これは私の2015年12月30日時点でのポートフォリオです。

タカちゃんのアセットアロケーション2015年12月30日現在

2015年は先進国株式インデックス、円定期預金、EDEN、XLP(VDC)への投資が中心でした。
年の後半ではEWDも買っています。 
なお、先進国株式インデックスはFTSE-KAIGAI(EXE-i先進国株式ファンド)、MSCI-KOKUSAI(ニッセイ外国株式インデックスファンド)が中心です。

EDEN(デンマーク株式インデックス)は、年の前半は配当金(分配金)で買い付け、後半はIB入金分+配当金(分配金)で買い付けていきました。
ただ、デンマークは津波のリスクに厳重に警戒しなくてはなりません、ですから今後、比率はどうするのかは考えていく予定です。

去年の前半は、物価上昇に伴う安全資産の目減りを警戒して、生活防衛資金への再積み立ての関係で、投資が少なくなりました。
ですが、4月頃からは本格的な投資をスタートしています。

私の場合は1月、4月、7月、10月が最も配当金が多く手に入ります。
4月はIB入金と配当金を足して本格的にEDENへの投資を開始しています。

年の後半はニッセイ外国株式インデックス、円定期預金、EDEN、EWD、XLP(VDC)をガンガン買っていきました。
特に8月17日~25日にかけての株価下落(チャイナショック)では、給与からインデックスファンドや海外ETFをより多めに買い付けていきました。

年の後半では、セゾン資産形成の達人ファンドを全て売却してEDENを買っています。
去年12月ではMTUMを少しだけ買っています。
その他では、4825、GURU、MTUM、EXE-i中小型株式ファンドがあります。

今年の投資方針について
今年は消費税増税や物価上昇が襲うと予想しており賃金が目減りして、投資金額が減る恐れがあります。
今年は去年以上にケチケチでやっていき、少しでも投資金額を増やせるようにしていく方針です。

コアポートフォリオについては・・・
去年に口座開設したSBJ銀行は1年定期預金は年0.35%もあり、事実上、無制限で預金ができるので、安全資産のリターンの改善を目的に使っていく予定です。
SBJ銀行には「なのかちゃん」と言う一週間定期もあります。
「なのかちゃん」も利用して、今後、去年のような「チャイナショック」がやってきても機動的に対応できるようにしていく予定です。

先進国株式インデックスでは、ニッセイ外国株式インデックスから、たわらノーロード先進国株式に切り替える可能性があります。
401kでは、EXE-i先進国株式ファンドの買い付けは従来通りにやっていく予定です。

サテライトポートフォリオについて・・・
戦略については、去年までは・・・
1:ファーマ=フレンチの3ファクターモデル
2:セクター戦略
3:スウェーデン・モデル
4:デンマーク・モデル
5:高配当戦略

今年からは・・・
1:Carhartの4ファクターモデル
2:セクター戦略
3:スウェーデン・モデル
4:デンマーク・モデル
5:高配当戦略

戦略の分散をしていく事で致命的な失敗を低減をする事を目論んでいます。

EDEN、MTUMについては比率を上げていく予定ですが、EDENについては津波のリスクなどのリスクファクターも考慮に入れた上で比率を決めていきたいです。
Carhartの4ファクターモデルで言われているファクターですと、サイズファクター(小型株)モメンタムファクターを使っていく予定です。

EWDは高分配なETFです、分配原資は配当金なので、事実上、これは高配当戦略としても使っています。
外国個別銘柄では、BRK.Bを除けば、多くは高い配当利回りかつ、配当成長率がそれなりにあります。
EWDも含めて、高い配当を得ながら、その配当でEDEN、MTUMの比率を上げていきたい考えです。

私がリタイアした時に、その配当金が成長していれば、年金の足しにも使えるので、よほどの事がない限りは高配当戦略をやっていく方針です。
ただ、これは将来的には外国個別株ではなくてETFに置き換えをやっていくかも知れません。

応援よろしくお願いします。

インデックス投資 ブログランキングへ


海外ETF ブログランキングへ