2014年01月の記事

2月 臨時休診のお知らせ


◆ 2月28日(金) 

14:00~20:00診療


ご迷惑をお掛け致しますが、何卒、ご了承ください。

ロゴのコピー



タカ治療院C&R at 11:27│コメント(0)トラックバック(0)お知らせ │

~始 動~

2014年01月21日

当院でサポートさせて頂き、お世話になっている拓殖大学サッカー部。

現在、選手たちは年末よりオフ期間に入っております。

オフと言っても学生・・・・・休みなく試験の日々のようですが。

活動自体は2月の中旬よりスタートですが、本日よりリハビリ組(ケガ人)は始動でした。

朝7時の高尾に在るサッカー場には霜が降りていました。

今年もチームに貢献できるようサポートしていければと思います。

DSC_0372






ロゴのコピー

タカ治療院C&R at 14:32│コメント(0)トラックバック(0)
                 No332
院長コメント

記載には夏の初旬に痛みとありますが、初診時(8月中旬)初期症状発症より、3ヶ月が経過していました。

初診の際の所見においては・・・・・
・肩の挙上・可動域困難(前方>外転)
・鋭い疼痛
・肩関節後面部拘縮
・肩関節筋力低下などの所見が診られました。

痛み発症に伴う、原因は不明でしたが、週2回社交ダンスを行っており、肩の挙上動作は競技上多く、痛みがありながらも継続していたことで症状が悪化したような状態でありました。

治療の目的・方法としては・・・・・
まず、疼痛の軽減と可動域改善を目標に、週1回のペースで鍼・灸・関節モビリゼーションなどを行いました。

また、ホームエクササイズとして、肩後面部のストレッチや可動許容範囲での挙上訓練、チューブ(初期は輪ゴム)でのインナーマッスル筋のトレーニングなどをご本人に行って頂きました。(写真参照)

DSCF1439

疼痛の強かった当初は鍼灸治療と同時に投薬もしていたようですが、治療開始から3週間以降より可動域の改善がみえはじめ、疼痛も軽減してきたので投薬の回数も減らしていくようにお伝えしました。

これらの治療を実施しつつ、ダンスのレッスンも行って頂きました。

ご本人のリハビリの努力もあり、治療開始より1ヶ月頃より、肩周囲筋の筋力も改善が診られるようになり、肩のリハビリもチューブトレーニングにシフト。

約2ヶ月半経過時には日常生活動作(ADL)で支障は改善され、ダンスにおいても肩挙上動作以外には痛みを伴うことは無くなりました。

治療は年内継続し、ほぼ改善が得られたため年明けに状態チェックを行い現在は隔週でのコンディショニング維持に努めております。


タカ治療院C&R at 09:19│コメント(0)トラックバック(0)

2014年 新年のご挨拶

2014年01月06日

DSC_0353


新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

当院も本日より診療始め・・・・・今年は少し長めのお休みをいただきました。

昨年の12月に開院3周年を無事に迎えることができました。

今年も例年以上に精進していければと思っております。

身体の不調などある際にはご相談していただけると幸いです。

2014年度もタカ治療院をよろしくお願いいたします。

DSC_0351




ロゴのコピー


タカ治療院C&R at 17:44│コメント(0)トラックバック(0)お知らせ │