県議会の一般質問にたち大震災津波からの復興などを取り上げました。被災者の孤独死が増加し2010年は前年の2倍の21人が亡くなっています。1000人を超える孤独死を出した阪神・淡路大震災の教訓を生かし抜本的な対策を要求しました。達増知事は、「孤独死が累計80人に及ぶなか被災者が地域で孤立を深めることのない対応が必要、生活支援相談員も継続配置する」と答弁した。