星の村天文台スターライトフェスティバルが
ニコニコ動画で生放送されるようです。
10月7日(日)19:00~21:00
 
誠文堂新光社(天文ガイドの)さんのチャンネルだそうです。
まだ11月号を入手していませんが、天文ガイドに紹介されているのでしょうか。
ひょんなことから、ダイイチのS原さんから連絡がありました。
S原さんが生放送の技術スタッフとして準備されているそうです。
 
私は先ほど、上記のページから入ってニコ動の無料登録を済ませました。
 
 
さてさて、先日のオリオンを再処理してみました。
イメージ 1
CCDStack-Inspectorでコンポジット、LRGB合成(Meanではなくsum)したばかりの元画像を、
いきなりPS CS5で処理するというものです。
北の星見台さんからPSのRawから入る方法もあるよと教えて頂きましたが、
そこまでのスキルはないので、今回はこれにしました。
 
通常使うであろう処理方法をレイヤーを作って、同時に処理するということになります。
その都度イメージの所を開かなくてもいいので、とても便利でした。
 
イメージ 2
これが使いそうなものをレイヤーとして開いた状態です。
特にカラーバランスのレイヤーにはシャドウ、中間調、ハイライトのスライドがあります。
これは普通に イメージ → カラーバランスとやっても出てこないスライダーです。
 
この後、あれこれやって、SIステライメージに入って、RGBのレベル調整とLab色彩調整と
カブリ補正(ツール→カブリ補正、放物面、減算)をし、再度PSに戻って調整して終わりです。
 
イメージ 3
2012年9月22日(土)  2:47~4:25   自宅庭  馬頭星雲とオリオン大星雲
ボーグ60ED f350mm F5.8 マルチレデューサー[7870] 合成f245mm F4.1   赤道儀AXD
ガイド  ボーグ77ED Atik 16IC PHD      カメラ  ML-8300モノクロ  
L 10分×3  RGB10分×各2枚  合計1時間30分
 
SIのデジタル処理やガンマ調整はやっていませんが少し暗いですね。
立体感や透明感、華やかさに欠けるのですが(挙げるとキリがない)、
オリオン大星雲の潰れは最小限に抑えられたようです。
 
あと、ブログにアップするとき、PSで単純に
ファイル→別名で保存→JPEG→画像オプション・・・・とやっていましたが、
実際にアップすると望外に大きくなることが多かったですね。
慌ててNIKKONのViewNX2に持ち込んで修正することが度々ありました。
 
そこで今回は、ファイル→Webおよびデバイス用に保存(D)→・・・・
という流れでやってみました。
 
さて、今回はどうなるのでしょうか。
また、慌ててブログの修正をするのでしょうか。
 

UTOさんからのご指摘があったので、前回アップの画像を今回の画像に比較明合成しました。
前回の画像の塗りは95%、不透明度は33%です。
輝度合成はバックグランドが良かったのですが、色彩感に欠ける感じでしたので
比較明合成を選択しました。
イメージ 4
明るくなってメリハリが付いてきたようです。やってみるものです。
 
あと、
ファイル→Webおよびデバイス用に保存(D)→・・・・でアップすると
サイズは思った通りのものになりました。