けた。
私の地元での健脚商売に大いに役立った。

しかし台風のさなかの深夜の訪問依頼や、緊急時の訪問要請にははっきりいって
辛いものがあった。
b
そんな要望にもこれからはマイカーで対応できそうだ。
そして私のフットワークはさらに広がることが期待される。
そんなカーライフに新たな第一歩を再び踏みしめた。
エコロジーの時代に反社会的と思われる車所有の私のせめてもの言い訳である。


坂井市最開催数を誇る福井県会場の皆さんと(7月8日)






スポーツ最終回スポーツ最終回修了者の皆さんと(7月23日)






a

~立秋1)
「夏休暇バカンス突入する!!!」

スポーツ最終回の7月23日が暑さのピークであった。
休憩時間中に隣のビルに行くのに横断歩道を渡るだけでしんどかった。
しかしこれをピークに先週から台風の影響もあって一気に5度は下がった。
30度超えると人間の体はその暑さについていけないらしい。
一昨日台風余波の残る日曜日、スポーツセミナーが終わり、
翌日晴れて久々に新宿末広亭で7月下席のお昼の部に顔を出したら
笑福亭鶴光師匠が出演していた。
月曜日の正午、普通の人は寄席など出入りしない時間帯に
入りは8割がたが埋まっていたのに驚いた。
f

真昼間から寄席の空気の生ぬるい雰囲気が私を夏休みに突入させるには充分であった。
ホール落語とは違った寄席独特の雰囲気で一気に、休暇モードに切り替わる。





g
江戸落語に上方落語を結びつけた立役者である鶴光(つるこ)師匠は
大師匠の松鶴の信頼も厚い。
動機に上方落語協会会長の桂文枝師匠と同期で、今や押しも押されぬ大看板である。
鶴光の同門の巨漢、鶴志(かくし)師匠が大阪から応援の駆け付けて
上方の漫談落語を披露していた。


プログラムになかった漫才のナイツが登場し、一気に湧いた。
テレビに出るナイツと違って、
寄席風漫談のリラックス度がいい加減な味を醸し出していた。
ナイツ









そして唯一、都内の寄席で新宿末広亭だけが立川流の落語家に出番が与えられている。
今日は志ら乃が出演していた。タコのような口は談志そのもののパフォ−マンスを
継承しているのか、その勢いは際立っていたのは談志、志らく師匠譲り。
立川流が寄席を得て、水を得た魚のように意気軒高であった。
(寄席に長らく出演できなかった明日出演の立川談四楼師匠のトリを一目みたかった)
立川談四楼



そして野外では台風の最中、越後湯沢の苗場ではフジロックフェスティバルが
先週末行われた。
今年はボブ・ディランが出演するというので湯沢町長も会場に訪れ、
観光地ブランド化に力を注いだという報道がされた。
ボブ・ディラン
ノーベル賞受賞者のもう一人の立役者である川端康成先生にも縁があり、
この夏、大賑わいの湯沢の町であった。

都内では今月初めに恵比寿ガーデンプレスで、
フジならぬフジオ(赤塚不二夫にちなんで)ロックフェスティバルが
春風亭昇太ら落語も交えてこちらも大賑わい。

昼席には馬鹿らくごの骨頂、喬太郎兄貴と白鳥師匠が出演とあって、
かなり前からチケット売り切れ。
人気を誇る落語家の出演とあっては炎暑も負けずに
落語ファンは我も我も詰めかける。
まるで四万六千日の浅草寺詣での縁日のようだ。
春風亭昇太
夜には春風亭昇太がトリをとる。
その昇太師匠は翌日、介護アロマ会場と同じ地元中原駅前で
林家たい平と二人会を開く。
笑点メンバーはどこに行っても人気があって、こちらもチケット完売。

炎暑での中止が7月には続発していたが、
暑さが少々おさまっての開催に庶民の憩いの場となった。
私も息抜きにと久々に恵比寿に落語の昼席に足を運んで真夏の昼のイベントを楽しんだ。

立秋とはいえまだまだ残暑も厳しき折、来週からの清里高原の夏を楽しみたい。
そして秋の出張に身も心も充電して英気を養って備えたい。



d
~立秋2)
季節にあった料理がある。
日本の四季は春に揚げ物、夏に酢の物、秋にくだもの、冬に鍋もの
と春夏秋冬の「もの」料理がある。
なかでも鍋ものは冬と決まっている。
鍋の一番人気は「おでん」だそうです。
そのおでんが季節外れと思われる夏おでんというのが、今、人気だそうだ。
関東のおでんは関西では「関東だき」と呼んでいる。
「こんぶや」という高級おでんのお店も夏も健在である。

f
おでん落語という古典がある。
「替り目」という演目がある。
五代目志ん生が十八番にしていた古典落語である。
五代目は大根とこんにゃくの大衆のおでんを愛していた。
a
私もこの夏、おでんに挑戦した。
そして暑い最中のおでんを楽しんだ。
食欲が落ちた時にこそ、おでんという発想だ。
志ん生が「がん」とか「ぺん」とか面白がって短縮したおでん種を
長年寄り添ったかみさんにねだるところに味がある。
志ん生落語を聴くと不思議と生きる活力が湧いてくる。
夏バテも吹っ飛ぶ!
c





s
上野の鈴本の寄席を引き上げて、近くの多古久でおでんを肴に祝杯している
志ん生が今でも目に浮かんでくる。





きりん
<今週の見聞読録>読売新聞夕刊連載
「安藤桃子の革命」
0,5ミリで鮮烈な印象を持った映画監督安藤桃子。
主演が「万引き家族」で熱演した実妹安藤サクラ。
奥田えいじを父親に持つだけあって親譲りの風雲児二人が
このところ俄かに頑固一徹の父親を凌いでいる。

0,5ミリで高知ロケが行われたご縁もあって
高知に桃子さんが移住してしまう惚れぶり。
そこで革命を起こしてしまったストーリー連載。

ニューパラダイスシネマ日本版とも言える映画文化を通じて
ここ数年、高知の文化大革命を行っている。
しかもこの革命は若い世代が主役だ。
龍馬
龍馬も岩崎弥太郎も20代後半で維新の立役者となった。
桃子さんの革命は映画にとどまらず、多岐にわたる地方文化の
活性化に力点を置いて、地方こそ文化情報発信基地として
アピールする。

その先に見据える構想は明日を担う若い世代からの改革であり
提案である。
新時代は確実に古き悪しき人を要求しない。
もっと多くの若者文化が花開き、高齢社会をも飲み込んでしまう
意気軒高な志をもって桃子革命が推進されている。

たっすいがいかん!!!を再び高知の熱き魂に蘇がらせたいと
桃子の夢は今膨らむ。
高知に思いを馳せて再訪したい。





kuri-mu

あさいマッサージ教育研究所から
浅井式 愛ケアクリーム
新発売!1月末、発売スタート!

手元に置いてすぐに使っていただけるようにポケットにも入るチューブタイプ(100g)・・2,500円(税抜)
愛ケアクリームは肌に優しい香りのバランスも偏りなくすべての人に愛されるボディケアクリームです。
手と足のトリートメントにお使いください。

問い合わせ先➡あさいマッサージ教育研究所
  http://www.asai-takahiko.com
asai.aicare7@gmail.com
➡お求めご注文は、
八王子配送センターまで
ciel7amo@gmail.com
070-4062-1287
担当:森野
<全国販売窓口>郵送料がかかりますので地方の方は下記でご注文ください。
沖縄 090-5949-1874 濱田(tete)
鹿児島 099-252-1240 松元(茶倉)
大分 090-4774-1099廣瀬(アロマ・ブーケ)
徳島 088-655-2739 金森(カラザ)
山形 023-679-3293森岡(アロマエンジェル)
青森 070-6950-8723塩崎(フィオーレ)
福岡 090-9591-9972森(アロマの杜)
長野 0268-67-1701五十嵐( アロマ・フィエスタ)




☆介護アロマセラピスト講座

心地よい介護にしませんか!
介護現場でのアロマテラピーの扱い方や最も多く見受けられる 浮腫み ・ 冷え ・ 不眠などの緩和に簡単な実技訓練を行います。アロマテラピーについては認知症や消臭や感染予防について触れます。
また、手による触れ合いとして「癒しの手」のテクニックで、介護福祉に従事されている方、親子関係など、人とのコミュニケーションの仕方を学びます。
アロマテラピーが介護の手助けになることを知っていただき、快い介護になることを体験するチャンスです。

なおこの講座は認定ライセンス制度の対象講座になっています。


☆介護アロマセラピスト講座の全国開催スケジュール☆
<2016年度>すべて終わりました。

<2017年度>すべて終わりました。

<2018年度> 
8/25-26 川崎・武蔵小杉 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
9/8-9  青森  070-6950-8723塩崎(フィオーレ)
10/13-14大分090-4774-1099廣瀬(アロマ・ブーケ)
10/20-21 川崎・武蔵小杉 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)
10/27-28佐世保080-1745-3554 松本(アロマテラピーアトレ)
11/17-18 沖縄    090-5949-1874 濱田(tete)
12/1-2 大阪・天満橋 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)

<2019年度> 
~NEW*2019年2/2-3 川崎・武蔵小杉 044-754-0053 浅井(あさいマッサージ教育研究所)

〜上記掲載の開催地での講座二日間は
直接浅井自身がすべて担当指導します。代理講師での開催はありません。
上記スケジュール以外にも開催されていますので、日程・場所の不都合の参加希望者は 
あさいマッサージ教育研究所asai-aroma@s2.spaaqs.ne.jpまでお問い合わせください。
詳しくはhttp://www.asai-takahiko.com

戌
介護アロマテラピーの専用ブログhttp://ameblo.jp/kaigoaroma-asai/に加え、
この2月に新しくスポーツアロマケアのブログサイトを立ち上げました。
ご興味のある方はどうぞ下記アドレスにアクセスしてご覧ください。
~http://ameblo.jp/sportsaroma2018/


介護アロマ
~>☆あさいマッサージ教育研究所で介護アロマ講座開催☆      
日時  平成30年8月25日〜26日9:30〜16:30
会場 川崎・武蔵小杉周辺
定員 限定12名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053

DVD
☆スポーツケアのためのアロマトリートメントDVD新販売のお知らせ

スポーツケアのためのアロマトリートメントDVDは
ホームページ : http://www.asai-takahiko.comより
お一人様1本に限りお買い求めになれます。

~>☆あさいマッサージ教育研究所でスポーツアロマケア講座(下半身)開催のお知らせ☆

日時  平成30年7月29日(日)
10:30〜13:30 (3時間)
会場 川崎・武蔵小杉周辺
定員 限定6名
<お申し込み・お問い合わせ>
TEL&FAX: 044-754-0053























月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
楽天市場
プロフィール

taka_asai

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ