January 14, 2017

ma ru la b . c o m

image











「ゴールド」
「ハンマリング」

に反応した。

なんだ、随分お高いけどって。
前回帰国したときに運命の出会いがあった。
Maruラボのお姉さん。
私は会ったことがなくて、23が会ったことがあったのだけど、アメジストの10金のストーンネックレスを身につけてなくてとっても残念だったその瞬間。あ、すてき〜好み好み、と近寄ったブースがそこで、ウインドーの中を眺めている内にひきこまれてしまった。お姉さんと話はじめて、彼女がまさに一人ですべてをやっているデザイナーさんだとわかり、素朴な話し振りにぐっとひかれ、店名が目にはいって、アレ??ん?どこかで?え?エッ?!
私、持ってます!ここの!
あの時聞いていたとおりの、金加工のプロのデザイナーとは思えないほんわかしたやさしーい感じのすてきな女性。
話がもっとはずんでしまって、数年もたっての銀座のマツヤの期間限定のジュエリーフェアのホールでの出会いに心震えずにはいられなかった。
彫金について、石について、いろいろ聞いて教えてもらった。知識もないし、現場をみたこともないので、想像をめぐらしても追いつけないところがけっこうあったけど、とにかくたたくんです、ハンマーで、ずっとたたいてます、っていうところがやけに耳に残った。
熱を加えてたたくのかー、と思ったところで、こんなに小さいものをハンマーでたたくっていったってどうやるんだろうって?マークのほうが強くて。。苦笑。でもとにかくたたくらしい。
そしてマットな加工の金のジュエリーができる。
ハンマーの話をさんざん聞いた後は、つるっとピカっとした金地のより、たたいてつやけしマットにした感じの方に魅力を感じて選んだ。すっごく時間もかかってる、というのに、値段はそんなにちがわない。結局とっても迷って迷って、翌日また出向いて、羽田から飛行機乗る前にぎりぎりで時間計算して買いに行った、という。うさぎやのどらやきも買いたかったので、上野→銀座へと。

雑誌にでていたこのガイコク人アーティストのブランド、ハンマーでたたいったっていうジュエリーのお値段にびっくりしてしまった。
どのくらいお姉さんがしていることよりすごいのか素人にはわからないけど、あまりにも桁違いのお値段。。
高いーと思ってやっと一つ買ったのみだったけど、インド産のダイヤモンド粒のバージョン5万5千とかなんかも全然買ってもよかったかも、と思わせてしまうー。
ピンクがかった小粒のダイヤのゴールドのゆびわがすてきだった〜インドだっていうし。インド人から、ホンコンで!石の買い付けの話もしてくれて大興奮だったわたし。。
アメジストかシトリンかでもすごく悩んで、2つとも?とよぎったけど、はっ、2つ買ってもこの雑誌のやつの1つよい全然安いっていう。・・クレイジー。
でもね、あのときは、そんなにいくつも買ってもしょうがないじゃん、って思ったのよね。キティのゆびわも買っちゃったとこで。

ハンマー。
今日は箱からだして、ハンマーアメジストとスリランカの指輪を合わせて寝てみよう。いままで思いつかなかった。というか、合うと思わずやめてた。アメジスト・ピンクルビー・エメラルドのコラボ。v(・∀・)v

BlogPaint




















  

Posted by takaex at 17:33Comments(0)TrackBack(0)

March 29, 2016

Srilanka2011#宝石

スリランカの旅。コロンボ、列車でキャンディへ、さらにバスでヌワラエリヤへ移動して1泊。同じ手段でコロンボへ戻って最後1泊。
2011年の12月、だったかな。。
古都であるキャンディでは、コロニアル建築のホテルに2泊して大満喫。
そのホテルの1Fを出て右へ、同じ建物がつづいているかのような回廊を少し進んだところにジュエリー屋が数件並んでいて。ブルーサファイアは産地で有名で、すでにどこへいっても目についていて、またか・・・という感じになっていたこのころ、私が好きな感じに出会えたのがここだった。
アメジストとペリドット、トパーズなどなどお手軽な感じのリングがずらりと並んでいて。
店のおじさんと話しこんで、奥さんが戻ってきてからは奥さんともおしゃべり、で1時間以上いたんじゃなかったろうか。石について、スリランカの宝石事情とか、実際の作ったり修理する工場は裏にあるんだ、とか、日本の話とか本当にいろいろと。アメジストの大事な指輪をなくしてどーのこーのという話までして、でもそこにあったアメジストリングはサイズが合わなかったりデザインが違ったりで購入にはいたらず。それでもおじさんはとってもよくしてくれて、そんなにアメジストが好きならいっちょとっておきのをみせてあげよう、と大きな鍵を取り出して金庫をあけたのだけどその金庫がお店の奥とか2Fとかじゃなくて、おじさんの席のとなり。。。座ったままで手を伸ばして届く範囲。。あっけなく数百万、数千万?するような宝石がどんどんでてきてびっくりたまげた。
こういうのを(結晶を宝石として磨きあげたもの)を売買してるんだよ、と本物の輝きを自慢げに。これらが全部スリランカ産っていうのがほえーーって感じだった。初めて見たもの、こういう一級のものを一度に。


BlogPaint
アメジスト

BlogPaint


BlogPaint
宝石商のおじさん
前はよく日本に展示会などで来ていたそう。景気がよかった頃の話かなと思った。
シルバーの石つきの指輪が35ドルくらいからあって、いまだに持っていない、誕生石のペリドットがついたものが最後まで気になったのだけど。。デザインがシンプルすぎる+誕生石はまだいいかな・・・となぜかいつもそのうす緑色の石には呼ばれないなにかがまた私を動かさなかった。いつか好きなデザインのペリドットが現れるでしょうってことで。

結局このおじさんのお店のとなりのとなりの別のジュエリー屋で、4年たった今も大事につけてるK!4で、エメラルドとピンクサファイアがきれいにはめこまれ、ミャンマー産のだという微小ダイヤもついた指輪を買ったのだった。下手な英語でごり押しの強い兄ちゃんがとってもうるさくってなるべくこういう店では買いたくない典型の店だったけど、ウインドーに飾ってあったこれはひとめぼれで、どうしても手に入れなければならなかった。180USDといわれたのを翌日また訪れて値切って最後には120まで落とすことができた。サイズも裏にあるという工房ですぐになおしてもらえて。デザインにほれたので、多少まがいものでも石の質がよくなくても仕方ないっておもって買ったけれど、念のためまたおじさんに会いに行って、見せてきいてみた。虫眼鏡で注意深くみて、いくら?っていうから、値切って120よ、と言うと、うむ、いいんじゃないの、という返事だった。きっと本当は120の価値もないのかもしれない、おじさんなら40,50ドルくらいの価値しかないものなのかも。でも私にとっては、ゴールドで、3種も石がついて、なによりデザインがかわいくて、(かわいいデザインというのが難しい、ブルーSAPHはあまたあれどかわいい、ほしい、と思えたデザインがひとつもなかった滞在中)日本だったらサイズ直しだけで5千円かかりそうなものだし、ひとたび日本に来たら値段は何倍にも上がるだろうとも思った。宝石の買い物っていうのは結局自己満足の世界。そんなことも含めて、おじさんに前日散々さんざん、宝石の見方や傷のチェック、石の相場、ゴールドやダイヤのことをレクチャーしてもらっていたので、私も自分の見る目に自信を持って値切り交渉にのぞめたし、言葉少なでもいいんじゃないのなんて承認を得たような気がして、おじさんあっての運命の買い物なのだった。









  
Posted by takaex at 07:26Comments(0)TrackBack(0)

February 16, 2016

Vermeil?

うちに入っているパール屋HIーNEーRAーVAでお買い物〜 ←あまり惹かれるサイトではないが一応
写真だと本当の姿がでにくい。パールはむずかしいと思ういつも。

昨年4月だったか、それまでずっと入っていたT-HIAが賃貸契約の関係で出て行くことになって新しく入ったのがこのHNRV。プロパティ所有者のむすめさんがUSでジュエリーを学んで、オリジナルブランドをつくり、PGクルーズやBR-ND、そしてうちのリゾートと、その父が所有しているハイエンド施設に出店している。個人的にはこういうストーリーはあまり好きでないし、お値段もとてもハイレベル、デザインはおおぶりのが多くて色も鮮やかで(ブラックパールにしては、という意味だけど・・・)、私には縁がないかなと思っていたところ。アメジストやトパーズなど石をつかったデザインはほかではあまりなくて出たころは始めてここで見たので素敵!と思ったけど・・・なにしろ高い。
ハリウッドなんかのセレブの購入&記念撮影写真集が出ているくらいだから。。
割引がきくといわれてもそれでも・・・という感じだった。

でも今回は気持ちが変わって、買わない&私はいらないって思ってたのに買うことになった。笑
バレンタインデーにあわせて作られたそうな、LO=VEコレクション、だって。
いつもの割引+5%のボーナス割引がつくとか、LOVEコレクションとか全然興味ないわと思ってたのに。
人がしてるのをみたらほしくなった、というわりと単純な結末。。。
それも、それは彼からもらったはやめのバレンタインプレゼントだったのに私は自分で買ってもいいと思ったくらい気になってしまったという。。
うまくしてやられた=

バーメイルと言われても右から左へ流れてしまって風のように私の耳元を通り過ぎた。Vermeil.
3回くらいいわれてやっとそれがデザインのゴールドのものの質についていっているのがわかった。知らないことは本当にたくさんあるものだ。
Gold-platedっていうのは知ってる?これはね、それとちょっと違ってバーメイルっていうのよ!と。
チェーンのエンドパーツをよくみると、S925とあった。ITALYと刻印もあって実はこれも大きなポイントだった、私には。そう、シルバーが地で、コーティングがゴールドなのだった。
Gold-platedとVermeilとは、調べてみた。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/juicyrock/care.html
Gold Vermeilとは、銀(スターリングシルバー)に金メッキをほどこした、海外で人気の加工方法です。Gold Vermeilは、シルバーに比べ、より汚れや、変色に強い加工といわれて


The core of gold-plated items can be made of different metals, and there is no restriction saying that a particular metal needs to be used.

In contrast, gold vermeil should always be made with silver as the main metal used to create the core. Otherwise, the piece cannot be sold as vermeil.


「海外で人気の加工方法」
なんていってとてもよく理解できる。今まで、日本で、聞いたことがなかったもの・・
このまえの12月に札幌のストーンショップでみつけた、アメジストのピンキー、たったの2000円で、シルバーなのにかわいいピンクゴールド色で、すぐにゴールドがはげちゃうんだろうなと思ってきいてみたら、加工がしっかりしているし私もつかってますけど日常でつけてても全然色が落ちませんよ、大丈夫ですよ、ただ毎日クロスで拭く等のお手入れはしてくださいねとのことだった。半信半疑で買ってみたけど、汗なんかであっというまに金色が落ちてしまった1000円そこらのピアスとは違って(日本のディリーユーズでは例えば5年は大丈夫でもここB=Rで使うと数ヶ月であっというまにはげる)、いまでも、水にぬらしても輝きが落ちない。これはきっと上のサイトでいうところの、Vermeilとはいわないまでも金メッキ Gold-platedくらいのクラスなんだろう、もしくは日本らしい独自の加工方法とか。
とにかく昔の金メッキと今の金メッキはあきらかに違うような気がする。
2000円ていうのはあまりにも安すぎる、といまだに思うが・・・この質で。
この、やっとみつけた理想のピンキーとあわせてキティのゴールドリングも近々書かなくては。


私のHNRV第1号。
LOVE Collection 14.02.2016
色: ピンクのニュアンスやピーコック系などミックスカラー
真珠: 8.4MM 4粒
デザイン: MadeinItalyのVermeil ネックレス
LOVE文字デザインはトパーズ使用
24750XPF 














  
Posted by takaex at 20:03Comments(0)TrackBack(0)

April 27, 2015

KYOTOで真珠のお話

Posted by takaex at 06:59Comments(0)TrackBack(0)

April 26, 2015

念願のパールのピアス

Posted by takaex at 08:04Comments(0)TrackBack(0)

January 18, 2015

きいろのパール

BlogPaint

NOV 2014

クラフトハウスでいい出会い。
午後にいくと閉まってたり、どのブースも似たようなものしかない日とか、半分以上の店が持ち場をたたんでいる日もあれば、クルーズ船の停泊日で欧米人のお年寄りでごったがえしてる日とか、かなりそのときの運によるタヒチアンパールや貝細工があつまったショッピングスペース。
雑貨マーケットっていう感じ。
その日はナックルのお皿にパールのネックレスもいいのをみつけて、5000フランも使ったけど大満足だった。
パールは同じおばさんのお店から3つも。そうしたら、これもいいなぁと眺めていた、タヒチアンタトゥー系のフラワーのモチーフが片面に彫られたパールのブレスレットをプレゼントしてくれた。(全面彫刻が普通でどこのお店でもおいてるけど片面というのはめずらしい)
もっとも私の目をひいた黄色っぽいいろのパールは3000から2000にまけてくれたし。

何万もだして買うパールはもちろん素敵だし大事にするけど、こういう手軽なパールくんたちにも捨てがたい魅力があり、好きに重ねてつけたりピアスに変えたり。シルバーですらないから数年しか金具がもたないかもしれないけど、楽しむには十分、十分。

上から
濃い色の、よくありがちなタヒチアンパールの色
だけども粒が大きくてラウンドに近かったので購入。1000

きいろに近い、ひとめぼれ。2000

ブルー、少しだけきいろのより小さいけど輝きも形もよく、そのうちきいろのとこれをピアスに加工の案で決定。1000

彫りの入ったひと粒ブレス 片面だけ!あっさりでしかもかわいい!皮ひものこんな感じもほしかった!とみてたら、ぼくが彫ったんだよというお店のおじさん登場。これは花のモチーフ、こっちのはティキの眼を表してるタヒチアンタトゥーの柄だよ、とのこと。花のほうをおまけ
ティキの眼も気になったけどなー・・・

ナックルのお皿、別のブースのおばさんから よくみるのより小柄でうつくしかった 1000






  
Posted by takaex at 15:50Comments(0)TrackBack(0)

July 05, 2013

セカンドパールon 3rd July

BAGUE OR JAUNE 18K AVEC 1 PERLE DE CULTURE DE TAHITI

・・・18金のイエローゴールドの指輪の土台とタヒチアンパールひと粒・・・

と証明書に書かれている。

bORAにきてから初めて買ったパールはピーコック色のペンダントトップ。
これもすばらしいんだけど、今回買ってしまった2ndパールは指輪。!これ、本当に私のものになるの?と聞いてしまったくらい、出来上がりがすばらしいものになった。お店の、パールのプロである売り子さんたちもみんな、サイズ直しが終わって完成した姿に感嘆したらしい。
私にはよくわからないが、クラスCなのにまるでAの輝きがあるとか。8.9mm近くあるのに8.5mmの規格の扱いになる。そして土台のゴールドカラーと、選んだ波打つようなデザインとのマッチもパーフェクトエレガントで。
お店の日本人スタッフとして常勤しているEさんにずっとついてもらって一緒に選びながらあれこれアドバイスもしてもらい、おくからとっておきのまだ選別まちですらある一袋がでてきて、そこからはトントンとフィニッシュまで進んだけど、長時間つきあってもらった価値があったーという一品になった。
Eさんも私もとってもHappy。

Forme : RONDE
QUALITE C
Dimension : 8.87 MM
Couleur : VERT

気軽につけられるのがほしいなと思って、予算は1万円台くらいに最初は思っていたけど。。。結果的にゴールドを選んだので予算オーバー。でもゴールドをかってやっぱりよかった。
色は私の眼には青にしかみえないけど、業界ではグリーンの扱い。そういうのもわかるようになりたい。

BlogPaint



DeepSea Pearls
Vaitape
このお店は、土台とパールを自分で選んで組み合わせられるのがすばらしい。時間があってこだわりを求める人むけ。b−r−にはもう一軒、同じスタイルのお店があるけど、日本語対応はなし。そして感じがわるい。デザインもごろんとした大きいのが多く、どうみても欧米人むけ。その点D-S-Pは私たちが好きそうなきゃしゃなデザインの土台が豊富なので あ、これならほしい、かわいい、と思えるものがたくさん。
ひいき目じゃなくて、いまのところはしょくばのかんけいじょうであるTa-hi-a、の次にほんとうにおすすめの一店だなぁ。








  
Posted by takaex at 19:54Comments(0)TrackBack(0)

March 13, 2013

nagareboshitsuoiging再見

BlogPaint


hier soir, just apres la minuit, j'ai vu une ligne tres belle.
ce que m'a fait ...absolu


黄金色の流れ星、もちろん写真に撮れなかったので
絵で表現してみた。はつのこころみ。
ちょうど私の頭上、真上をすーっと落ちてきて、明るい星がある少し手前でぱっと消えた。
まっすぐの線だった。それはそれはみごとな。はっきりとした。大きなかたまりで。
12日に日付が変わった真夜中12時半くらい?レシフにでてみると星がものすごかったのでめがねを取りに戻りよりくっきり見える星空を堪能していたそのときー
日本時間ではすでに13日の朝。

雲のかたまりもつらなって、まるでつくられた映像のよう。
夢に包まれた眠り+外洋の波の音とともに。














  
Posted by takaex at 17:17Comments(0)TrackBack(0)

February 15, 2013

Valentine's ring

タイのときは、ゆびわを仕事中にはほとんどしなかったけど、なんとなく、
こちらではリゾートのせいかフランスの文化的な影響のせいかパールのお国柄のせいか、アクセサリーやジュエリーで飾ってエレガントルックを大事にしている感じがあって、なにもつけてないほうが貧相にみえるというか気恥ずかしい気がするくらい。
タヒチアンパールのネックレスやピアス、ゆびわが基本で、たまにそれ以外のジュエリーをしている人もいる。別にタヒチアンパールでなくてはいけないというわけではないけど、やっぱり圧倒的に黒っぽい真珠がほとんどのケース。男の子でもパールがついたデザインチョーカーをしてる人もいる。レセプションで。けっこう大きい存在感のあるものを皆つけている。
わたしはまだパールを買うところまでいっていないので、手持ちのピアスとゆびわをしているけど、ネックレスはごくたまに、しかし日本人的感覚がまだぬけきらないというか、やっぱりおとなしめのものを選んでしまう。
タヒチアンパールだって、仕事用にと思うと小ぶりのおとなしめを選んでしまうのだろうなぁ。
このまま日本人的感覚がぬけなければ!


昨日、たまたまゆびわを2つ、左手に並べてつけていた。最近は、しても片手にひとつで、スリランカのかシトリンのか、どっちかなことが多かったのだけど、気合をいれるために?片手にひとつずつつけた日の翌日の話。たまたま朝、なんとなく右にしてたゆびわを左に変えて薬指と中指にこの2つが並ぶ形になった。イエロー・ルビー・エメラルド、と3色が並んで。
午後からきたKRNEが私の手元をみて、あら、ステキね!バレンタインデーですものね!と言った。
バレンタインデーか。。とくに、そういうわけではないのだけど。。
なんかそういう華やかな気持ちになる演出になったのならよかったのかな。
図らずして!













  
Posted by takaex at 18:06Comments(0)TrackBack(0)

December 27, 2011

スリランカ/ガーネットの小粒

ringsri


Quiz: この中でひとつだけホンモノの石があります。
どれでしょう?



オーサカのナンバで上海船旅の帰りに1200円くらいで買った3連のリング。
2006年かな・・
フェイクだけど、めっきの金色もはげてパールのコーティングもはげてひどいけど、なんかお気に入りでずっと大事に使ってる。金色と白のマニキュアで塗ってなおしながら。
リペア用の2本のマニキュア。金色のはBKKでやっと似た色みのをみつけた。60円くらい。かなり明るめのゴールド。
白のほうはたまたまもってたホワイトパールカラーのがぴったりで。92年にイギリスでもらったクリスマスプレゼント・・ホストマムより。こんなところで大活躍するとはまったく想像もできなかった・・

スリランカに行くときもしていて、その途中どこかでストーンをひとつ落としてしまったらしく空港に着いて気づいてかなり落ち込んだ。
捨て時なのかな、ともおもったんだけど。
キャンディで宝石商のおじさんに出会う。指輪や石のいろんな話を聞いているうちにふと思いついてひとつぶ欠けた指輪の話をしてみた。ショーケースには小粒の石がたくさん並んでいる。こんなにいいのじゃなくていいんだけど、ぴったりなサイズのがあったら買って接着剤なんかでくっつけることはできるかしら?
おじさんは、できるできる、簡単だよ、その指輪もっておいで、といってくれた。値段は20とか50RPSくらいなもんだよ、という。20円とか50円とか?!


そうしてもっていくと金庫からたくさん紙の包みをだしてひとつひとつ開けてはピンク系の小さい石をさがしてくれた。これはどうだ?っていうのはたいてい大きすぎたけど。。
結局、ガーネットでの石でぴったりなのがみつかって、ついでにまた失くしたときのためにとスペア用にパールの小粒も一つ。2つで100RPSでいいよ、とのこと。値段はってないようなものっていうか。そんなんでいいのかぁって思った。

ガーネットの石はおじさんが裏にあるというコウバにもっていってつけてくれた。その間奥さんとおしゃべりして。しばらく戻ってこなかったからなにか加工しなおしたり特別な方法でくっつけたのかと思ったけどそうではなかったらしい。いや、ただ接着しただけだよ、と言ってた。

大事にしてきた千円のゆびわ、ガーネットが入ってさらに大事なものに。いっこ欠けてホンモノパールを入れる日も楽しみだし。
スリランカは宝石で有名ってガイドブックにでているけど、そう聞いてもピンとこなかったけど、有名なだけじゃなくて身近にたのしめる素晴らしさを知った今回のこの一件。




Answer: 一番左端の、時計でいうと短針9時の位置。

















  
Posted by takaex at 11:17Comments(0)TrackBack(0)