2011年08月の記事

サッカー観戦

2011年08月26日

こんにちは。

今週22日(月)~24日(水)までタカ治療院は夏季休診とさせて頂いていました。

そんな中、休暇を利用して久しぶりのサッカー(Jリーグ)観戦に行って参りました。

                    ヴァンフォーレ甲府VS鹿島アントラーズ
RIMG1884

私はもちろん甲府の応援です(笑)

甲府にある山梨中銀スタジアム、ここでサッカー観戦をするのは約7年ぶりになります。
以前、仕事で通っていた土地です。懐かしかったですね。

試合は夜19:00開始、開始前夕暮れ時のスタジアム周辺の良い景観です。
RIMG1882


甲府盆地に囲まれた良い雰囲気のスタジアム・・・都内で観戦するサッカーとは一味違います。
久々に会うスタッフの方や懐かしいスタジアムの雰囲気を堪能し、リフレッシュ出来ました。

また、頑張って行きたいと思います!!


タカ治療院C&R at 13:22│コメント(0)トラックバック(0)

No89


以前、機械のマッサージを受けてから4ヶ月位、腰の痛みがとれず、寝返りも困難になった為整形外科を受診しレントゲンを撮った。
側彎症と言われコルセット、湿布、薬で様子を見ていたが痛みはまったく引かなかった。
親が通院しているタカ治療院で側弯症の治療も可能と聞いたので受診しました。
治療はハリとマッサージ、自宅でできるストレッチを習い、1週間に1度のペースで通院しました。
通院する毎に痛みの症状が軽減され、1ヶ月後には通院が2週間に1度、2ヶ月後にはほとんど痛みがなくなったので治療を終了することになりました。
毎朝顔や頭を洗う度、朝起きるのが怖かったはずなのに今は痛みがあったこと自体忘れてる自分がいます。
今後も習ったストレッチを忘れず実施して、痛みがでないよう自分でも努力して行きます!
通院して本当に良かったです!!ありがとうございました。


院長からのコメント

側弯症の治療と記載がありますが、これが原因による腰痛症状での来院でした。
痛みの発症から4ヶ月程度経過していたため、慢性的な痛みが強く、身体全体の柔軟性もかなり低下していた状態でした。治療はハリとマッサージを中心に週1回ペースで行い、
本人には自宅でのストレッチを毎日行うように伝えました。
記載にもある通り身体の柔軟性が出てくると並行して、痛みも徐々に軽減してきました。


タカ治療院C&R at 12:38│コメント(0)トラックバック(0)

No72


それは突然やってきました。まさに「魔女の一撃」です。花に水をやっていただけなのに・・・
妻が高木先生に以前よりお世話になっていたので、telによりいろいろ指示をいただき、2日間は寝たままの状態。その後いくらか状態がよくなり初めてタカ治療院に行くことに。
ハリは以前経験があったので特に不安もなく、マッサージ(?)も全身みながらの治療でなっとく。
傾向と対策として、姿勢が悪い、筋力が落ちているとの指摘、腹背筋の強化の運動の指導があり痛みと不安の解消の50分間でした。最近運動さぼってるな~

(※魔女の一撃=ぎっくり腰)


院長からのコメント


ぎっくり腰での来院でしたが、発生から3日目でしたので何とか自力歩行できる状態で来院されました。

痛みをかばっている影響で腰以外の部位も相当張ってしまっていたようでした。

痛みの中心を主にはり治療、張っている緊張部位のストレッチなどを行いました。
遠方からの来院の為、自宅でのストッレチ・運動(腹筋など)を指導。



タカ治療院C&R at 12:21│コメント(0)トラックバック(0)

夏季休診のお知らせ

2011年08月06日

~8月夏季休診日~

タカ治療院では下記の通り、夏季休診とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願い致します。

   8月21日(日)  休診日 
8月22日(月) 休 診
8月23日(火) 休 診
8月24日(水) 休 診

8月25日(木)AM10:00より通常通り、診療致します。


※8月26日(金)の診療に関しましては
   AM10:00~PM20:00まで行います。
(通常午後休診)



ロゴのコピー







タカ治療院C&R at 14:19│コメント(0)トラックバック(0)お知らせ │

 

No7



肩こりで来院のついで、逆子(さかご)の治療について。
30週に逆子だと判明後、すぐ来院。
1回につき20分程度のお灸。
自宅で毎日お風呂あがりに踝から指4本と足の小指に15分程度のお灸。
            ↓
1週間後、産婦人科健診後に再び来院し、お灸。
            ↓
引き続き自宅で毎日お風呂あがりに踝から指4本と足の小指(爪の横)に15分程度のお灸。
            ↓
       32周で逆子完治。

★産婦人科では逆子体操を毎日かかさずと勧められますが・・・
 体重が+15kgも増えてしまったのと忙しさの余りおっくうになり、実際のところは逆子体操は2回(15分)程度  
 しかしておらず、逆子が治ったのはお灸の効果だと思います。
★妊娠中は何かと情緒不安定になりがちですが、お灸の香りや大量の汗をかくことで心身ともにリラックスでき、
 又、逆子治療(妊娠)に対して前向きになれました。



院長からのコメント


以前から頚部・肩の痛みで通院されていたのですが、妊娠されたため安定期まで施術を休まれていました。安定期を過ぎた8ヶ月頃(28週)、肩凝りと腰痛を訴え再来院。
その際に「逆子」であることの事で「逆子の灸」を施行することになりました。
産婦人科では「逆子体操」を指示されてはいたようですが、お灸も併用。
実際のお灸での通院は2回ほどでしたが、自宅でもお灸を毎日実施してもらうよう指示。
家庭でのお灸なども継続したことで無事に32週目に逆子が完治されたようです。もともと冷え症であったようで、お灸で温め、代謝を改善・発汗作用の向上に努めたことが良かったようです。家庭でのお灸と入浴をしっかりご本人が行った結果だと思います。



タカ治療院C&R at 13:29│コメント(0)トラックバック(0)