画像処理と画像表示(今さらですが)
昨日投稿した記事の一部がPCで見られない状態なので、その部分だけを記事にしてみます。
少し加筆し再編成してあります。

せっかく処理した画像をブログにアップすると、色が濃い状態で表示されてしまう経験はありませんか。この回避方法がようやく分かりました。
    ただし、使うソフトはPhotoshop CSやCCです。
    モニターは調整のできる外付けモニターの場合に限ります。
図1と図2-3の違いがお判りでしょうか。図1の方が淡白な感じです。




図1
これが私の従来の設定でした。
この状態では、星雲にメリハリとか立体感がないので、更に処理を進めます。
ある程度納得したところでアップしようと、Photoshopの「メニュー」→「web用に保存」するのですが、プレビューで確認すると彩度が上がった状態になるので、これはまずいということで処理し直すことになります。例えば「色相・彩度」で彩度を-40程度落とし、ようやく落ち着く感じです。
つまり、画像処理そのものが二重構造になっていたわけです。

図2
「色の校正」にチェックを入れたところです。この状態で図3にある「モニターRGB」にチェックを入れれば、web上での表示と近いものになります。
モニターのキャリブレーションができない環境であれば、これだけでも随分と改善されると思います。

図3
もし図4のようにモニターをColorMunki Photoなどでキャリブレーションしてあれば、
(1)図3の「カスタム」から図4に進み、
(2)自分で登録したプロファイルを表示させ「RGB値を保持」にチェックを入れ、
(3)図2で説明した「色の校正」にチェックを入れると、
(4)web上での表示と同じになります。

更にプリンターとモニターの色合わせをしていれば、「モニター」「Web」「プリント」でのカラーがほぼ一致することになります。
ただ、モニターとプリンターの色合わせは、チェックシートをプリントして読み取り、プロファイルを別に作るなど、別の機材が必要となる場合もあります。

これについては、機会があれば記事にまとめてみたいと思っています。
ただし、キーワードは以下の通りです。 (Canonのプリンターの場合) 
Photoshopによるカラー管理
     プロファイル…使う
     通常プリント→「ハードプルーフに変更
     校正設定→「カスタム設定
          調整プロファイルにはモニターのプロファイル
          紙色をシミュレートにチェックを入れる   
  プリンター側の設定
     写真プリント
     きれい
     色補正  マニュアル調整…マッチング なし
                  ICMを使うならばプリンターのプロファイル使用
             

最近はこの辺の作業をある程度省略できる機種やソフトもあるようで、とてもうらやましい限りです。

なお、ステライメージで表示した場合は、モニター表示とwebでの色はほぼ同じでした。

ノート型PCのモニターの場合
これは調整が難しいのですが、図3のところにある「モニターRGB」が一番合うようです。
「インターネット標準RGB(sRGB)」はシアンが強調されるようです。
他の調整方法もあるようですが、そこまで詳しくはありません。

間違いなどあるかと思いますが、ご指摘ください。