地図3月3日 曇/晴 13℃
北東風 0~1m/s (午前)

海況 ★★★★ (午前)
波・ウネリ ~0.5m
行程 35km
チーム・ベルーガ 6艇

表紙

横浜のシーカヤック・ビルダー「ホリデークラフト」の新艇をお借りして『三浦半島一周キャンプツーリング』に同行させて頂ける事になった。ベルーガさんの念密な計画の基、精鋭なる7名が立ち上がり一泊2日のツーリングを慣行する。

三浦半島一周・・・ 三浦ホームのCowとしては是非やってみたかった計画だった。お得意の「そのうち・・・」と後回しにしていて数年経ってしまっていた。なのでこれは良い機会なのだ 
特に第一日目の「八景島〜宮川湾」は一般的になかなか漕ぐ機会が無いと思う。なので今回の漕ぎ日記は一日目を前編・後編に分けてフィールド紹介を交えて進行したいと思うのです。同企画を遂行する予定の人の参考になれば、これ幸い。

―伉出艇は金沢八景島・海の公園
一番遊園地寄りの駐車場(早朝から開場)から浜へアクセス。幸い風は無風です。風予報も今日一日良い感じで一同悦び勇んで出発! (数時間後・・・ギャフンな海況が待っているとも知らずに・・・

∪崚ジェットコースターを通過して一気に対岸へ。
大きな貨物船をやり過ごすと直ぐに「赤灯台島」が見えて来た。
ここはかなりの難所。無風だったこの時でさえ、微妙な三角波が立っていた。もしそこそこの北風が吹いていたら、だいぶ手こずる海況になっていたに違いない。冬の時期は注意が必要だ。

イージス赤灯台を通過すれば田浦の自衛隊や米軍横須賀港は直ぐだった。入り組んだ陸路よりも早い気がする。横須賀本港寄りの海域は立ち入り禁止海域。当初、米軍エリアの通過は緊張が孕むと思って警戒していたが、あっさりと通過してしまった。かえって左サイドに密集する漁船の方が気になっていた。写真は本港沖のイージス艦。「亡国のイージス」を読む限り、もう我々はレーダーによって捕捉されているハズなのだハープーンを打ち込まれないうちにさっさと離脱

け酖人類で「月の裏側」を見たことがある人は何人なのだろう?
横須賀市民に馴染みが深い「猿島」の裏側も月に匹敵するくらい映像が乏しい(ホントかよ)
三浦在住四十ウン年のCowでさえ、この日初めて海上から目視した。要塞が残る「猿島」 今ではすっかり整備されてお散歩コースが出来ている。対岸の三笠公園から定期船在り。今度、子供連れで(定期船で)プチ探検に行こうと思っている。(誰か行かない?)  島の南側に回るとカヤックの休憩にもってこいの小さな砂浜が在る・・・けれど全島、定期船客以外の立ち入りは禁止 行政にシーカヤック着岸を掛け合っても駄目であった

ト電海況の良さもあって第一上陸地点「観音崎」にはすんなり到着した。公園でランチ休憩。今回使用させて頂いている新艇Dio インプレは後編に。只、この時点でCowの腰に違和感が・・・ 自分は腰骨の関係で大きめなバックレストが苦手なのだ。メーカーさんには悪いけれど、ちょっと外させて頂きベルトだけで腰をホールド。これで無敵な程に復活! (シーカヤックに乗ると腰痛が出る人は一度バックレストを疑ってみるのも良いかも知れない。勿論、個人差で一概には決められない事は言うまでもない)
さて、観音崎を出発して久里浜港を通過。本日行程の中間点「あしか島」に差し掛かった。前方に悪名高き難所「久里浜発電所堤防」が見えてきた。
果たしてこのままノホホン・ツーリングで終始するのか? 

怒涛の「中編」に御期待アレ!