2013年07月の記事

アイシング

2013年07月08日


こんにちは。

梅雨も明け、猛暑日和が続きます。

外出時やスポーツをされる際には十分な水分補給をし、熱中症などにはお気を付け下さい。

今回はアイシングについて少し、お話しさせて頂きます。
現在ではスポーツ現場において、練習後や試合後などに当たり前のように行われているアイシング。
当院でもアイシングに関しては患者さんから質問を受ける事があります。

例えば・・・・・

・どんな時に冷やすのか?

・ケガが治ってきたら冷やさなくて良いか?

・冷シップでも良いか? 

など、アイシングに関しては意外にも不明な点が多いようです。

現在、当院でサポートさせて頂いている大学のサッカー部においては、練習後は選手が自主的に氷を準備し
15~20分ほどアイシングをしてから練習を終えます。

RIMG2737

冷やす箇所や意味合いとしては・・・・・
現状ケガをしている部位や過去に手術やケガをした古傷の部位などになります。
また、使いすぎて疲労した部位など冷やす事もあります。
野球のピッチャーなど投げ終えた後に肩や肘に大きな氷を当てているのもアイシングになります。
疲労を蓄積させないための、処置になります。

スポーツ愛好者の方もケガや痛みがあれば、運動後のアイシングは必須になります。
アイシングは出来れば練習後に氷で冷やすことがベターですが、環境的に難しければ、帰宅後にアイシングをする
ことをお勧めします。

冷シップではアイシングにはなりませんので、氷もしくは保冷剤(皮膚に直に当てないよう)など使用すると良いでしょう。

ケガの再発予防、疲労回復にアイシングをする事は大切になります。


ロゴのコピー






タカ治療院C&R at 17:16│コメント(0)トラックバック(0)

7月の休診・診療時間変更のお知らせ


◆ 7月20日(土) ◆

診療時間 9:00~16:00(最終受付15時)


◆ 7月23日(火) ◆

休 診

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご了承ください。


ロゴのコピー



タカ治療院C&R at 16:07│コメント(0)トラックバック(0)お知らせ │