アキバ系投信自作派

タカちゃん:気象予報士の肩書を持つ投資家、DIY投資家で全てポートフォリオを自分でカスタマイズしています。コアポートフォリオはインデックス+定期預金+個人向け国債で固めて、サテライトポートフォリオはサテライト系インデックス+海外の個別企業への投資が中心です。なお、このブログに書かれている情報は細心の注意を払っていますが、100%の正確性を保証する物ではありません。最終的な判断は自己責任でお願いします。

クイズ!スター&プラネット2017を観に行きました

東京の葛飾区郷土と天文の博物館で7月21日から始まった新番組「クイズ!スター&プラネット2017」を観に行きました。

この番組は普通のプラネタリウム番組のような癒しを求めるものでは無くて、ひたすらクイズに答えていくプラネタリウム・エンターテイメント番組です。
クイズに正解すると20点が得られて、どこかで発生するボーナスクイズに正解をすると40点が得られます。
ただし、減点クイズもあり、その場合は正解しないと-20点されます。

得点合計100点満点で、60点以上だとご褒美、60点に満たない場合は恐怖の罰ゲームです。
今年もナビゲーションは伊津野 亮さんです。
ただし、影のナビゲーション役が「裏の支配者」と呼ばれており、伊津野 亮さんとのやり取りが面白い。

キーワードは探査機

今年のクイズのキーワードは「探査機」で、探査機が実際に調査して分かった事を中心にクイズが出題されています。
今年はクイズ内容がマニアックで、始めて来た場合はクイズに正解する事は難しいです。
とは言え3択ですし、クイズ内容は滅多に変わる事は無いので、ご褒美目的ならば次回からは正解すれば良くて、罰ゲーム目的ならばわざと不正解をします。

3択のうち、最も回答数が多かった選択肢が回答とされます。
その回答が正解ならば得点が得られます。
「クイズ!スター&プラネット」では、攻略法があるにも関わらず、毎年、罰ゲーム率が高いまま番組が終了する名物番組でもあります。

私の場合は7月22日の13時、16時の回に行き、13時の回は罰ゲームで、16時の回はご褒美になりました。

番外編、宇宙の遠い未来は宇宙全体の生物が滅亡する!?

注意:ここから先は内容は保証しません。
番組が終わった後に、解説員の方に質問をしてきました。
宇宙の遠い未来はブラックホール、中性子性、黒色矮性(白色矮星)など、恒星のような核融合によって明るくなる物とは違う星ばかりになって、核融合に必要な物質は底を尽きてしまう点についてです。

そうなった時に地球のような星があったとしても生命体はどうやって生きていくのですかね?
回答としては最終的にはそうなって生命体が生きていけないだろうとの事ですが、ただ、それは気が遠くなるような遠い未来の宇宙であり、我々が心配する事ではありません。

応援よろしくお願いします。

世界各国のバリュエーション表2017年06月版

世界各国のバリュエーション表2017年06月版をPNG形式で掲載します

バリュエーション表2017年06月

応援よろしくお願いします。

各カテゴリーへのリンク集


インデックス投資ランキング


海外ETFランキング

「自称ほったらかし投資家」はだ~れだ!


東京都議会選挙の各政党の獲得議席数
政党議席数与野党
都民ファーストの会55与党
公明23与党
ネット与党
与党合計79-----
自民党23野党
共産党19野党
民進野党
維新野党
野党合計48-----

東京都議会議員選挙獲得議席数

いつものお決まりのパターン

まずは自分自身の投資スタイルを確認したい。
インデックス投資の場合で「ほったらかし投資」を志望する場合のお話です。
インデックス投資であっても「タイミング投資」の人ではありません。
「トレーダー」「タイミング投資」だったら「的確な状況判断」と「臨機応変な相場への対処」が必要であり、資産の売却も考えます。

「ほったらかし投資」を志望する投資家ならば資産形成をする時期は「バイ&ホールド」になります。
ですから、リタイアした場合とリバランス以外では株式を売却する事はありません。

例外は「土砂災害で家が倒壊した」「家が津波に流された」「隕石が家に落下した」「白血病やガンになった」などの場合です。
つまり、純粋リスクの場合は経済的損失が巨額になり易く、生活防衛資金だけでは対応できない場合があります、その良い例が「白血病やガンになった」場合です。

参考:島根県に大雨特別警報 最大級の警戒を
引用
気象庁はきょう5日午前5時55分、島根県西部に「大雨特別警報」を発表した。
島根県西部ではこれまでに経験したことのないような大雨となっており、命に関わる重大な災害の危険性が高まっている。
土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水に最大級の警戒が必要だ。
引用終わり
これは7月5日に発令された大雨特別警報の事例です。
仮に島根県西部で低い土地への浸水や土砂災害で家や土地が被災した場合は株式を売る正当な理由になる場合もあります。
注意:午前11時15分には大雨特別警報は解除されています。
それだけ純粋リスクは経済的損失が巨大で人間が太刀打ちできないからです。

それに対して投機的リスクの場合は、そうなる前に対策ぐらいは考えておく事は誰でも可能です。
今年の7月2日には東京都議選があり、自民党の敗北と都民ファーストの会の勝利で終わりました。
この結果をみて、多くの投資家が円高&株安になるのではないか?と不安の声が上がっています。

中には株式を売る事を考えている投資家もいます。
ですが、もしも「ほったらかし投資」を志望する投資家は株式の売却はリバランス、リタイア時のみになります、今回の東京都議会選挙の結果は全く関係ありません
少なくとも5日の島根県西部に発令された大雨特別警報の時とは状況が全く違います
もしも、この先に円高&株安で怯えるのならば元々はリスクの取り過ぎで、期待リターンは低くても良いので株式の比率を下げる行動を取ります。
ただし、それはリスク許容度の話であって都議選とは全く無関係です。

「都議選の結果を見て株式を売る」のならば、それは「トレーダー」か「タイミング投資」か「自称ほったらかし投資家」です。
あくまでも”自称ほったらかし投資家”です、いつものお決まりのパターンです。

政治問題が相場に影響したのは2016年では2回

2016年6月には英国EU離脱をめぐる選挙でEU離脱が確定して株価の下落&円高が襲いました。
英国EU離脱では最初は残留派が優勢でしたが、後半には離脱派が優勢になりました。

トランプ政権が確定した直近の日本の株式市場は株価の下落&円高が起こりましたが、その日のNYでは相場状況が一転、今度は急激な株価上昇と円安が起こりました。
この株高が原因でジョージ・ソロスのS&P500のショートが裏目に出て、大きな損害が出ました
結局のところ、どんな優秀な投資家でも将来の相場を確実な見通しするなんて出来ないんです。

株式の期待リターンはプラスですから、「ほったらかし投資」は「バイ&ホールド」を継続すれば長期的なコスト削減とパフォーマンスの劣化を防ぐ事が出来ました。

旧民主党政権時代の株式投資の行動は?

国政レベルの話では、現在は自民党政権&黒田日銀総裁時代です。
ですが、少し前では民主党政権時代がありました。

その時の経済状況は円高&株安になっていました、その上で東日本大震災と株式投資家やFXトレーダーには最悪の事態になりました。
その当時は多くの投資家からは民主党に対して叩く投資家やFXトレーダー、文句を言う投資家やFXトレーダーが多かったのです。
特に東日本大震災の後に急激な円高が起こった事について多くのFXトレーダーが「なんで日本が大変な状態になっているのに円高になるんだ!」なんて言っていました。
そんなFXトレーダーは明らかに”ヘボい”からです。
文句を言った所で投資家の成長は望めません。

ちなみに、私の場合は2011年には念願のIBの口座開設をしています。
IBの口座開設条件は1万ドルの入金が必要でしたが、その当時は円高だった為、資金的なハードルが低かったのです。
その当時は、円高の影響で高配当の本場の米国株式ETFがリーズナブルに買いあさり放題が出来ました。
iDeCoだって先進国株式インデックスも安い株価で購入でき、これまた最高でした。

そもそも、そんな事で文句を言う投資家やFXトレーダーの考え方はとても”ヘボい”のです。

物価上昇率が継続的に年2%を達成した後の日銀総裁は?

今の黒田総裁は物価上昇率2%を目論んだ異次元の緩和を実施しています。
日本国債、日本株式、J-REITなど、どんどん買っていきます。
その上でマイナス金利を実施するなど、とても意欲的です。

でも、物価上昇率が継続的に2%に達した後の日銀総裁は出口戦略を考えなくてはなりません。
マイナス金利解除までならいざ知らず、今度は利上げの局面で大失敗する恐れがあるほど、難しいかじ取りが予想されます。
ある意味で可哀想で、その時には次の政権や日銀総裁は株式投資家からは叩かれる可能性がありそうです。

仮に株価下落が現実となったら、その時に又もや旧民主党政権時代のような文句の大合唱をするのでしょうか?
その原因を作ったのが日銀の黒田総裁です。

私だったら、定石通り先進国株式インデックスをコアとしながらもセクター戦略でダメージの軽減を考えます。
文句を言ったってなんの解決にもなりません。
その時には多くの”自称ほったらかし投資家”の人たちが株式を売るんだろうなぁ・・・

株価下落&円高対策は平時に考えておく

私の場合は既に対策は考えていて、本当に今後の株価下落や円高が進行した時のダメージ軽減策は考えています。
少なくとも、現在の安倍政権ではその考える時間は十分にあった筈です。

「ほったらかし投資」を志望しているのならば、都政レベルでは自民党政権が終わった事を株式の売却の理由にするなどはとても”ヘボい投資家”なのです。
ただし、社会貢献目的に株式売却を通じて利益の20.315%を国や地方に上納すると言うのならば立派な投資行動だとも言えるので必ずしも”ヘボい投資家”とは言えませんが。
そのお金は生活保護受給者の受給資金原資や社会保障を持続可能にする為に必要だとも考えられ、それはそれなりの合理的な考えでもあります。

注意:「トレーディング」「タイミング投資」をやる場合は、相場のタイミングを見て株式を売却する戦略は当然ありです。
「ほったらかし投資」が嫌ならば「トレーディング」「タイミング投資」に転じても構いません。
その場合はバイ&ホールド型投資とは言えません、そこは注意が必要です。
なお、インデックスファンドを使ったタイミング投資も可能ですが、それだったらETFを使った方が機動的に売買できます。

各カテゴリーへのリンク集

応援よろしくお願いします。

インデックス投資ランキング


海外ETFランキング
タカちゃん:気象予報士の投資家。インデックス投資、バリュー投資、ヘッジファンド自作は語る場合あり。株式投資している国は米国、スウェーデン、デンマークが中心で、日本への投資は定期預金や個人向け国債が中心です。
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ