確定拠出年金〜節税〜

2016年03月09日

この度、確定拠出年金(DC)個人型に加入しました。
私自身は、中小企業に勤め企業年金がない会社なので加入対象者です。

この確定拠出年金知名度が低すぎます!
加入できる方ならば、間違いなくお勧め!!

また、今後の改正で、加入できる対象者が一気に増る予定ですので、
(企業年金ありの方も該当に)一度、検討してみましょう!

ちまたでは、NISA ふるさと納税が注目されえていますが、
優先度を考えると、一番に来るのが、確定拠出年金です!


確定拠出年金は、取り扱い企業のうまみが少ないんでしょうね・・・・・・w
宣伝が少ないです!
正直、NISAも同じような形だと思うのですが、顧客囲いこみのため宣伝が活発です。


国の機関を経由するためか、加入しようとして

資料請求→申し込み→加入

最短でも2ヵ月はかかりますので、行動はお早めに!

いろいろなところで取り扱っていたので、加入場所に悩みましたが、
SBI証券を保有しているその延長で、SBIに決定!
ただ、SBI証券でそのまま加入できるわけではなく、別システムでした。

SBIベネフィットシステムズ
ここからログインしていろいろと指示ができます!
私の月額拠出額の限度は23000円。限度額で加入しましたが、
手数料が安くなる資産額50万円まではちょっと先が長そうです。



確定拠出年金のメリット

掛け金が全額所得控除に  
年額20万円支払うと3万円税金が安くなる!
(国税5% 地方税10%の場合) 
 所得が高くなると国税が5〜45%なりますので、稼ぎのいい人ほど効果があります。

売却益は非課税(NISAと同じですが、何度でも大丈夫!)

受け取るときは、退職所得or公的年金扱いに

拠出時に死亡した場合は、遺族に一時金として支払われます。
(死亡保険の代わりを果たす効果ありとしてもいいでしょう)


確定拠出年金のデメリット

解約が基本できません!
規定年齢に達する60歳まで固定されます。

確定拠出年金の積立金は特別法人税等の対象となる。現在は課税停止中
このまま廃止されるのでは?と見ていますが、念のため


制度の仕組みはちょっと難しいですね・・・・・・w
簡単に一言でまとめると、



投資信託が経費で積み立てできます!



〜小話〜

加入書類に難点あり!
私だけの印鑑では、勝手に加入できない仕組みとなっています。
事業所の印鑑も必要なのです!ここはネックでした・・・・・w
本当はもっと早く加入したかったのですが、
書類を渡して印鑑をもらうことが、言い出しにくく未加入でした。

こういった面もいまいち普及しない理由になるでしょうね。
但し、小さい会社ほど福利厚生は少ないですので、
さっくっと印鑑をもらいましょう(笑)


元本保証の商品もありますし、リスクの高い商品もあります。
私はリスクをとりこの商品に!

世界の状況が変わったら他の商品に移す予定です。
本来なら絶対この商品は選びませんが、原油は低空飛行!
(インカムゲインがまったくない商品なので長期になればなるほど不利です)
私は、あと26年拠出がありますので、リスクをとりました。
受け取れる時期まで生きてるかどうかも謎です(笑)
スタートは冒険の投資で!
無題




まだ、加入したてで1回の拠出のみの現況です。
初回は加入手数料がかかるので手数料が高く見えます!



ワンクリックお願いします(^^♪

株主優待 ブログランキングへ

にほんブログ村

株式投資ランキング
ありがとうございました!

takabadayonn at 08:00コメント(0) 
PR
Twitter プロフィール
へっぽこ投資家です。日本株(主に株主優待銘柄)を約2,000万円程度運用中。めざせ配当+α優待生活!2017/11月にサラリーマン卒業!資産は足りぬが生きていけるか!?株主優待でよく外食ランチを楽しんでいますω
巡回サイト様!
よく買い物してます♪






最新コメント
お問い合わせはこちらからどうぞ。

なお、当ブログはリンクフリーです。 リンクを張っていただければ大変嬉しく思います。

名前
メール
本文
プロフィール

takabadayonn

先物で失敗し大幅に資産を減らした管理人ですが、株で取り戻すというよりかは、働いてそこそこの株式を購入しなおしました・・・・w

現在は、あまり取引はせず、優待銘柄を買って持ち続けることが投資活動となっています。
それでも、気づけば時価総額(H28.2月時点)は1000万円ぐらいの銘柄を保有しています!減らさないようにしたいですが、株価はかなり変動しますから謎ですね・・・・w



免責事項
様々な銘柄を紹介していますが、私の主観となります。投資勧誘を目的としたものではありません。
本ブログに掲載されている情報は実際に体験した経験や企業で発表されている決算情報に基づいて記載しています。そのため完全性、正確性、適用性、有用性等いかなる保証は行っておりません。掲載された情報に基づく判断については、自己の責任のもとに行って頂くようお願い申し上げます

投資系2chまとめ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセスランキング