既に吊ら男氏が先に記事を書いています。

引用
インデックス投資,ワインファンド,海外不動産等々,このブログで何度か取り上げている内藤忍氏が,"大変興味深い"不動産投資推奨の話を書いていました。

45歳で貯金1000万円の人が老後の不安を解消するために

45歳で1000万円の資産を持っている人に対して、金融商品での運用ではなく,ローンを活用したワンルームマンション経営の勧めです。金融商品で運用するよりも,最初の5年間ワンルームマンション1部屋を運用し,その後は3部屋に増やして運用した方が良いという結論です。
引用終わり
私が書こうとした内容の大半が書かれたので、そこで私が別の視点で書いてみたい。

失業や日本のカントリーリスクについて書きます


引用
年平均5%で運用しても15年でようやく2倍です。しかし、15年間5%で運用し続けるのは、現状のマーケット環境では、ほぼ不可能です。しかももし「60歳で2000万円」が実現できたとしても、ほとんどの人の老後の不安は解消しません。金融商品では、シニアのお金の問題の解決できない。金融の専門家にとっての「不都合な真実」です。
同じ1000万円を頭金にして、借入を組み合わせ不動産投資したらどうなるでしょうか。2000万円の中古ワンルームマンション3戸(6000万円相当)を頭金1000万円で15年後にローン無しで手に入れる方法を具体的方法を考えてみます(借入金利は1.5%、賃貸利回りは4.5%、ワンルーム1戸は2000万円と単純化した計算例です)。
まず、頭金と合わせて1060万円を5年ローンで借りると、毎月の返済は185,000円になります。
購入した物件から家賃が75000円入ってきますから、自分で返済するのは差額の毎月11万円になります。
毎月11万円の返済で5年後にローンの無いワンルームが1戸手に入ります。繰上返済すれば更にその期間は短くできます。
引用終わり
出所:SINOBY'S WORLD:45歳で貯金1000万円の人が老後の不安を解消するために

これを見て仮に45歳で1000万円持っていて、年利5%で運用した結果として2000万円にしかならない事になにも不都合な事実とは言えないでしょうね。
それよりも、1000万円を頭金にして借り入れを活用して6000万円分で3戸のワンルームを買って賃貸に回して、毎月の支払から家賃収入を差し引いても毎月11万円も支払う必要があります。

ここで考えなくてはならないのは、自分が失業したり、大震災リスクに見舞われた時の対応です。
ワンルームが全損した場合は地震保険に入っていても、評価額の半分までしか保険で賄えません。
つまり、大震災リスクが発生した場合は多くの場合は借金生活者になります。

失業の場合も、その時の経済状況下では大不況が考えられるため、不動産価格が下落した所を売らなくてはならない状況になるでしょう。
そもそも月11万円も支払わなくてはならない状況を作る事自身に問題があります。

更に、現在では東芝の経営危機でも分かるように大企業へ勤めていても雇用が長期的かつ高い給与で確保されるとは言えない状況になっているのです。
だから、当ブログでは生活防衛資金2年分は確保してください!って言っているのです。
それなのに、生活防衛資金どころか借り入れをした場合は、何かあった時に一発で人生破産します。

そもそも45歳で1000万円あるのならばETFでも買ったらどうか?

ここでは300万円を生活防衛資金としましょう。
NYダウのETFであるDIAを700万円分買ったら分配金利回り2.17%程度なので、年間で税引き前では15.19万円は手に入ります。
高配当系ETFであるVYMを700万円だと分配金利回りは3.54%と高いので単純に年間で税引き前で24.78万円は手に入ります。

生活防衛資金と年間分配金がセーフティーネットとなって安全性が高まります。
そこへ来て、毎月11万円投資が出来たら、5年間で660万円も投資に回せる計算ですし、その後の10年間は毎月14.5万円の支払いになっていますから、その後は月14.5万円の投資でトータル2400万円になります。
仮にVYMに投資をしたら年間分配金は109.74万円にもなります。

ここまで分配金を増やせれば余裕でしょう、実際には分配金成長もあるので、109.74万円よりも増えていると思われます。
生活防衛資金+分配金成長で安全性を高める事が出来る為、大震災リスク、失業リスクなどにも強くなります。

それに対して、借入をしてまで不動産に投資をすれば大震災リスク、失業リスクなどによって、破産する恐れがあります。

投資をするに当たってはリスクが最小が望ましい

投資では闇雲にリスクを取る必要はありません。
必要最小限のリスクで十分です。
ETFの投資では、借入を使った不動産投資に比べてコストが安く、リスクが低いのが特徴です。

DIA、VYMではリスクが高いと思うのならばVDC辺りはどうでしょうか?
生活必需品セクターは他のセクターに比べてリスクが低いのが特徴です。

参考:米国株式の各セクターETFのリスク、リターン、シャープレシオのデータ(1999年~2016年)

ましてや、バンガードのETFならばコストが最小なので、投資家の取り分が大きくなります。
VDCの場合は年間4回の分配です。
VDCの分配金利回りは年2.26%になっています。

そもそも45歳で1000万円持っていて、50歳までは月11万円、60歳までは月14.5万円も投資に回せるお金があるのならば、普通の証券投資でも十分です。

PS:実は単純にVDCを使うよりもリターンを下げずにリスクを下げる方法があります。
今月26日にアップ予定です、お楽しみに(^^)