上越市寺町2・3丁目一帯の寺社群を巡る
第2回寺町まちづくりフェスティバル(寺町まちづくり協議会主催)が
9月30日(日)に行われました。

65カ寺社の特色ある寺宝や境内が一般公開され、
市内外の参加者がそれぞれにまち歩きを楽しまれたようです。

数百年前に開山した古刹(こさつ)が
住宅と混在する寺町かいわい。

松平忠輝の高田開府400年が2年後に迫る中、
「歴史・文化を大勢の方に知ってい ただきたい」(木村廣同協議会長)と
各寺院などと周辺町内会が協力し、
昨年から企画しているイベントです。

受付で発行される「御朱印帳」を手に、
スタンプラリー形式で各寺院の朱印を収集する方も
多く見られました。

善導寺(内山順一住職)本尊の善導大師像(国指 定重要文化財)や、
約600年の歴史を持つ常国寺(丸山寿一住職)の谷文晁作6曲1双びょうぶなど、
身近に残る寺宝の数々。


今年初めて上越高食物科生徒が

市内の菓子店3店舗とオリジナルのお菓子を共同開発。

同校前や4カ寺に設けられた茶席で販売し、好評を博しました。

同校体育館で三幼・保育園児の絵画展、飲食物販売も行われました。 


(2012年10月1日 上越タイムス記事より引用)

http://www.j-times.jp/news.php?seq=6129


s_IMG_0619 s_IMG_0642

s_IMG_0630 s_IMG_0683

s_MG_0048 s_MG_0029
s_IMG_0745 s_IMG_0706

s_MG_0023 s_IMG_0656

s_IMG_0695