とよぴ~さんのブログ「高配当ETFで戦略的インデックス投資日記」では
「毎月分配や高コスト投信が不要だとわかる比較」でのコメント欄には次のようなコメントがありました。

引用開始

フルインベストメントができる毎月分配型は投資効率がむしろ高い
毎月分配は投資効率(複利効果)が落ちるので不要という主張のようですが…。 
投資効率は銘柄単体ではなく生活全体で考えるべきではないでしょうか? 

毎月分配型の場合は、分配金から生活費を捻出できるため、 
銀行預金を最小限に抑えてフルインベストメントをすることができます。 
これはリスクもありますが必要な生活費を確保しつつ投資効率を高める良い方法です。 

無分配型を5年保有しようとした場合は、生活費 5年分として少なくとも 
500万円は銀行預金として残しておかなければならなくなります。 
500万円も非投資資金を持っていることが投資効率を落としていることになります。 

給与や年金など安定した他の収入がある人が、毎月分配型を保有するメリットは 
あまりありませんが、投資専業の場合は、フルインベストメントができる毎月分配型は 
非常に投資効率の高い投資方法なのです。

引用終わり

私が、ずばり答えます!
早速、切り込んでいきましょう。

SBI証券の投資信託定期売却サービスに注目
文章が長いので細かく分けてみていきます。

引用開始

フルインベストメントができる毎月分配型は投資効率がむしろ高い
毎月分配は投資効率(複利効果)が落ちるので不要という主張のようですが…。 
投資効率は銘柄単体ではなく生活全体で考えるべきではないでしょうか? 

毎月分配型の場合は、分配金から生活費を捻出できるため、 
銀行預金を最小限に抑えてフルインベストメントをすることができます。 
これはリスクもありますが必要な生活費を確保しつつ投資効率を高める良い方法です。 

引用終了

それならば、コストの安いインデックスファンドでアセットアロケーションをして、SBI証券の投資信託定期売却サービスを利用すれば良いだけの事です。
これは毎月必要な金額を自動的に解約してくれるので、低コストで運用をしながら取り崩しができます。
投信の分配金と言うのは信託財産の取り崩しなので、理論上は分配金を出そうと、投信を解約をしようと同じです。
インデックスファンドの方がコストが安いので、例えば信託報酬が1.35%の毎月分配型投信なんて選ぶ理由はありません。
仮に信託報酬1.35%の毎月分配型投信を500万円保有していたら、毎年67500円のコストを支払う事になります、はっきり言って馬鹿馬鹿しいです。

生活防衛資金を無視している
引用開始

無分配型を5年保有しようとした場合は、生活費 5年分として少なくとも 
500万円は銀行預金として残しておかなければならなくなります。 
500万円も非投資資金を持っていることが投資効率を落としていることになります。

引用終わり

投資をやるのならば生活防衛資金2年分は安全資産で持つのは鉄則です。
この人の場合は2年間の生活資金は・・・
500万円/5年⇒200万円/2年
つまり、200万円は安全資産で運用するのが鉄則です。

そうなると、投資に回せるのは300万円になります。

これをどう見るか?
引用開始

給与や年金など安定した他の収入がある人が、毎月分配型を保有するメリットは 
あまりありませんが、投資専業の場合は、フルインベストメントができる毎月分配型は 
非常に投資効率の高い投資方法なのです。

引用終わり

投資専業の場合でフルインベストメントができる毎月分配型が非常に効率の良い投資法だと言うのならば私と勝負してみるか?
10年後、20年後、ご自身の資産がどれだけ増えたのかを確認してみると良い。
毎月分配型投信は効率が良いと言うのならば、その投信を是非とも教えて欲しいぐらいです。

私だったら、MO、PG、MCDの3社のポートフォリオで毎月配当型投信を自作する事を考えます(倒産リスクに注意)。
もっと倒産リスクの低い方法を考えるのならば、DIAを使えばお手軽毎月分配になります。
デフォルトリスクが無いとするのならば個人向け国債変動10年を半年間毎月買っていけば利息は毎月貰えます。
毎月分配と言っても、やり方は色々あります。
ここに挙げた方法は低コストなので、その分はパフォーマンスに寄与します。 
ただし、これらのやり方にはリスクがありますから、そこも考えて自作します。
そこを自分でリスクを考えて投信を自作できるぐらいでなければお世辞にも「投資専業」なんて言えないのではないでしょうか?
「投資専業」と言うのならばプロ意識を持ちましょう。