処理の難しかった2枚モザイクが完成。
イメージ 1

2017年5月3日(水) 0:03~2:56  アンド山 流汗台ゆとりの駐車場  4~5          
赤道儀AXD   
鏡筒ε-180ED 
ピント調整:β-SGR ステラショットと連携のマルチポイントフォーカス                         
ガイド鏡 ボーグ60ED ガイドカメラQHY5L-Ⅱ モノクロ  PHD2
カメラ D810A    ホワイトバランス:晴天     ピクチャーコントロール:ニュートラル
           長秒時ND,高感度ND:なし   アクティブDライティング:なし
           ビィネットコントロール:しない 
撮影ソフト     ステラショット
ライト       ISO 1,600  南部 300s×14枚=70分   北部 300s×13枚=65分  合計2時間15分  
                                       0:03~1:15                            1:50~2:56
ライト用ダーク     300s×32枚(約5℃の冷蔵庫)
フラット               9秒(G,B)と13秒(R) 32枚(8枚×4方向)   室内
フラット用ダーク    各32枚 室内
ダークフラット処理 → Adobe DNG Converter→  RAP2
                RAP2でのフラットはベイヤマージ使用    
スタックの下準備 → PS CS6      
スタック → CCDStack
レベル調整・カブリ補正・sssありデジタル現像 → SI8 (詳細編集モード)   
諸調整 → PS CS6 
モザイク合成  PSのPhotomerge

カブリ
カブリ補正は平面減算のR,G,B傾斜補正のみにとどめ、あまり細かくはやらなかった。やれなかった。
RとGは北から南に緩やかに強くなり、Bはおよそ逆の傾向だったのが、分かるような分からないような。波長による散乱透過率の差異によるものか、あるいは光害の光源の特徴なのか。

モザイク 
モザイクは東西に5%程度ずれていました。南部を撮影し北部の構図を整えるのに時間がかかった。北部の撮影時には赤道儀が反転し、画像も反転していたので調整に時間がかかった。
これは予想していたので、南部を撮る時は月あかりの影響がなくなる前に露出を始めたが、あまりにも写野の調整に時間がかかったため北部の最後の5,6コマは薄明の影響を受けてしまった。
画像処理には南部も北部も月明りと薄明の影響を受けたすべてのものを使ったので、透明感には欠けたものになったかもしれない。モザイクでも良質なライト画像を、16枚は欲しいですね。
これも次回へ向けた反省と目標にしたい。

モザイクとカメラの向き
モザイク撮影の時は、天の経緯線と平行か直交するようにカメラの向きを調整しないとだめですね。つまり、赤道儀の鏡筒を載せるプレートに平行か直交するようにということかな。

フラット
フラット板はD810Aでグレーになるように色セロハンも使って改良したつもりだったが、色むらが激しく、結局は自宅で別のシートを使って撮り直すことにした。これはグレーではなかったので、RAP2によるベイヤマージとなった。