2012年03月の記事

               No166



 テニスが好きで、40代過ぎから毎週末に練習していましたが、50才になって試合にでるようになり、練習量も週に2、3日とふやしてきました。ただ、その分身体の負担も増え、膝が腫れたり、痛くなったり、腰も重かったり痛かったりと練習が出来ない状態になりました。それで体を専門に診てもらえる所を自宅近くで探し、スポーツに
しい高木院長のプロフィールを見てタカ治療院に決めました。
小さな治療院で少し不安でしたが、実際に治療を受けると、機能的で超音波治療器などもあり、とても満足してます。高木院長は自宅で行うメニューを指導して下さるので、言われたことを出来るだけ守るように努めています。今は腰の状態はパーフェクトで全く違和感や痛みはありません。膝も少しずつ良くなっています。
運動しすぎてもタカに行けば安心なので、練習も頑張っています。
専門トレーナーを持っているようで安心できますし、アットホームな感じでリラックスもできます。
これからも末永くよろしくお願いします。


院長からのコメント

 来院時の主訴としては記述にもありましたが、腰痛・両膝痛・左肘テニスエルボーの症状がありました。
特に深刻な状態であったのは膝の痛みでした。テニスの練習量を聞いたところ、週に2~3日(当時)程度行っていたようで、身体の状態から診てかなりのオーバーワーク気味な状態でした。
身体所見的にはまず、全身の身体の硬さが強く(柔軟性欠如)比較的疲れやすい身体という印象でした。
治療に関しては本人の希望もあり、鍼治療は行わず、手技治療(マッサージ)と物理療法(超音波治療)を中心に痛みの軽減に努めました。
それから特に股関節やハムストリングス(腿の裏)の柔軟性が無く、可動域も出ていない為、柔軟性を向上すべくストレッチを指導。通院時以外は毎日コンスタントに行う事を勧め、尚且つ当時の練習量を少し減らして行くことで対応させて頂きました。
ご本人の努力の甲斐あって、柔軟性は少しずつ改善して行き、腰や膝の痛みも軽減してきています。
膝に関しては当院受診前に検査していたMRIにおいても異常箇所は無かったようで、安心してテニスをされています。また、練習後にはしっかりとアイシングやストレッチを行うように伝え、実践されているようです。
現在もコンディショニングを中心に通院。近く、テニスの試合を控えていられるようなので、怪我の無いようサポートさせて頂いています。


タカ治療院C&R at 15:54│コメント(0)トラックバック(0)

4月の休診のお知らせ

2012年03月28日

~4月 休診のお知らせ~


4月6日(金)AM10:00~14:00PMの診療は休診とさせて頂きます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご了承ください。




                                                                

ロゴのコピー




タカ治療院C&R at 13:34│コメント(0)トラックバック(0)お知らせ │