ばたい
こちらも、三国志では、あまり印象がない‥w
ですが、ブラウザ三国志では初期時代からカードされており、愛着がありますω


中国三国時代に蜀漢に仕えた武将。
字は不明[1]。馬超の従弟。
 
『三国志』に伝は立てられておらず、
「馬超伝」などに登場する。
前歴はほとんど不明。
222年に馬超が死去した際に「私の一族200人余りは、
ほとんど孟徳(曹操)に殺されてしまいましたが、馬岱のみが生き残っています。
馬氏の祭祀を守らせる者として陛下にお預けします。」と言い残したとある。
馬岱は平北将軍・陳倉侯にまで至った(『三国志』「馬超伝」)。
 
234年諸葛亮による北伐が失敗し、
諸葛亮が病死した後の退却途中に、魏延と楊儀が反目し合った。
彼らは互いに相手が反乱を起こしたと劉禅に訴え、魏延が敗れて逃亡したが、
途中で馬岱に追いつかれて殺された(『三国志』「魏延伝」)。
 
『三国志』における記述は以上である。また、『晋書』には以下の記述がある。
 
235年に、馬岱は兵を率いて魏に攻め込んだが、
牛金の軍に敗れて千余りの損害を出して退却した(『晋書』「高祖宣帝懿本紀」(宣帝は司馬懿のこと)。
 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ばたい こうげき

攻撃振り!イレギュラーな育成方法かも知れません‥‥w
初期攻撃力240 アタッカーとして育てるのちょっと力不足かも@m@おなじみのの蛮王もついてますw
とは言え、ここまで育てるとそこそこの攻撃力。また引率の使用も可です。
戦争時にはエースカードが死んでしまい使用できないことも多いので、
その時のスーパーサブとして活躍しておりますω




ばたい 移動
速度振り 若干 攻撃振り

この育成方法が、一番しっくりかも!
馬岱は初期移速が14と素早いです。
その長所を生かし安価なスピード武将の出来上がりω

このカードはレベルを低めに押さえています。
近場の☆1取得 もしくは車出兵時に活躍!

低レベルですので、死んでも早く回復しますので、遠慮なく出兵できますω