4月13日(土)
快晴 気温:16℃ 水温:17℃
風 am:北東5m/s
風 pm:南西3m/s
海況 ★★★★
波:0.5m うねり:微小

13.0km

オ〜ラ・ヤスさん・カメさん
k隊員・Q坊

ひょうし

Screenshot_20190413-143101

本日のブリーフィング

高気圧ド真ん中! 
特に天候の警戒は無し。

(気象庁提供・フリー素材)
19041312



前回のザトウクジラ探訪の漕ぎは衝撃でありました。

長年シーカヤックやってるけれど、あんな経験は初めてだったもの。

1--



是非とも自分もこの目で見たい、、、 

という御仲間のリクエストにお応えして、本日も鯨を目指してスタンド・バイ・ミー漕ぎ。

総勢5艇で葉山出艇
2--



桜の花は散って葉桜に・・・

海もすっかり春のコントラスト
3--




今回オ〜ラ爺は記録係りに徹する所存です。

是非ともクジラは皆さんで見つけてほしい。

その方が感動の度合いが大きいと思うので。
5--



そんな訳でクジラ捜索隊長はk隊員に一任です。

k隊員は死体捜索のプロフェッショナルだった過去があるのです。

4--



その昔、川口浩探検隊の正隊員だった経歴を持つk氏・・・

青木ヶ原の樹海探検でリアルに遺体を見つけた体験の持ち主です (実話)

そんな隊長の活躍もあって、無事に目標に到達。
6--



漂着位置も腐敗の進行も、以前とあまり変わり無し。

7--



今回は他のカヤックが画面に入るので、大きさの比較がしやすいですね

8--

9--



水中での撮影に成功。

海中では口が開いた状態です。

ザトウクジラの特徴の一つである、背びれ突起が確認できます。
(仰向けの状態で漂着してます)

10--


尾びれに定置網ロープが絡んでいます。

亡骸が移動しないのはこのためでしょうか。
(それとも人為的にこうしてる?)

これでは尾が千切れない限り漂流が始まる事は無さそうです。

11--




以前見た海洋生物のドキュメント映画のとあるシーンに痛く感動したオ〜ラ爺

大荒れの海をゆくザトウクジラの親子・・・
弱々しく進む子クジラの傍らで、母クジラがロールを繰り返しつつ併走してます
それは、何故か?
荒れた海で子供が迷子にならないよう、
ときおり海面をヒレで叩いて母の居場所を教えている、、と解説がありました。

感動しませんか? ヤスさん!!

この呼びかけに同調してくれるのが心優しきヤスさん
P4130059



母とはぐれて命を絶った子クジラに捧げる、、 、鎮魂のクジラ傍らロール

12--



合掌して帰路に就きます

13--



昼食は佐島バーガー

14--



ポッカポカの芦名海岸で暫くゴロ寝雑談

このまんまじゃ帰りは眠いなぁ〜

程よいドM漕ぎで帰りたいなぁ〜

15--


と、期待したものの、

南風はせいぜい4m位。 さざ波でやんす。

16--



もうそろそろ春濁りの海になりそうな気配。

透明度の高い海を漕げるのも、もう僅かかもしれません、
17--


立石経由の岸ベタ航路

18--




そろそろ新緑の季節到来ですな 

19--



葉山公園での撤収を終え、帰り間際エピソード


「ヤスさん、、魂を慰めてくれたことに感謝して、クジラの霊が憑いてきてるかも知れませんよ?」

「ええ〜 やめてよぉぉ

そんな談笑を終え、帰りましょうと立ち上がった時、ヤスさんが奇声をあげた。

「ああ! ズボンのお尻がぐっしょり濡れてるぅぅ

無意識に潮吹いちゃったんだね。

やはり子クジラの霊が悦んで、ヤスさんに憑いて来たに違いない

20--