March 09, 2017

Ti ponchのレシピTaha'a

2 bouchons du Rhum
3 citrons si petit
1 1/2 cuiller du sucre
1 cuiller miel de taha a


pension Hibiscus のおばさんの秘伝レシピ。
ティポンシュといえば、タヒチレモンしぼって砂糖まぜてラム酒をいれて氷でロックにして飲むっていう簡単ないつものやつ、なんだけど、驚くくらい美味しかったのでびっくりして作り方を聞いたところ。
キィは、レモン汁がたっぷりなのと、タハア産の蜂蜜!














  
Posted by takaex at 10:25Comments(0)TrackBack(0)bar  

January 30, 2017

ポルトガルのワイン

TERRAS
ALTAS
D~AO 2007

JOSE MARIA DA FONCECA

TOAOKで1700とか

ポルトガルのワインなんて珍しい!と興奮して買った1本。
もったいなくてあけないうちにまた1年がたち、2017年になってあけたら実は10年ものっていう・・・
どんなものかと期待度が高かったのだけど、Tastingノートを残すほどでもないのみごごち、10年ものなのでとにかくマイルド、すいすいっと入ってしまった。

裏ラベルはPORTOGUISEと英語の表記。
その下に
D~AO
D.O.C
とあることから、登録産地のちゃんとしたものだってことがわかる。

でもなんだろ、おおーーっていう感じではなかったのが気にかかる。

英語部分
TERRAS ALTAS han an earthy, wet root aroma....
ここでEarthy という表記にとても納得。大地、土、土地、をとても感じた。
followed by a soft and round, balanced body,
ラウンド、丸っこくてバランスがとれている、まっさしくそうだった。

NX-636296
とシリアルナンバーがあったのも気になる。
そこまでどかーんという印象はなかったワインだけど。。セパージュの表記もないけど。。
何せ10年だからね・・・。
imf,pt







  
Posted by takaex at 15:57Comments(0)TrackBack(0)vin 

January 25, 2017

chablis 確か

MAIGNY とかなんとかいうCHABLIS
ICTで。
SとJと一緒のときだから、昨年の8月。私のNZの帰り、Jの一旦帰国のフライトの日、Sの1weekVacの最中〜
あまりB=Rにはシャブリの手ごろなのがなくて(もともと高級なのでしかたないが)、スーパーでもレストランでもホテルにしても、このマイニー?しか選択肢がない。タヒチでも同じ状況で。つまんない= pfには種類がはいってきていない。
逆にニホンではお高くて縁がなかったけど、前回帰ったときは、あ、なんだ、そんなもんなんだ、と思った感。ものにもよるんだろうけど、すっかりこっちの物価感覚がついてしまっているせい。OUI, 2017年はいいのを飲もうかね。(⌒-⌒)

メモより

コク
アプリコット
メロン
ピーチ
イエローフルーツ
アーモンドシロップ
グリーンノート
ハーブ
マンゴーの皮
バナナのみどり
花のみつ 白い花の
--------------------

グレープフルーツの苦み すっきりさ
白い皮のところ






  
Posted by takaex at 04:12Comments(0)TrackBack(0)vin 

January 24, 2017

ハシリガキmemo 2013

meadow DANAKIL
fregate crotte de nez
merde
margalite

ベネッサパラディー Ben--ギタリスト  (ベ!)
calvin so close to you

------------------------------------

poRte JaRtelle
-
Moresque
-

----------------------
le voile du
silence
Freeman

Abdel Kader

---------------------

Americano 1/3 Campari
1/3 Matini Rosso
1/3 Dry Martini
Aperol

Negroni (Best for me)
same than
Americano
+
Gin
1/4, 1/4, 1/4, 1/4,

------------------------


2017年に整理している・・・

わたしが知らないことをいーーーーっぱい知っていて、ちょっと話すだけでわたしの好みをちゃーんと把握しておすすめをだしてくる。音楽もお酒も食も。
guitarもrapもたくさんの指南。そんなメモがのこる。


----------------これは別のメモかもしれないが また一葉。mon ecrit2だけど

Andy Mckee -----------------> 聴いてみたら。。oh my g'd
a' couper le souffle

lysergic acid diethylamide
   リゼリグ酸
   麦掻く菌

Narcotics ---------------------> 調べてみたら 麻酔薬 麻薬って。


Desir Noir

--------------------------












  続きを読む
Posted by takaex at 17:58Comments(0)TrackBack(0)qui ... 

January 16, 2017

PU RO I NI

IMG_6458


IMG_6460



プ ロ イ ニ という名のプランテインバナナ〜

いやぁなかなか名前が覚えられず。メモしても発音しても大分かかった。


見たことはあったような気もするし、モツピクなんかで食べたことがあったような気もする。輪切れを。
でも自分でひと房買って、調理して食べたのは初めてでとても印象深く記憶に残った。
あぁ。
ウルのような香りでもあるしタロのような風味でもある、華やかな香りとしっかりとしたトロピカルな甘み、いやそれだけでなく、マンゴーとかパパイヤとか、いろんな大好きなボラのあれこれが凝縮されたような独特の香りに酔いしれる。
フェイと同じく、”調理用だよ、バナナとは違うからね、必ずcuirしてよ!”と誰にでも念を押される・・・
わかってる、わかってる、といいながら、何が理由でそういうんだろう、フェイもこのバナナも生のままで味見してみたけど全然普通においしかったし。cuirしたほうが味がでて美味しくなるっていうんならわかるけど、それを言う人はひとりもいない。消化に問題がでるっていうことなのかも?

このPU RO I NI、500フランで大きな房を買ったので、鍋に水を少量はって深めのお皿に皮を半面むいたのを(なんとなく雰囲気のために皮を全部とるのはやめた、私はフェイをオーブンで焼くときもそうだ、なんとなく)数本並べて鍋にふたをして蒸す、というのを3回して使いきった。太い!ので一度に4本で限界だった。
みんなに配って。ローカル食材伝道師として。
edとyさんがワオーなコメントをくれた。特別な味!って。

皮に手術した後の縫い目みたいな模様があるのがとっても不思議。ちょうど皮と皮が合わさる角のところ。未熟なときに人の手で糸で縫い合わせている、というのを連想できちゃうようなくらいリアル。どの房にもあるのかはわからないけど、途中で気づいたときには残っていたものにはすべてついていた縫い目の跡!

PUROINI についてネットで調べてみたけど、手ごたえはナシ。
日本語なんて皆無。。。

仏語 ひっかかったはひっかかったけど。。使えない。
https://books.google.com/books?id=MjVCAAAAIAAJ&pg=PA148&lpg=PA148&dq=puroini+tahiti&source=bl&ots=idag6aGk7l&sig=wrxNqfbn-t_QQbhMPswEarVqf0s&hl=ja&sa=X&sqi=2&ved=0ahUKEwi9rtzc1bnRAhUC0GMKHUl1D7UQ6AEIJjAC#v=onepage&q=puroini%20tahiti&f=false

英語 同じく。
https://books.google.com/books?id=VOiomp1ExkUC&pg=PT399&lpg=PT399&dq=puroini+tahiti&source=bl&ots=J4wVAF9r7Y&sig=RlFo0SE6jWecvqUmhSTkMP_HydI&hl=ja&sa=X&sqi=2&ved=0ahUKEwi9rtzc1bnRAhUC0GMKHUl1D7UQ6AEIGTAA#v=onepage&q=puroini%20tahiti&f=false







  
Posted by takaex at 15:13Comments(0)TrackBack(0)b o r a b o r a 

January 14, 2017

ma ru la b . c o m

image











「ゴールド」
「ハンマリング」

に反応した。

なんだ、随分お高いけどって。
前回帰国したときに運命の出会いがあった。
Maruラボのお姉さん。
私は会ったことがなくて、23が会ったことがあったのだけど、アメジストの10金のストーンネックレスを身につけてなくてとっても残念だったその瞬間。あ、すてき〜好み好み、と近寄ったブースがそこで、ウインドーの中を眺めている内にひきこまれてしまった。お姉さんと話はじめて、彼女がまさに一人ですべてをやっているデザイナーさんだとわかり、素朴な話し振りにぐっとひかれ、店名が目にはいって、アレ??ん?どこかで?え?エッ?!
私、持ってます!ここの!
あの時聞いていたとおりの、金加工のプロのデザイナーとは思えないほんわかしたやさしーい感じのすてきな女性。
話がもっとはずんでしまって、数年もたっての銀座のマツヤの期間限定のジュエリーフェアのホールでの出会いに心震えずにはいられなかった。
彫金について、石について、いろいろ聞いて教えてもらった。知識もないし、現場をみたこともないので、想像をめぐらしても追いつけないところがけっこうあったけど、とにかくたたくんです、ハンマーで、ずっとたたいてます、っていうところがやけに耳に残った。
熱を加えてたたくのかー、と思ったところで、こんなに小さいものをハンマーでたたくっていったってどうやるんだろうって?マークのほうが強くて。。苦笑。でもとにかくたたくらしい。
そしてマットな加工の金のジュエリーができる。
ハンマーの話をさんざん聞いた後は、つるっとピカっとした金地のより、たたいてつやけしマットにした感じの方に魅力を感じて選んだ。すっごく時間もかかってる、というのに、値段はそんなにちがわない。結局とっても迷って迷って、翌日また出向いて、羽田から飛行機乗る前にぎりぎりで時間計算して買いに行った、という。うさぎやのどらやきも買いたかったので、上野→銀座へと。

雑誌にでていたこのガイコク人アーティストのブランド、ハンマーでたたいったっていうジュエリーのお値段にびっくりしてしまった。
どのくらいお姉さんがしていることよりすごいのか素人にはわからないけど、あまりにも桁違いのお値段。。
高いーと思ってやっと一つ買ったのみだったけど、インド産のダイヤモンド粒のバージョン5万5千とかなんかも全然買ってもよかったかも、と思わせてしまうー。
ピンクがかった小粒のダイヤのゴールドのゆびわがすてきだった〜インドだっていうし。インド人から、ホンコンで!石の買い付けの話もしてくれて大興奮だったわたし。。
アメジストかシトリンかでもすごく悩んで、2つとも?とよぎったけど、はっ、2つ買ってもこの雑誌のやつの1つよい全然安いっていう。・・クレイジー。
でもね、あのときは、そんなにいくつも買ってもしょうがないじゃん、って思ったのよね。キティのゆびわも買っちゃったとこで。

ハンマー。
今日は箱からだして、ハンマーアメジストとスリランカの指輪を合わせて寝てみよう。いままで思いつかなかった。というか、合うと思わずやめてた。アメジスト・ピンクルビー・エメラルドのコラボ。v(・∀・)v

BlogPaint




















  
Posted by takaex at 17:33Comments(0)TrackBack(0)bijoux 

January 13, 2017

TI Fai FaiとURU

Le Tifaifai : Arts et artisanats de Polynesie francaise
Marie-Noelle Fremy; Michele de Chazeaux
Editeur : Au vent des iles, 2012
9782915654752

SD161010ipod250716 910

SD161010ipod250716 909


ウルの絵柄がぐっときてね〜
夢のひとつにマイラブラリーをもつっていうのがあるけど、これははずせないと思い。
tifaifaiといって、つまりはアップリケ刺繍のあるキルトのこと。ベッドカバーになるような大きいサイズが普通。

ウルが人の手で描きだされるとこんなにかわいくなるんだーとやけに感心した。
ソー キュー ト!!
抱きしめたいくらいのかわいさ。

重いので買えないけど。確かBORAオリジナルでみつけて立ち読みというか座り込み読み。椅子でね。フランス語だから主に写真読みだけど!

通販、フランスだとたったの34ユーロ、送料いれても40以下。。新書で。。夢だね。。
https://www.abebooks.fr/9782915654752/Tifaifai-Arts-artisanats-Polyn%C3%A9sie-fran%C3%A7aise-2915654751/plp


SD161010ipod250716 912

一番左のウルのタトウーみたいなかわいいモチーフ。。まねして何度書いてみても同じようにかわいくならないのだ。樹をまえに本物で写生してもぜんぜんだめ、それがウル〜

タヒチで材料になるコットン無地が買えそうなお店?なのか?ちゃんと後で読もうと一枚。
SD161010ipod250716 908





















  
Posted by takaex at 17:19Comments(0)TrackBack(0)book | b o r a b o r a

January 09, 2017

パンナコッタ!

パンナコッタを初のてづくり。
BlueCxcxの影響が大きい。このいけてない運営陣のレストランを支えている本物伊夫婦の2人からなるシェフが手作りしているというパンナコッタに大感激で。
ボラでパンナコッタに出会えるなんて〜本物の、イタリアじこみのをね。

手元のお菓子レシピ本にもパンナコッタがのっていたのも相まって、糸寒天を日本から買ってきていたこともあって、つくろうつくろうと思っていたものだ。ついに。

赤のフルーツのクーリもてづくりしてみた。IOにもらっていた冷凍レッドフルーツを解凍、砂糖を入れて軽く煮て、キイチゴの種がすごいので漉して。小なべに半分で十分に疲れた。時間がかかった分、ふわっととろけるちょうどよい甘さのクーリが完成。v( ̄ー ̄)v

IMG_6339


いつも自己流になってしまうのであれだけど、一番これに近かったと思う。Kハルミさんのレシピとこれをみてた感じ。牛乳1CUP 半、クリーム200cc、砂糖大さじ2くらい、バニラをつけたホワイトシュガーを、糸カンテンを2gにしてみた。ゼラチン5gはその程度かなと。4g入り小袋を半分にしていれてみたらばっちりのやわかさに。
https://cookpad.com/recipe/4023961

https://www.shikoku-gas.co.jp/home/entertainment/gasgohan/recipe/082.html

本格イタリアン、として、クリーム1CUPに卵白を3つもすりまぜたものをいれてゼラチンは使わないレシピ。
ホテルのバーで数々のパンナコッタもつくったというSbarに言わせると、いえいえ本場でもゼラチンよ!とのことだけど。
https://cookpad.com/recipe/3771462  
Posted by takaex at 15:37Comments(0)TrackBack(0)gouter/dessert 

January 02, 2017

MANUKA

BlogPaint


人生初のマヌカハニー、感想は

ワオワオワオ。

濃厚で、なんともいえないもったり感。かなりまろやかさを感じる甘さ。
とっても特別感があるのだ。

調べたら、ティーツリーのことなんだって、マヌカは!
傷や炎症に効く精油の花の蜂蜜ときたら、薬効がどうのいわれてもおかしくないわと納得。
高級だから縁がないわと思ってきたけど、ティーツリーと知ってとても親近感。

ひとくち食べて、おいし〜い〜と自然に言葉がでてくるもののひとつにリストイン。

NZのスーパーで
600円くらいだった?
一番下の価格で、でもATARAKIこの会社の評判がよさそうなのと、パッケージもすっきりシンプルで、老舗ーな感じがして、勘はまちがいがなかった。
薬効となると、成分の+表記がちゃんとあるものに限るらしいけれども。
2千円3千円するものもある。そういうものが日本にくると6千8千となるよう。










  
Posted by takaex at 18:56Comments(0)TrackBack(0)gourmet 

December 29, 2016

SMAPの5人

5時間番組とは知らず見始めてしまったスマスマの最終回〜
#1#2#3という構成。3は明日にしよ。

フアンでもなんでもなかったけど、さいきんの大人SMAPはかっこいいじゃん、って思うようになってた。
Nくんのトークはダントツ。

結成からヒストリーが紹介されていく。
残念だねぇ。。。。
涙涙がとまらない。。もう2時だ。。
解散の雰囲気はいつも同じだっていうことにも気づく。
物事の終わり。PもNも同じにおいがしてた。
わたしのももうすぐ。
なんかみんな重なって、どうしようもなくせつない。

終焉。乾杯。お疲れさま!





  
Posted by takaex at 21:35Comments(0)TrackBack(0)qui ... 

December 16, 2016

基本のスポンジケーキ

B-R ではほしいものがすぐに買えないという事情で、誕生日ケーキとかクッキーとかあまり手作りしたことがなかったものまでつくるようになった。
スポンジケーキなんて、最後につくったのいつだっけ・・・中学の調理実習とかかも?

パティシエのフランス人の女の子が、あるときスペースケーキ?!をつくっているところに出くわして、湯銭にかけながら泡だて器で全卵をがしゃがしゃずーっとやっているのをみて、あぁスポンジケーキは湯銭なんだ、ということを知った。知っていたかもしれないけど完全に忘れている。
実際に自分でやってみて、かたくなってしまったこともあったけど、今日はすべてがうまくいって大成功。ちょっと甘くなりすぎてしまったかもだけど、レシピ通りになるべくやってみたので、しかたない。

http://cookpad.com/recipe/1426499
材料3つ?!溶かしバターとかオイルもいらないこれはまさに私むき!

<覚書>
卵3個
砂糖70G
粉70G

15cmの型に
卵2個なら
砂糖50G
粉50G

全卵と砂糖をあわせて湯銭にかけながら泡だて器でかきまぜつづける
40℃くらいになったらおろして、ハンドミキサーに変えて泡立て。跡がのこるまで。低調できめを整える。
粉をふりいれ、ごむべらであわせる。まざったらつやが出るまでつづける。これをしないとぱさぱさになるそう。
トントンとやって、
160℃で、今日は15cmなので20分、のつもりが誤押しで22分設定になった。十分。

ティラミスを作ろうと思ってスポンジを焼いたので今回はデコレーションはしない。
でも甘すぎたのでどうかなぁティラミスには。
( ̄ー ̄)











  
Posted by takaex at 18:04Comments(0)TrackBack(0)recette 

December 09, 2016

Rapa Nui music#Matato'a

ぞっこんにはまっている、Matato'a!
きっかけはVariI.
11時のボートがたまたま一緒で、タウンまで乗せてもらうことになった。
マルキーズタトゥーアーティストのおじさん。
車の中でかかっていた音楽がとてもよくて。
B-Rのドライブにぴったりで、濃い緑とブルーのラグーン、カラフルな花とバラックのひなびたおうち。。そんな景色に。でもなんか。知っているタヒチアンソングとは何かが違う気がするーそんな確信のもてない感覚にとりまかれた。
イスラドパスクアさー
Isla de Pasquaは知っているのに、耳と頭がすぐには一致しなくて、え??
ラパヌイだよ、ラパヌイのミュージック。と。
メザミーが歌ってるんだ。
と、友達s??
そこからラパヌイの話になり、一度行ったのよ、というと、僕は9回行ったことがあるよ、とのこと。

ミュージシャンの名前を教えて!あ、ペンがないわ、CDなの?CDなら写真にとってもいい?後で出してみせて!と大興奮な私。。。
あげるよ、もっていきな、とくれたのだけど、Ipodtouchに落とさせてもらって、次のタトゥーにきたときに返せた。
何枚もあるからいいんだっていうその何枚もを全部みたく、また貸してねといっておいた。
いろいろ調べたけど、やっとディスコフラフィーをみつけたけど、5枚でている、ということくらいしか、あまり情報がない。ウィキもさみしい。

------------------------------------------------------------------------

https://www.discogs.com/Matatoa-Rapa-Nui/release/8361879

Matato'a ‎– Rapa-Nui
Label:
Matato'a Tama'i ‎– none, EMI ‎– none
Format:
Cassette

A1 Kai Rohi Rohi 2:23
A2 Kama'u 3:20
A3 Kahuira 3:27
A4 Mataragi 3:06
A5 Ite Ahi Ahi 3:50
A6 Tagi Kia Nua 3:20
A7 Hoko 1:20
B1 Enua Ekoro 3:20
B2 Tou Tau Ena 5:10
B3 Hiro 3:50
B4 Hotumatua 3:20
B5 Kae A Koe Ka Ori 3:30
B6 Ihe Matarangi 2:50
B7 Kote Nene 3:00

FBでみつけた-----------------------------
Biography

Tamai >>> 上の、カセットイシューのだ!
Te Pito O te Henua
Here Ma'Ohi
Ma'Ohi
Tatoo >>> 借りたCD  
Posted by takaex at 16:37Comments(0)TrackBack(0)music 

December 07, 2016

饗宴

タロ芋と小豆。
いや〜まいった。ココナツミルクが必要なし!それ以上の美味さ。
少しの水で冷凍タロを蒸し煮して、塩と砂糖を少なめに入れて似たEU産のアズキが、絶妙===

香りX香りってかんじで極上食。
Maruuruu--






  
Posted by takaex at 19:29Comments(0)TrackBack(0)b o r a b o r a 

VIN de BORDEAUX

ワインのお勉強中。
この本。前回12月の休暇のときに購入。
受験問題集
田辺由美のワインノート
飛鳥出版
978 47801 00679

メモしたりまとめたり地図を書き写したり、用語はネットで検索したり。

そこで、実地演習。たまたま開けてたボルドー。
VIN DE BORDEAUX
La Grande Lice 
Bordeaux
2015 
(一応Or 2016のステッカーつき。また買ってもいいなと覚えていたLice。)
の裏ラベル

D'egustation:
Belle couleur rubis, sombre et brillante. Nez ouvert et expressif de fruits rouges (cassism myrtilles et m^ures).
Gras 'a l'attaque, bel 'equilibre, longue finale sur le fruit.
> sombre 暗い >> 濃いルビー色、輝き、つやがある
> gras 脂のようにねっとりした、肉太の、分厚い > 力強いアタック 

Accords
Viandes rouges, p^ates, fromages moyennement cors'es
パスタ!?

C'EPAGE
82%Merlot et 18%Cabernet Sauvignon
Les Vignerons de Tutiac
A Marcillac
>>調べたら「Les Vignerons de Tutiac 」というのはお店の名前だった。Tutiacにあるワイン屋という意味!右岸の、リブルヌより北でGironde河より内陸。
ミニ地図に重要そうに載っている St Andre' de Cubzacがいまいちわからないが。。。このお店はそれよりずっと北。このあたりのぶどうを使っていますよっていうことなのかもしれないな。


ボルドー左岸、右岸
フランス語ではどういうんだろ。次の課題。














  
Posted by takaex at 11:54Comments(0)TrackBack(0)vin 

December 06, 2016

Uru - my love

Uru/ウル/パンの実
大好き!大好き以上!!
タロ芋とかマンゴーは香港でもタイでもあったから経験済みだったけど、ウルはボラではじめての出会い〜=
あぁウルよ。
君にぞっこんなのだ。


自分で火をおこして焼いてみたときの。
BlogPaint


かまど作り(サンゴの石で)と火おこしで1時間
試行錯誤の焼き時間1時間半
食べるため、黒こげの皮をきれいにはがす作業40分
3時間もかかったっていう!

2回目は町で買ってきたものを3日おいてしまい、クーラーきいてるから大丈夫かと思いきや悪くなり始めて、
あわてて焼いたものの、もともとの質もよくなかったのか、1回目のとろけるような濃厚な味わいとは程遠かった。

炭火で丸ごと焼くのと、オーブンで焼くのと、蒸すのと、ゆでるのとでは味わいがまったく違う、というので、
火をおこすのは大変だから今度は切ってから蒸してみようとおもうのだけどまだチャンスはないまま。

栗とさつまいもの(それも甘いの)の中間のような味。
と、私は思う。
ほくほく、ぱさぱさ、しっとり、ねっとりすることもある、それらが混在する味!

初めて食べたのは、というかちゃんと調理するところをみて食べたのは、スタジエのAとPのところで。PがRecifで火をたいてるから何事かと思ったらウルだった。やり方を教わって。たいそう感心したっけ。
夜になって、家に呼んでくれて、ウルの切り身になったものとhachi、牛のほぐし実の缶詰。これを一緒に食べた。手で。
自分でやってみようと思って3年もかかった。火おこしからは。
あとは、モツピクで出会い、タヒチへいったらマルシェでウルタロマニオックなど盛り合わせのパックを買い、カフェットで2回くらいでたことがあり、レストランではチップになってたり、ファレでタヒチアンがBBQするときにでてたり、シーズンもあるから出会うチャンスは限られている。今は成長期でオフシーズン。
また、葉っぱがかわいくて、大きいのにかわいいっていう不思議な、やはり、ウル。形を手書きで描いてみるだけで幸せな気持ちになる。パレオとかキルトのモチーフになっているのがものすごくかわいい。パレオはウル柄をもう2枚もっている。

uru uru uru uru uru uru uru uru uru uru uru uru uru


原産はモルッカ諸島・・・
きちんと説明されているサイトに出会えてうれしい。
http://www.pacificresorts.com/webkawaraban/special/050804/
一点、タヒチのは種なしと言っているけど、種といっているあの部分は種ではないのかも?種のこっこみたいな。

















  
Posted by takaex at 15:41Comments(0)TrackBack(0)b o r a b o r a 

December 04, 2016

テキーラとビアカクテル

テキーラのうまさ>美味さが身に沁みるこの頃。

一人でショットはしないので、、
メキシカーナのハイデに教わった、テキーラ+レモン+スパークリング水、これだと開けたスパーク水の小瓶の関係上、2杯は軽くいっちゃう。
とか、ビールにテキーラを少々という飲み方。
マンゴーを半身に切って食べるときにテキーラを小さじ1杯2杯。。あぁ最高。(ウオッカでやってみたけど美味しくなかった)

ハイデが来てから、話題にでたりするんでずっとテキーラが身近になった。3年前のバケーションの際にDFで買ってきたJOSECUERVOがしばらくぶりに陽の目をみている。。

今日はヒナノにテキーラをキャップに少量落として。
ビールに何かを入れて飲むというのはこっちにきてから。考え付いてもいなかったと思う。
シロップを入れるのはフレンチのみんなの影響。グレープフルーツ、ピンク同、ピーチ、アーモンド、とけっこうなんでもいい。そんなんで今うちにはsirop d'orguetとピンクグレープフルーツのシロップがある。柑橘系が合うように思う。
アルコールを入れるのはファレマヌイアのビアカクテルのメニューを見て以来。
でも知ってから3年たつけど、自宅でやったことはなかった。勇気がなかなかでない。。
今日がはじめてかも。TequilaInBeer
メニューにはたくさんの種類があって、ラム、ウオッカ、テキーラ、ブランデー、ウイスキー、などなどなんでも入っちゃう感じ。ネーミングがおもしろくてよかった、カリビアンとかロシアン、アメリカーナとかアルコールに合わせてもじってあって。

Desperadoっていうフランスの?ビールも、テキーラ入り(そのためにメキシカンビールと誤解もされているよう)カシャーサとガラナいり、Verdeはテキーラ&ライムフレーバーだったり、とビアカクテルの定番。ミックスするのはフランス発なのかしら。
Matiraビーチといえばデスペ!これは私のボラルーティン!






  
Posted by takaex at 16:50Comments(0)TrackBack(0)bar  

November 23, 2016

ta-ro / タロ芋 lovers

BlogPaint

RIMATARAの冷凍タロ!!と見つけて大興奮。でも冷凍庫が小さいからと買うのをあきらめたあの日。。2年前?

BlogPaint


パッケージが変わって可愛くなくなってしまったけど、4種類あることに大興奮。はは。。
こんな手書きのラベルがとても風情があっていいー
Eがすでに一袋購入していて、タロアイスを実験でつくってみるために一切れもらったとき、袋をみせてもらうと一番上の四角にチェックがついていてこれまた大興奮。一度スーパーで一番上の四角にチェックが入ったのを見た以来、ずっと4番目の四角についたものばかりなのだ。
なにがどうちがうのかわからないのだけど気になる。食べ比べたい。。

日本でもこう冷凍のパックが千円くらいで手にはいったらなぁぁ。
990フラン。チンリーで。

アイス作りは失敗したけど。
蒸してみたらそのときは美味しかったが冷蔵庫にいれたらかたーくなってしまった。
蒸す、ときいていたけど、少な目の水で半蒸しみたいにしてみょうかと次回への課題。

先日やっと買ってこれた。どうしてもっと早く買ってみなかったんだろうと思うけどもう遅い。4年目にしての冷凍タロでびゅう。















  
Posted by takaex at 17:16Comments(0)TrackBack(0)b o r a b o r a 

November 20, 2016

なぜか好きな場所

in love な place...
Tokyo
Biei
Hiroshima
Kagoshima
Niigata
France
Hong Kong
Kyoto
Borabora
India
sri lanka

こうしてみると、そんなにないね、行った数にしては。
思うだけで心にぐっとくるそんな場所。
あーー帰ってきた!って思えるそんな場所。
まだ行ってないこれからの場所では
Corse
Greek
south India
Chili
Malaga
Mexico
Cuba
Brasil
Moroc
などかな。
出会う日を想像するだけでドキドキしてなんか照れくさい。places in love だねーv(^ ^)v








  
Posted by takaex at 12:40Comments(0)TrackBack(0)ville 

October 21, 2016

CORSEの白

TERRA NOSTRA
Vermentinu
CORSE
CORSICAN

1900とか ToaMで

裏ラベルがEnglish!
Vermentinu is the king of white grapes in Corsica.
...grown on the northwest and eastern side.....with notes of citrus and jasmine ...aperitif or with grilled fish.



My TastingNote

香り------------
シトラス
苦み
タヒチのパンプルムースの皮
こしょう 鼻をつく
辛み ピモン
りんご青

エピス パチパチ 炎
白い花
プルメリア
アカシア なのかな
ジャスミン
la mer
飲んで-----------------------
苦み
かんきつの皮 グリーン
強い
ハーブ 草
ピリピリ
辛い

合いそう--------------------
ハーブ入りパスタ スターター
オレガノ、パセリ、ミント 、バジル・・・
シェーブル

3日目--------------
アーモンド
日本酒の華やかさ
湯の花
ミネラルねっとり
洋なしのシロップ 砂糖なし
苦みきつい
グリーンのハーブ


LOVE LOVE !!








  
Posted by takaex at 16:45Comments(0)TrackBack(0)vin 

October 17, 2016

MAA TAHITI

espadonのsashimiが絶品で。
ソースがまた感動的で。

金曜日はカフェットでタヒチ食を食べようというマータヒチの日で。
腐った魚の(!)ファーファールー、これにつけて食べるMITIFUAとかいうココナツミルクを発酵させた白い液体。どっちも完全にファーメンテティッドのくせがつよいもの。ファファルーはよく話題になるから食べた事があるような気がしていたけど、これがはじめてだったわ。smelloftoiletは。海水をつかう、とのことで、まさに人間から家庭から犬や魚からの汚物や排水の垂れ流し、ごみやなにもかもを含んだ調味料・・・!それでくさった匂いときては強烈!以外のなにものでもない。
白い液体はとてもおいしい。発酵させた感じ。
ほかにはPoissocruシノワ、プレファファ、ウル蒸したの(しつこくSに調理法をきくと、切ってからVappeurしたとのこと)、マニオクが絶妙なCOOK加減で、タロたぶんこれも蒸したの、ポエバナーヌとポエポティロン。ポエバナーヌのはごたえのしっかりした感じが初めてで衝撃的、ついでポティロンのとろけ具合にもうダメ・・・すばらしかった。この辺はSが調理したって翌日知ったけどね。納得のうまさでした。
しかしアリベのコールがきてしまい、泣く泣く2ラウンドは諦め、夜いってみたときはポエはすべて終了。あんなにおいしいんだもの、そりゃ皆こぞって食べるわ。。
という一日で。



翌日土曜日は、今日もちょっとは昨日の残りがでてるかもというMAATAHITIへの期待をもちつつ、クイックランチでありべが来る前に寄ってみるとTHON ROUGEまぐろのサシミがあった。サシミはこちらではしょうゆとわさびではなくてお手製ソースで食べる。このソースがすばらしかった。色からして、オイスターソースがやっぱり入っているだろうと思った。こっちの人はなにかとソースにも、釣ってきた魚をグリルして食べるバーベキューのときも下ごしらえで切り身をつけおきするソースをささっと手作りして、またチキンや肉を焼くときは焼きながら、返しながらしつこくしつこくやっぱりソースを塗りながら焼く。どのソースもたいがいオイスターソースとしょうゆがベースらしい。
マスタードもよくつかう。
ソースはどうやってつくったの?オイスターソースはいってる?とvに聞くと、教えてくれたのが、
オイスターソース
マスタード
しょうゆ
エイユ、ジョンジョンブル
ビネガー
そうそう、ほのかになのだけど絶妙ににんにくとしょうがの香りがした。
どろどろして色も濃く濃厚なすばらしいサシミソース。

夕方、ディナータイムに今日の正式な食事としていくと、今度はエスパドンのサシミが!
マグロとぜんぜん色がちがう。うすいきれいなピンク。
ソースの色も変わっていてうすめのよくみる感じの。
ケチャップもはいってるのかなー
あきらかにオイスターソースの配合は少ない。あっても。
で、このエスパドンにはこのソースが絶妙で悶絶ものだった。
夜の部はs、どれがほんとかわかんないけど、ほとんど調理したのは彼だとのこと、そうかも。とにかくサシミのソースは昼も夜もすばらしいものだった。

あぁMAA TAHITI---
LOVE!






  
Posted by takaex at 16:36Comments(0)TrackBack(0)b o r a b o r a