コリとりたかの「楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

施術院をやっている本人が日常感じたことや分かったことを書いていきます。おもに、「臨床操体法」という筋肉を緩める方法で、ちょっとした体の不具合から痛みに日々トライしています!

ロコモーティブ・シンドロームって?

=======================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
=======================

こんにちは〜

かなり涼しくなってきました。
そろそろ旅行にはいい季節じゃないでしょうか?

美味しい食べ物も楽しみです。

-----------------------------------------------
「ロコモーティブ・シンドロームって?」

最近、NHKの番組などで、「ロコモーティブ・シンドローム」
という言葉がよくでてきますね!

なんかちょっと分かりにくい言葉です。

ロコモーティブ・シンドロームっていったいどういう
病気なのでしょうか?

-----------------------------------------------
そこで、調べてみるとロコモーティブ・シンドローム
というのは、

運動器の衰えや障害によって要介護になるリスクが
高まる状態のこと

らしいです。

いわゆる病気というよりそういう状態全体をロコモーティブ
・シンドロームと呼んでいるということですね。

日本整形外科学会が提唱している概念だそうです。

-----------------------------------------------
高齢者は年をとるにつれて、運動器障害がおこる割合
が高くなり、その状態が続くと歩けなくなったりして
要介護の状態へと進むそうで、厚生労働省の調べでは
要介護者になる原因の1位はこの運動器障害とデータが
出ています。

ロコモーティブ・シンドロームは略してロコモと呼ばれて
いるそうです。

なんか、メタボリック・シンドロームのメタボとよく
似ているような気がします。

-----------------------------------------------
ロコモーティブ・シンドロームの主な病名、症状としては
変形性関節症、骨粗しょう症による猫背、関節リウマチ、
脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などだそうです。

まあ、人間年をとるとひざが痛くなったり、腰が痛くなったり
背中が痛くなったりするものですが、病院に行けば
とりあえず病名をつけるものですから誰でもなってしまう
可能性はありますよね!

ちなみにあなたがロコモーティブ・シンドロームかどうかを
チェックするポイントがあるのでちょっとチェックして
みましょう。

-----------------------------------------------
「ロコモーティブ・シンドロームのチェックポイント」

(1)片足立ちで靴下を履けるか

(2)家の中でつまずいたり、足が滑ったりしない

(3)階段を上るのに手すりが必要か

(4)横断歩道を青信号で渡り切れるか

(5)15分ぐらい続けて歩けるか

(6)買い物で2kgぐらいの荷物を持って帰れるか

(7)布団の上げ下ろしが大変でないか


というものです。

-----------------------------------------------
う〜ん。(1)の片足立ちで靴下を履くというのは、普通の
人でも結構大変ではないでしょうか?

太っている人ならお腹がジャマをしてなかなか靴下を
履けないかもしれませんね!

(2)の家の中でつまづくというのも単に筋力が衰えている
というだけではなくて、筋肉が凝っていてうまく筋肉が
伸び縮みしなくて働いていないという可能性だってあります。

あくまでチェックポイントは参考ということでいいので
はないでしょうか?

-----------------------------------------------
高齢化にともなって、以下に病気をせずに健康でいられるか
ということが大切ということで厚生労働省も力を入れ始めて
いるようです。

要介護になると介護保険料がかかりますし、医療費の増大を
抑えるためにもこういう考え方も導入していったほうが
いいのかもしれません。

ただ、この考え方を利用してどこかの団体の利権に
ならないようにはして欲しいところです。

-----------------------------------------------
ロコモーティブ・シンドロームのチェックポイントには
年をとるとどこかに当てはまりそうなことですし、
だからといって無理に体を鍛えるというわけにもいきませんし、
関節の変形症の場合は下手に動かさないほうが良い場合
もありそうです。

まずはストレッチやウォーキング、適度な体操を続ける
というのがいいのではないでしょうか?

ひざの痛みがある人は特に膝のまわりの筋肉をストレッチ
などでゆるめてからウォーキングをするといいでしょうね!
========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
========================
臨床操体法 早わかり講座


毎日 操体レッスン


「肩こり・腰痛の簡単解消法」(pdf版)無料
 (見やすくA4版に変更されました。B5版で見にくかった方は
 再度ダウンロードしてみてください!。)
 臨床操体法で肩こりを軽減する方法が書かれています。
 一部だけですが興味のある方はダウンロードしてみてください。


「臨床操体法全身セミナーDVD+テキスト」□「臨床操体法 これは使える! 部位別不具合解消テクニック」(冊子版)

ひざの関節と位置

「ひざの関節と位置」

ひざの具合がいまひとつという人もいますね!

ひざの痛み以外にも正座ができないとか座るときに
ひざが鳴るなんて人もいますね!

 ひざの軟骨がすり減っているために痛みが出ると
言われてヒアルロン酸の注射をした人もいます。

年を取ればどうしても軟骨はすり減ってしまうと思う
のですがみんなひざが痛くなるわけではありません。

-----------------------------------------------
もしかしてひざの関節が正しい位置に関節していない
のかもしれません。

ひざの関節を動きやすくするためには以前にも書きま
したがひざの周りの骨に付着している筋肉を緩める
事によって動きやすくなります。

関係する筋肉には腓腹筋、膝窩筋、半腱様筋、
半膜様筋、大腿二頭筋、薄筋、縫工筋、大腿四頭筋
があります。

-----------------------------------------------
それぞれその筋肉が凝っているか確認してみましょう。

そして、凝っている筋肉を緩めていきます。
その後、足を持ってひざの周りをグルグル回して
いきます。

そうするとひざの動きがよくなってきます。

-----------------------------------------------
でも、それでもたまに
「どうもまだスムーズに動いていない」
と思うことがあります。

そういう時はひざから下の脛骨の縦方向の回転に対して
調べてみましょう。

いわゆる腕の回内・海外と同じ動きです。
この動きを良くするためには、まずうつ伏せになって
もらい、片ひざを直角に曲げます。

ひざを曲げることによって大腿骨まで動くのを防ぐことが
できます。

その状態で足先を左右に回転させて脛骨の動きをみます。

その後、まず内側に回転させるように力を入れさせて
脱力。
次に外側に回転させるように力を入れさせて脱力します。

最後にひざの周りを足首を持ってぐるぐる回転させます。

そうするとひざの関節が本来の位置にもどって曲がりや
すくなります。

両方のひざに対して同様のことを行なってみてみましょう。

楽になったとか、ひざがよく曲がるようになったとか言われ
たりしますよ。

ぜひ試してみてください。

========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
========================
□臨床操体法 早わかり講座


□毎日 操体レッスン


□「肩こり・腰痛の簡単解消法」(pdf版)無料
 (見やすくA4版に変更されました。B5版で見にくかった方は
 再度ダウンロードしてみてください!。)
 臨床操体法で肩こりを軽減する方法が書かれています。
 一部だけですが興味のある方はダウンロードしてみてください。


□「臨床操体法全身セミナーDVD+テキスト」
□「臨床操体法 これは使える! 部位別不具合解消テクニック」(冊子版)




ひざが痛い?

「ひざが痛い?」

先日、ひざが痛いって言ってやってきた女性がいました。

「ひざ」

と思っていましたが、実際に聞いてみると、なんと
彼女の指さしたところはひざより下の部分。

ふくらはぎのやや外側あたりでした。

ちょうど腓骨筋の起始あたりです。

まあ、ひざに近いので

「ひざが痛い」

といったのでしょうが、人によって言葉で伝える部位と
認識している部位の範囲って結構違うものです。

-----------------------------------------------
「腰が痛い」

と言いながら、背中の下あたりを指さす人もいませんか?

相手の言葉で先入観を持ってしまうとダメですね!

きちんと指さしてもらって触診しないと…。

-----------------------------------------------
肩こりの場合だって必ずしも肩甲挙筋や頭板状筋が
凝っているというわけではありませんね。

実際に触ってみても凝っていない時もあります。

がよく調べてみると肩甲骨に付着している棘上筋の
ばあいだったり、背骨のあいだの多裂筋だったりと
いう時もあります。

人によって肩こりの範囲はいろいろ違うようです。

-----------------------------------------------
また実際には不具合を訴えていないのに施術中に分かる
時もあります。

動きの中で感じた痛みや違和感を言ってもらうとその動き
に関する筋肉が凝っているということが分かります。

それに1つの筋肉を緩めると相対的にその周りの筋肉の
凝りが出てきて

「今度はこっちが…」

なんてこともありますね。

みなさんもそんな経験はありませんか?



========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
========================
臨床操体法 早わかり講座


毎日 操体レッスン


「肩こり・腰痛の簡単解消法」(pdf版)無料
 (見やすくA4版に変更されました。B5版で見にくかった方は
 再度ダウンロードしてみてください!。)
 臨床操体法で肩こりを軽減する方法が書かれています。
 一部だけですが興味のある方はダウンロードしてみてください。


□「臨床操体法全身セミナーDVD+テキスト」
□「臨床操体法 これは使える! 部位別不具合解消テクニック」(冊子版)

あなたはこんな時どうする?

みなさんはお店に来られた方の症状で

「どうしよ〜」

と思ったことはありませんか?

肩こりや腰痛、ひざ痛など筋骨格系の不具合なら
大体の予測はつくのですが、中にはちょっと困って
しまう時もあります。

先日もこんなことがありました。

「疲れたりすると左のまぶたが開きにくくなるんです」

ということで来院されました。

-----------------------------------------------
まぶたが開かないということは普通に考えると

・まぶたを開ける筋肉に問題がある
・まぶたを開ける筋肉への神経に問題がある
・ストレスなどが原因

などと考えてしまいます。

臨床操体法は筋骨格系に関する療法ですのでもしかして

ちょっと効果がないかもって思ってしまいました。

ほんと

「どうしよ〜」

って思ってしまいますよね!

みなさんはこんな時どうしていますか?

-----------------------------------------------

私はこんな時はまずストレートに

「お医者さんにいきましたか?」

って聞いちゃいます。

そうすれば眼科に行ってどうのこうの検査をしてもらったとか

いろいろな情報を得ることができます。

また、他の治療院にいったかどうかも聞いてみたりします。

さらに自分で問診します。

左のまぶたですから左の眼の奥が痛くならないかとか
左の後頭部が辛くならないかとか聞きます。

そうするとだんだんと類推できるようになってきます。

今回は眼の奥が痛くなるとか後頭部がつらいとか訴えていたので

「もしかして左の頭板状筋かな?」

という推測ができました。

-----------------------------------------------
で次は触診です。

臨床操体法の場合は圧痛点やトリガーポイントを押してみたり

直接筋肉を押して硬さや痛みを確認したりします。

今回は特に頭板状筋の部分を確認すると思っていた通り凝っていました。

それに結構他のところも凝っていたりしていました。

今回のように実際に

「筋肉と関係あるかな?」

と思ったお客の訴えでもうまくいったりすることがあります。

その他にも楽にはなったけどまだ少し痛みが残っているということもありますし、
不具合ががあるという部位とは違った所の筋肉の凝りが影響している場合もあります。

施術に関しては経験も必要ですし、まだまだわからないことっておこります。

人間の体というのは複雑で興味深いです。



========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

========================
□臨床操体法 早わかり講座


□「肩こり・腰痛の簡単解消法」(pdf版)無料
 (見やすくA4版に変更されました。B5版で見にくかった方は
 再度ダウンロードしてみてください!。)
 臨床操体法で肩こりを軽減する方法が書かれています。
 一部だけですが興味のある方はダウンロードしてみてください。


□「臨床操体法全身セミナーDVD+テキスト」
□「臨床操体法 これは使える! 部位別不具合解消テクニック」(冊子版)




脊柱起立筋は頭まで?

肩こりとか首こりとかで特に注意を払わなければ
ならない筋肉といえば肩甲挙筋や頭板状筋、頭半棘筋、
斜角筋、僧帽筋、後頭直筋などですよね!

本人のつらい箇所から凝っている筋肉を推測したり
実際に圧痛点を押したりして確かめます。

特に肩甲挙筋は多くの人が肩こりで凝っているので
必ず確かめないといけませんね!

また肩こりで頭痛がするという場合は頭痛の部位は
どのあたりが特に痛くなるかとかも聞かないといけ
ません。

偏頭痛の場合は片方だけ凝っている可能性もあります。

首の付根には前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋の3箇所を
押してみて確かめるといいですね。

-----------------------------------------------
肩こりや首こりの人はだいたいこれらの筋肉を見て
いればいいのですが、たまにちょっと違った部位に
コリや痛みを訴える人がいます。

ちょうど後頭部の軸椎あたりから外側にいった側頭部
なのですが。

頭板状筋にしてはちょっと下ですし、後頭直筋にしては
横すぎます。

実は脊柱起立筋はもっとも上部には頭最長筋というのが
側頭部にまで伸びています。

この筋肉がこっている場合もあります。

こういう場合は頭の部分だけではなくて背中から丁寧に
脊柱起立筋を緩めていってあげるといいですよ。

肩こりといっても人それぞれいろいろなケースがあるので、
その人の不具合のある部分を詳しく聞きながらしないと
いけませんね!


========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
========================
□臨床操体法 早わかり講座

□「肩こり・腰痛の簡単解消法」(pdf版)無料
 (見やすくA4版に変更されました。B5版で見にくかった方は
 再度ダウンロードしてみてください!。)
 臨床操体法で肩こりを軽減する方法が書かれています。
 一部だけですが興味のある方はダウンロードしてみてください。

□「臨床操体法全身セミナーDVD+テキスト」

■「臨床操体法 これは使える! 部位別不具合解消テクニック」(冊子版)




筋肉は知っている?

施術を行なって筋肉を緩めたはずなのに、次に来店された
時にはまた同じ部位がこっていたという経験はないでしょうか?

というかよくあることではないでしょうか?

人にはそれぞれ動作にクセがありますし、そのクセで
いつも使っている筋肉がコリやすいとも考えられます。

-----------------------------------------------
ただ、同じ部位がコるのはその人のクセだけでしょうか?

筋肉は緩んだままだったりコったままだったりすると
体を思うように動かすことは出来ません。

また、立っている時や座っている時には体勢を維持する
ために筋肉は働いています。

ご存知のように筋肉には筋紡錘とゴルジ腱という2つの
センサーが存在しています。

筋紡錘は筋肉の伸びを腱紡錘は筋肉のハリを見ています。

-----------------------------------------------
これらのセンサーにより個々の筋肉はその張り具合や
伸び具合の情報を覚えていると考えられます。

だから、いままで凝っていた筋肉も一時的に緩めても
その情報を覚えていて元に戻りやすくなってくるのでは
ないでしょうか?

臨床操体法では筋肉の拮抗的反射を利用して筋肉を
緩める方法ですので、施術時には筋肉には伸びるように
指令が入ります。

そのため2回、3回と施術を行ううちに筋肉の情報も
書き換えられていくのか、そのコリはなくなって来ます。

もちろんその人のクセも大いに関係していると思いますが…。

P.S.
新しいDVDはやっと完成しました。

テキストの一部や映像の一部はここからご覧になれます。

【目次】
-------------------------------------------------
はじめに

1.やり方と基本原理
2.肩こり
3.首のコリ・寝違え
4.背中のコリ
5.胸のコリ
6.手のしびれ
7.坐骨神経痛・足がしびれる・股関節
8.ぎっくり腰(腰痛)
9.腰痛(その他)
10.骨盤の歪み
11.五十肩(腕が上がらない・背中側にいかない)
12.ねんざ
13.O脚
14.外反母趾
15.つまずきやすい
16.かかと・ふくらはぎの痛み
17.頚椎の矯正
18.ひざの痛み・正座できない
19.大転子下がだるい
20.ひじが痛い
21.うつむくと胸が痛い・肋間神経痛

おわりに
-------------------------------------------------

ご購入希望の方はこちらからお願いします。

「臨床操体法 これは使える! 部位別不具合解消テクニック」(冊子版)


「臨床操体法 これは使える! 部位別不具合解消テクニック」(PDF版)



まだ詳しく説明したHPはできていませんのでご了承くださいm(__)m


========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
========================
臨床操体法 早わかり講座

「肩こり・腰痛の簡単解消法」(pdf版)無料
 (見やすくA4版に変更されました。B5版で見にくかった方は
 再度ダウンロードしてみてください!。)
 臨床操体法で肩こりを軽減する方法が書かれています。
 一部だけですが興味のある方はダウンロードしてみてください。

「臨床操体法全身セミナーDVD+テキスト」

「臨床操体法 これは使える! 部位別不具合解消テクニック」(冊子版)



患者に実感してもらうために

=======================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
=======================

アンケートや質問の中で、

「体の歪みや腰の歪みをなおしても患者さんに実感してもらえない」
というものや

「歪みがすぐに戻ってしまう」
というものがありました。

実際、体の痛みや辛いというのは実感してもらいやすいですが、
体の歪みや腰の歪みは痛みもないため実感してもらいにくいです。

そういう場合は視覚で実感してもらえるようにしてはいかがで
しょうか?

たとえば、はじめのチェックの時に足の長さに違いがあれば
両手で足のくるぶしを持って、さらに両足を少し上げて

「足の長さがこんなに違いますよ〜」とか

腰が曲がっていれば左右の腸骨稜の上に人差し指を当てて

「腰もこんなに曲ってますねぇ」

なんて本人に見て自分の体が歪んでいることを実感してもらい、

施術後にまっすぐになったらもう一度足や腰の部分を見せて

「左右揃ってまっすぐになりましたよ!」

とまっすぐになったことを視覚で納得してもらったりしても
いいのではないでしょうか?

施術も患者さんに納得してもらわないといけませんから
それなりに工夫してみては

次に施術中に歪みが戻ったりしたときは筋肉が
緩みきっているかどうか確認してみるといいです。

腰がまた歪んでしまったら半膜様筋や半腱様筋、腰方形筋などが
緩みきっていないことが私の経験上多いです。

また、体の歪みは長年の歩き方や癖によって出来たことが多いので
時間が経つともとのように歪んでしまうことも多いです。

そういう時は2回、3回と続けていくうちにだんだんと歪みは
なくなってまっすぐになってくると思います。

年齢も筋肉の緩み具合も歪み具合も人によって違いますので
自分なりに考えながら施術してみてもいいかと思います。



========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
========================
臨床操体法 早わかり講座


「肩こり・腰痛の簡単解消法」(pdf版)無料
 (見やすくA4版に変更されました。B5版で見にくかった方は
 再度ダウンロードしてみてください!。)
 臨床操体法で肩こりを軽減する方法が書かれています。
 一部だけですが興味のある方はダウンロードしてみてください。


「臨床操体法全身セミナーDVD+テキスト」



背中の筋肉

「背中の筋肉」

自分でケアしようと思ってなかなかできないのは
自分の背中の部分ですよね!

背中は自分ではなかなか手が届きませんから。

湿布薬を自分で貼るにしてもなかなかできません

だから、人に貼ってもらったり、リラクゼーションサロン

に行ったりして背中を揉んでもらったりするのでしょうね!

-----------------------------------------------
背中をどうにかしたいと思う部位は肩甲骨と背骨の間

あたりが多いのではないでしょうか?

背中の筋肉といえば、まずはじめに脊柱起立筋が思い
浮かびますね!


脊柱起立筋は他の筋肉のように一つの筋肉ではなくて
付着部位がそれぞれ肋骨だったり腸骨稜、棘突起だったり
します。

ですから脊柱起立筋を緩めるといっても腰から背中、
頭の方まで一様に緩まない時もあります。

そんな時は実際に背中を触ってみてどこが緩んでいないか
確かめてみるといいですね。

臨床操体法で脊柱起立筋を緩めるのも曲げる角度を変えて
みたり、肩を引っ張る角度を微妙に変えてみたりして
緩んでいない部分を緩まます。

ただ背中は脊柱起立筋を緩めるだけではスッキリしない
場合もありますよね!

背中が詰まる感じの場合は菱形筋の場合もありますし、
部分的につらい場合は回旋筋や多裂筋の場合もまります。

背骨を両指でなぞっていくと、つらい部分の棘突起が
つらい方向に曲がっている場合が多いですよ!

一度試してみてくださいね!



========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
========================
臨床操体法 早わかり講座

「肩こり・腰痛の簡単解消法」(pdf版)無料
 (見やすくA4版に変更されました。B5版で見にくかった方は
 再度ダウンロードしてみてください!。)
 臨床操体法で肩こりを軽減する方法が書かれています。
 一部だけですが興味のある方はダウンロードしてみてください。

「臨床操体法全身セミナーDVD+テキスト」


ベーシックセミナーDVD
 日常でよくあるからだの不具合を「臨床操体法」で
 対処する方法のセミナー映像。(テキスト付)

「腕が上がらない」(三角筋編)

「腕が上がらない」(三角筋編)

手が上がらないというという人も多いですね!

普通は四十肩とか五十肩とか言っています。

こんな時は私はまずは棘上筋の拘縮を疑いますが、
他の筋肉の場合もよくあります。

上腕三頭筋だったり、三角筋、大円筋だった時も
あります。

-----------------------------------------------
まずは、どんな動きをしたときに、どこに痛みが出る
とか、違和感があるとか聞いてみると、不具合の筋肉が
分かりやすいです。

実際に不具合がある筋肉を押してみるのも痛みがあったり
して分かります。

ひとつの筋肉だけでなく複合的に凝っている場合も
あります。

不具合があれば実際にその筋肉を緩めるようにします。

-----------------------------------------------
先日も手が上がらないという人がやって来ました。

はじめは棘上筋かなと思っていましたが、調べてみると
三角筋前部であることが分かってきました。

三角筋は腕を体の横方向に上げていくときのはじめの時と
水平から上に上げるときに使う筋肉です。

だから水平から上に上げることができなくなっていました。

そんな時、臨床操体法では腕の脇をしめながらひじを
軽く曲げて、ひじを前方に押し出させるとともに
手は肩の方向に動かさせて抵抗を加えます。

そうすると三角筋の前部の筋肉が緩んできます。

反対にひじを前方に押し出させながら、手をおへその方向
に動かさせて抵抗を加えると、三角筋の後部がゆるみます。

長い間、腕が上がらなかった場合はなかなか緩まないので
日常生活でお風呂に入った時などにストレッチとかして
三角筋を伸ばすようにしてもらう時もあります。

筋肉を押して痛みが減少していたらうまくいっています。

腕を上げてもらって前より上がるようになっているか
確かめてもらいましょう。
========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
========================
臨床操体法 早わかり講座(無料)

「肩こり・腰痛の簡単解消法」(pdf版)無料
 (見やすくA4版に変更されました。B5版で見にくかった方は
 再度ダウンロードしてみてください!。)
 臨床操体法で肩こりを軽減する方法が書かれています。
 一部だけですが興味のある方はダウンロードしてみてください。

「臨床操体法全身セミナーDVD+テキスト」

ベーシックセミナーDVD
 日常でよくあるからだの不具合を「臨床操体法」で
 対処する方法のセミナー映像。(テキスト付)



股関節の筋肉

股関節に痛みがある人もいますね。

女性はホルモンの関係から閉経後に骨粗しょう症という
病気になって股関節に不具合が出る人が多いそうです。

そのため手術で人工関節を埋め込むという方法もあり
ます。

だけど、手術前に比べて可動域が狭くなったり、10年
以上経つとまた手術をしなければならないこともあるよう
です。
ですので、なるべくなら手術をしたくないという女性も
おられますね。

男性でも股関節が痛いという人がいますが、骨にまで
不具合があるという人は少ないようです。

-----------------------------------------------

股関節は大腿骨と腰の骨てある腸骨との間の関節です。
上半身の重力の半分をここで支えている重要な関節ですね。


股関節に問題がある人は股をスムーズに広げるのが
できないという人がほとんどです。

股関節の周りの筋肉を緩めてあげるわけですが、この
場合、いつも広げていないので内転筋とか半膜様筋、
半腱様筋とかがこっている場合が多いですね。

患者さんがどういう動きをしたときに痛みが出るか
を詳しく聞いておくのも重要です。

そしてもう一つ注意するといいのは拮抗筋の存在です。
たとえば股関節が広げられなくて恥骨筋などに痛みが
ある場合は小殿筋に不具合が見つかる場合があります。

痛くて筋肉を動かさないでいるとその拮抗筋まで働か
なくなっていたり、凝っていたりします。

股関節だけでなく他の部位でも起こるので、なかなか
こりが取れない時には調べてみるといいかもしれません。

========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)


========================

「肩こり・腰痛の簡単解消法」(pdf版)無料
 (見やすくA4版に変更されました。B5版で見にくかった方は
 再度ダウンロードしてみてください!。)
 臨床操体法で肩こりを軽減する方法が書かれています。
 一部だけですが興味のある方はダウンロードしてみてください。


「臨床操体法全身セミナーDVD+テキスト」



ベーシックセミナーDVD
 日常でよくあるからだの不具合を「臨床操体法」で
 対処する方法のセミナー映像。(テキスト付)
治療家なら必見!
臨床操体法セミナーDVD