2014年10月の記事

11月休診のお知らせ


【11月】

3日(月・祝)

10日(月)

17日(月)

24日(月・祝)



 上記日時を専門学校での講義、および講習会参加のため休診とさせていただきます。
 
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご了承下さい。





ロゴのコピー






タカ治療院C&R at 10:27│コメント(0)トラックバック(0)お知らせ │

CCF20141008_00000




院長コメント

記載にもあるとおり、初診時には立位での歩行が出来ず、腰椎伸展時には右外側ふくらはぎへの強い放散痛症状が診られておりました。
過去には腰痛の既往歴なども無く、今回が始めての症状発症でした。
4診目以降に痛みの軽減は診られ始めてきたものの、ふくらはぎの鋭い痛みは変化なし。
患者さんの症状などから、脊柱管狭窄症に似た、所見が診られたため、一度、整形外科での診察を依頼。
レントゲン、MRI検査の結果、医師の診断は、椎間板ヘルニアとのこと。
鍼治療を継続しつつ、ペインクリニックでのブロック注射療法を開始していくことに。
その後、ブロック注射を週間に一度、鍼治療は週3回くらいのペースで行いました。

また、歩行が困難なため、通勤に自転車の利用を運動も兼ねて始めていただきました。
治療開始から約2ヶ月半経過時に歩様の改善が見られはじめ、同時に症状の軽減も出始めてきました。

治療開始から3ヶ月、短時間のウォーキングを開始。この時期より鍼治療も週1回にシフト。
症状に応じて、積極的に運動をしていただき、柔軟性の獲得、筋力向上を目指していきました。
同時にペインクリニックでの治療頻度も週間隔を空け、行うようになりました。
4ヶ月以降には症状もほぼ消失し、山登りも開始。

今現在は以前のように日常生活や山登りを楽しまれていられます。

治療に関しては、まじめに通院していただき、当院の勧めた診察にも快く応じていただき、診断結果を踏まえた治療が効果を出せたと感じております。
当院としては病態を明確に診断していただき、医師との連携がとれ、治療を行えた結果、スムーズに改善方向に迎えたと感じた症例でした。



タカ治療院C&R at 19:01│コメント(0)トラックバック(0)


10月 休診のお知らせ


10月13日(月・祝) は休診とさせて頂きます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承ください。




ロゴのコピー


タカ治療院C&R at 13:10│コメント(0)トラックバック(0)お知らせ │