February 12, 2009

jeremy lusk

bd9e3664.JPGはじめての出会いは2006年にアメリカに行った時、無名だったラスクがメッツガーのチームでまだKXに乗っていた時だった。 はじめてライドを見てビックリした。全く知らないライダーがすごくうまいんだから。
乗り終わった後、初めて挨拶した時彼はすごく無愛想。 よそ者を簡単には受け入れないタイプだと思った。
それからよく練習場所でラスクを見かけた。 
2006年メッツガーの家で乗っている時に彼がタコベルを俺の分まで買って来てくれた。 その時俺は英語を全くしらなかったし、初のメッツハウスで緊張してて食欲が無かった。「俺いいよ、ごめんなさい」と断ると「チッ」 舌打ちされた。w 
絡みにくいやつだなと思ってたが、2007年にマリーシャに入り、毎日一緒に乗るようになると、どんどん仲良くなり、次第に彼からいろんな考え方が見えてきた。
一緒に2人でメキシコにコンテストへ行ったり、LGアクションも一緒に車で行った。
 ラスクとの会話の中で、意味がわからなかった事はない。 俺に丁寧に理解するまでしゃべってくれる。 そして俺はラスクと接する事で学ぶ物が多かった。 直接言葉にはだしてはないんだけど、同じ舞台に立ち。同じ恐怖と闘ってるラスクを見て勇気をもらう事が多かった。 
2007年、初めてX-gamesに出た時はちょうどラスクも初出場でお互いに喜んだ。
俺は鎖骨骨折、ラスクはファイナルまで進みBIGクラッシュ。 そのファイナルが終わって夜中に、ホテルの電話がなり、出てみるとラスクだった。「一緒に飲もうぜ。部屋にいくよ」と言って2人で夢のX-
gamesに出場出来た事に乾杯した。 よくやったとお互い褒め合いながら飲んだ。でも2人ともこの日のクラッシュで身体はボロボロで老人のような動きだった。w 
イベント後にわざわざ乾杯しようと来るキャラではないラスク。多分ラスクは自分と同じ夢が叶ったやつと飲みたかったんじゃないかな? すごく嬉しかったよ。
ラスクは同い年だけど、英語をしゃべれない俺に兄貴のように接してくれた。 いろんな事を教えてもらった。
コンテストでの結果にすごく悩んでいた時期にラスクは「結果は良い時も悪い時もある、あまり考え込むな」と励ましてくれ、普段の練習では、いつも俺がだした技をもっと大きく出してくる。
最後にラスクと練習出来たのは2週間前のディーガンハウスだった。1時間ほど練習したらだいたいみんなは練習を終了して行ったが、俺はコルトバフリップを物にしたくてひたすら練習してた。するとラスクも一緒に残り、一緒にひたすらコルトバフリップを俺の前でやってくれた。2人でひたすらコルトバ。 すごく嬉しかった。俺がなかなかコルトバを物に出来ずに必死になってると何も言わずに彼もコルトバを練習しだしたんだから。
その練習中、言葉は交わす事はなくても、ライドで話会えてた。完全に俺をプッシュUPしてくれているのが伝わった。 練習後「引っ張ってくれてありがとよ」と言うと「good job」って言ってくれた。
思い出せば切りがないほどいっぱい詰まった思い出。
今でも信じれなくて普通に電話すればまた話できるんじゃないか?
家に行けば会えるんじゃないか? そんな気持ちです。
ラスクは間違いなく男だ。 どんなに調子が悪くても、どれだけ恐怖を感じても彼は常に自分と闘って、プロとしての任務をこなしていた。 あの日だってラスクがプロの自覚が無かったら転んでないと思う。抑えて飛ぶ事も出来たはずだ。ライダーの気持ちはライダーが1番わかるよ。
いつでも俺の1まわりも2まわりも上のレベルに居たラスク。 その差は2006年から現在まで平行線だった。 
これから先も俺はラスクから教えてもらった多くの事を頭に入れ、ラスクと一緒に飛んで行く。
ありがとうラスク  I gave it all All I could  ラスクらしいぜ。




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Yuri   February 13, 2009 21:24
Jeremy はきっと これからも TAKA の側でライディングしていると思う。
飛んでる時、彼を感じたら
守ってくれてるのかも。
またX-Fightersに現れそうで
会えそうで
寂しさは消えそうになく

R.I.P Jeremy

早く元気になってねTAKA

2. Posted by 千葉野栄ッ子☆   February 14, 2009 01:59
5 お久しぶりです毎回blog拝見しています。このような現実だからこそコメントしなくてはと思いました、今回の結果はとても残念です…
でも東野さん本人乗り越えていかなくてはならない事だと思います、きっとラスクも東野さんが世界一になる事を天から願っているに違いないと思います、世界一のRIDERにもとめらる事はどんな事も力に変える強さ、辛さを乗り越え広い心を持つ事だと思います、がんばれ東野さん☆
3. Posted by TAKU   February 14, 2009 02:13
2 お久しぶりです。

TAKAと供に飛んでいた、偉大なるアスリートのご冥福を
心よりお祈りします。

昨年は日本国内でもモトクロスで悲しい事故が沢山
起きてしまいました。

モトクロスは最高のスポーツだけど、このジャンルに身を
置く限り、プロ、アマチュア関係なく、常に危険と隣り合わせだという「当たり前の事」を肝に銘じておかないとダメだと思います。

ラスクの分まで飛んで飛んで飛びまくって下さい。
そしてTAKAが今年も無事でいられますように。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔