October 25, 2015

タイ料理インスタントの鉄則

HuuーWuuー久しぶり!この辛さ!

トムヤムクンのペーストでトムヤムクンもどきを作ってみた。
ペーストはずっともってたんだけど、海老がない、ナスが必要だ、ほかには何を入れよう、辛いものを食す元気が足りない、などの理由で伸ばし伸ばしにしていた。入れたい食材をやっとなんとか集めての実践。


袋の裏に書いてあるように、ナムプラーやレモンを足して味を調節。
具には、なすびの乱切りとタルア芋煮ておいたものを汁ごと+冷凍の海老。
味をみながらナンプラーを足し足し、こぶみかんなんかの変わりに何かないかと思案の末、乾燥させてあったバーベナをいれてみたり、タヒチレモンをしぼったり。スプーンで味見をしながら、徐々にそしてぐんと味が近くなってくると、懐かしさがこみあげてきてしょうがないタイの味!!

ただし、今回の反省点も記すべき。
水を入れすぎた!

わかっていたはずの失敗をまたやってしまった。
タイ料理の簡単ペーストやインスタントものをつかうときは、袋に書いてある分量の水はまず半分の量で試す、ということ。水を2カップ、とかいてある場合は1カップでまず試す。濃ければいくらでも後から足せるのでね。薄すぎると味がぼけてしまって本場の味がでなくなってしまう。
わかっていたくせにー。今日のは、ペーストを半分だけ使ったから、2カップ半と書いてある水は1カップにすべきだった。手元にあったのがシリアルボールだったので、目検討で入れたら2カップ分くらいは入ってしまったような。薄いスープになってしまい、水分を飛ばすためになすびをぐつぐつ煮る羽目に。
2つめに、野菜をぐつぐつ煮ない!というのも鉄則だったのに。そのせいでつい。
タイ料理は野菜や具の歯ごたえが新鮮で食べていて楽しいくらいなのだ。
ペーストと半分の水で液だねをつくったら、野菜などの具は最後の最後にいれてかたさが残るくらいがおいしいのでさっと煮るのみにとどめる、ぐつぐつ煮ない、という鉄則。

久しぶりすぎて勘が鈍っていた、ということで。川 ̄_ゝ ̄)ノ
トムヤムペーストは半分残しているので、またいいナスとタルアでもみつけてやってみたい。フクロダケのかわりになるきのこがねぇ、あったらなぁ。




  

Posted by takaex at 15:36Comments(0)TrackBack(0)

February 09, 2010

idea on groumet 12パック寿司

スーパーで買ったパック寿司を美味しくいただく方法。

ネタをはがして、ごはんだけレンジでチンする。そして戻す。

プラのトレイのままでも大丈夫、と思う。ほんの数秒あたためるだけでまるで料亭の、ちょっとした握りが味わえる。冷えたネタと適温のシャリ、これがキー!
ひと手間はあるけど・・・抵抗もあるでしょうけど・・一度やってみるとあなたももうとりこ。
発案してからも抵抗があった。見た目がきたなくなっちゃうしと。
でも上手にやれば大丈夫だし、どうせもともとパック寿司なんだし、とわりきる!安いけどグルメ、お金かけてないけど美味しく食べる!こっちのほうが大事。

だまされたと思ってチンしてみてちょ☆
逆さにしておしょうゆはつけれなくなるけど。。味は数段あがるのでゆるして(笑)
*こんな発案も、お寿司に開眼したのも全部ナチミちゃんのおかげだなー。赤坂での体験。それからなんとなくわかってきたものです。一人でカウンターで食べたりしてさ。
ネタのこと、しゃりのこと、店えらび、使い方、気軽なものだったっていう歴史、(最も大事な)楽しみ方とかね☆なによりやっぱり、近くて親しいものになれたな。
カフェにいくみたいに、気軽に寿司をつまみにいく。ことができる東京。を知って。実体験。行き着いた先は、手軽なレンジ法!

















  
Posted by takaex at 15:50Comments(0)TrackBack(0)

February 08, 2010

idea on groumet 11野菜J

「野菜ジュースは冷蔵庫に入れなくても大丈夫」

これはmi-saのおかげで発見できた。
開封後は要冷蔵っていうから、ずっとそうしてたけど、しなくちゃいけないんだと思ってたけど。

500mlの紙パック、
半分残して明日朝飲むわ!
というので冷蔵庫にいれてあげようとしたら
「冷蔵庫に入れないで!!」とのお達し。ツメタイのは調子をわるくするからって。
そうか、まぁくさりはしないと思うけど。。
私も冷えたのはあまり好きじゃなくて結局何日も飲まずに冷蔵庫に置いちゃったりするのよね、、とか話して。
翌朝彼女はそれを飲まずに帰ってしまい、その飲み残しが意図せずして実験材料になったのだった。
なんだ、全然大丈夫じゃん!

それ以来ペットいりの野菜Jを冷蔵庫にいれてない。夏場の30度ごえのときも大丈夫だった。4,5日とか。炊いたごはんとか、いれたお茶とかだとだめになっちゃうのに。これは野菜それぞれの生命力なのか。ふたをして空気にふれさせないから大丈夫なのか。
紙パックではまだ試していなく。

常温で楽しめるとはありがたい。エコでもあるし飲みくちやさしいし、グーな発見でした。

果物ジュースは自信がないけど、りんごジュースは1週間おいても大丈夫でした、冬、こっちの冬は部屋の気温が冷蔵庫とたいして変わらないっていうのもあるけど。。

最近は赤ワインを湯せんしたりハロゲンヒーターであたためているほど(笑)
香りの立ち方が、やっぱりちがうね!
白にはぴったりな気温なんだけどね!
ちょっと脱線したね!




  
Posted by takaex at 12:06Comments(1)TrackBack(0)

January 28, 2010

idea on groumet 10お茶パック

お茶パックの正しい(=いけてる)使い方!

つい最近発見したのデス。
この発見は世紀ものだよ=
っていうか、どうしていままで気づかなかったor聞いたこともなかった、のか。
わたしが知らなかっただけ?と疑いをかけたくなるも、やっぱりいまのところ「私そうしてるよ」という人には出会わないし、今朝もお茶室でへぇーと感心されたし。
あるにはあるけど知られていないだけ、とか。。

袋部分に茶の葉でもカバノアナタケでもハーブでもをいれ、折り返しの太いほうをくるっと折り返す、のが通常だけど、
これだとどうしても中身がでてくるので使いにくかった。コップのなかで面積もかなり大きいし。。見た目が全然おしゃれじゃなくて。もっと小さくて薄でのはないものか、とずっと不満だった。

これを、くるっくるっと折る感じ,つまり
真ん中のところで一回おりあげ(ちょうどここにでている「お茶の葉ここまでライン」のこの線!ページボトム参照)
細長くしてから折り返しをかぶせる、という術!で中身はでてきにくいし、細長でスマートなティーバッグになります!
これだけ!
折りを一回増やしただけでこんなに快適にティーが飲めるとは。。

衝撃もの。
いやーでも本当にみんな知らないのかな。。今回は自信がない。。世紀の発見などと謳ってしまってよいものかと。。(笑)

<補足>
「え?これ再利用できるんですかー?!」という人もいた。
え?っていうか中身すてて水で流すだけよ。。そりゃちょっとはティー色に染まっちゃうけど。。
いまの若いヒトはー、なんでもすてればいい、って思ってるんだから!!(笑)
ケイザイテキですね〜だって。。
驚かれてこっちがびっくりしたわよ!

2/1 2010
<補足2>
やっぱり世紀の発見だと思うー!(笑)
販売会社のサイトにもだれかのコメントにも、今のトコロそういう情報はみあたりませぬ。
折り返しをかぶせる前に一回折る!
<補足3>
思えばこのヒントはおそらくelinapeがくれたshniさん特製のスパイスティによる。形が、1.5 x 4 cm.くらいのスマートでおしゃれだなーなかなかこういう形のティーバッグはないなぁと思ったのが。
素材がまたテトラバッグにつかいそうなおしゃれなナイロン?の光沢のあるメッシュ生地でした。




  
Posted by takaex at 15:21Comments(0)TrackBack(0)

December 01, 2009

idea on groumet 9チャイ

〜チャイをラクにつくる〜の巻

チャーイはおいしい。
だけど必ずなべにカスがこびりついて、、
その後片付けがたいへんで気がめいるというもの。

ロイヤルミルクティーもしかり。ワンゲルでは水も使えないなか、うまいこときれいにこそげおとしてくれる後輩もいたねーOKMとかKZYとか。
私にはできない。

長年のそのわずらわしさをどうにかしたい!と思って。
まー多少、味は邪道になるのだけど、あの、たわしを使っても洗剤をつかってもとれない!というひと苦労をせずにチャイがのめるのならー、と発案。

1.テフロン加工のなべをチャイ専用に(専用にするつもりが結局深めフライパンとして活躍してしまってはいるが・・・やっぱりいろいろ使ってしまっては純粋な味が楽しめないからねー)
テフロン加工というのが一番のポイント!フッ素でもいいのかな。
これだと指いっぽんでスーッととれて後処理がらくらく!

2.水と茶葉とスパイスを煮立たせる
(本来は水:牛乳が1:9とかでもいいくらい水は茶をだすためだけのものだけど、ここは多めに。飲みたい分のカップの量の水で)

3.沸騰させてエキスをだす 2-3分かな

4.普通はここで牛乳を投入するけど・・・しない。

5.カップに直接そそぎ、好みで砂糖(少しでもいれると断然おいしい私は黒糖を小さじ1くらい)
濾すまえのなべに、ではなくカップにいれるほうが量が把握できるし、万一こぼしてもべたべたの被害が少なくてすむよ=。うちのチャイ用なべはくちがひろいから茶こしするときによくこぼすんです。。

6.牛乳または豆乳を5に、カップに加える(お好みの量を)
レンジであたためておくとよいかもだけど、わたしはいつも冷たいままいれてる。

砂糖をいれただけの段階では全然おいしくなくて、うわっ濃すぎ!まずい!
というくらいがちょうどよい。ミルクをいれると一気にチャイになります。

残ったチャイベースはタッパーやマグにいれて冷蔵庫に保存しとくと
朝、チンしてミルクをいれるだけでらくらく。
要するに、別づけだね(笑)
おなべのおていれのらくなことといったら。
だまされたと思って買ってみて、専用ミルクパンテフロン仕様を!







  
Posted by takaex at 17:02Comments(3)TrackBack(0)

June 26, 2009

idea on groumet 8じゃがいも

じゃがいもの皮はスプンでむく

奥多摩の河原でカレーをつくったとき、
すよんちゃんとゆーりちゃん、2人のコリアンガールが軽く洗ったじゃがいもを手に、「スプーンかして」という感じでもくもくと皮をこそげおとしていった。
うまいこととれるんだ、これが。皮だけぺりぺりと。
私やsnmはおどろいていたけど、2人は
当たり前のようにことをすすめるから、思うに韓国式なのかと。
そういえばどこかで聞いたことがあるかも・・・
でも目の前で見るまで、やってみようとは思わず、
せいぜい包丁でこそげおとすか、あまりやりたくないけど軟弱に皮むき機をつかって無駄に廃棄物をだしてしまうか。
最近はそういう下準備がめんどくて、丸ごとゆでる式にしてた。
泥をたわしでこすって洗いおとしてから、丸ごと、少なめ水でゆでふかして、火がとおったらあつあつのうちに皮をむく、
でもこれも手が熱くて。。
それか皮ごとサーブor料理しちゃうか。

スプンだったら、無駄もでないし、なんか効率的で。新しくて楽しいし。






  
Posted by takaex at 12:41Comments(0)TrackBack(0)

March 27, 2009

idea on groumet 7蒸しとろろ

子供のころ、きらいなものといえば
梅干し
のほかに、
とろろ きざんだの、すったの

大人になって食べるのは抵抗がなくなったとしても、
作り手として皮むきの時点でべろべろになって不快。。
シャキ・ネバッもやっぱりそんなに好んでは・・・。という感じ。
たまーに、あればでよい。

ようこのお好み焼きが美味しかったので、なんかつい真空パックの青森産を買ってみたのだけど。100円だったし。
またつくってもらいたいなと、ようこにも1本のつもりで。

最近はレンジ調理にはまっているわたし。ラクだし素材がいきるし。
ムラカミショウコの本をみてからだな・・
なんか思いついて短冊に切って、レンジでチンしてみた。
1分。2分?
蒸した感じの長いもってはじめてかも!新鮮な食感!
むちっとしてねばりが弱まって
すごくよい!
しょうゆとかつおをかけてみた。
懐石っぽい一品に。

シルビアさんが前に輪切りでステーキのように両面をフライパンで焼く、
上に梅肉をのせていただく、っていうのを教えてくれて
「焼き」はたまにやっていたけど。
「蒸し」それもレンジ、はちょっと発明気分。

















  
Posted by takaex at 12:03Comments(0)TrackBack(0)

January 14, 2009

idea on groumet 6 低温トースト

《パンを、ベーグルを、作ったらすぐ冷凍して、食べるときに低温でゆっくり焼く》

「そうするとベーグルが、皮はパリパリ中はしっとりふんわりで美味しいよ!」

これは、プロ並にベーグルもライ麦パンもつくっちゃう親友amikoのアイディア。
パン職人化してるな・・・その上、どうやって食べるのが一番美味しいか、まで研究熱心。すごいの。

厚みのあるベーグルは横半分に切ってから冷凍、とか
レンジで30秒やって解凍してからトーストする、とか
そういう既存のやり方より確かにずっとよい。時間があるときは、かちかちのまま、低温で、低温に設定できないうちみたいなレンジのトースト機能だとアルミホイルをかぶせて。余熱もりようしてしばらく放置したり。

パンが、生き返る!

冷凍庫の小さいわたしは思いもつかなかったけど、amikoはどこのパンも、翌朝食べる用の分でも、買ってきたらもう、すぐ冷凍するよ、という。袋で2重にして。
半信半疑で、なんか電気代とか手間とかラップとかが無駄なような気がしてしまうのだけど、実際やってみるとほんと、生き返るのよね。
パンにかける情熱。があってこそ、なのだけど。おいしいパンを美味しく食べたい!とどこまで本気で思うか。
こんな半プロの(ほぼプロ?)友達が近くにいてわたしのパン生活も潤い、至極しあわせなのだった。

先日、それで、「スコーンも冷凍してみたらどう?」とアドバイスを受ける。
一度もやったことがなかった。だいたい、みんなにおすそわけしちゃって手元に残るのはいつも3,4個とか。1,2日で食べちゃう感じ。
でもamiko方式だと、数時間後に食べる分でさえ冷凍庫にいれる。
うん、やってみるわーと言ってて、年末12/30につくったときに4つ冷凍した。冷めて数時間経過したものを。
1週間以上たって低温トーストを実践。

すごい!おいしー。
amikoの表現によれば、「ほろっさくっがいいね〜」
そう、冷凍しなかったら、どんどん味がおちていくし、こんな新鮮な食感ほろっさくっがもちろん消えうせる。

スコン歴17年にして大革命。これからは冷凍の時代!スコン低温トースト時代の到来〜
将来はクール便でスコン通販もできちゃうー☆(笑)





































  
Posted by takaex at 14:41Comments(1)TrackBack(0)

December 16, 2008

idea on groumet 5 ホワイトソース

今までできないと思い、ハナからあきらめていた手作りホワイトソース。
理由は、バターも牛乳もたっぷりだっていうのと、
難しいという記憶。ダマになるとか分離するとか。
最後につくったのは高校生のときじゃないだろうか。料理上手なナユにコツをきいたきおくがあるようなないような・・・

ホワイトソース = ベシャメル
っていうと「むずかしそー」といって身構えてしまうあの気負いはなんなんだろう。わたしだけ?
やってみるとあっさり簡単にできてしまって拍子抜けしたくらい〜です。

蒲田でDICCECOのホウレンソウフェットチーネを格安(198!)で手に入れたとき、これはどうしてもホワイトクリーミィなソースを合わせたいと思って、ついに昨日闘志をもってキッチンに立つ。もちろん、アニマルファット不使用のベジプロジェクトです。前から内心あたためていた、
バターを使わずにオリーブ油、
牛乳を使わず豆乳 無調整
ちゃんとできるんだろーかーと思いながら・・

・・・

たふたふに、全然豆乳っぽさもなく出来上がって大満足。
ダマになるスキもなかった。小麦粉を少なく使うから?
学校の調理実習とかでよく失敗する班があったものよねー
自分が大人になったせいか
それとも1人前だからやりやすかったのか。確かに4,5人分で成功する自信はないかも。

2年前?ローマ帰りのときもクリームパスタに一時期はまったけど、あのときはまさにクリームを買ってきて使ったのだったし。豆乳でできた生クリームという製品。こんなにカンタンとは知らなかったからね。

___
12月15日の思いつきレシピ ___

ホウレンソウフェットチーネ 少々ゆですぎか、くらいにゆでる
(アルデンテ感覚だとチーネは硬すぎた)

エリンギ チーネにあわせた感じで縦長に
ホウレンソウ 小さい一株を洗って刻んでorちぎっておく

にんにくをスライスしてオリーブ油でいためる
大さじ3-4くらい、いつもより多目 茸が吸うから
キノコ、ホウレンソウをいれてさっと

コンソメ系少し
小麦粉を大さじ2杯ふる
まぜてなじんだら豆乳をトウニュー (・・しつれい
どぼどぼ とどれくらいかな、1カップくらい?
たふたふになるまでまぜて
茹で上がったチーネをいれてカラメル
白胡椒をたっぷり
___
やまやでミルつき白胡椒を買ったとこ!(200)思ったより荒びきだけど。。でも黒しかがりがりできなかったから白も手にいれてぜいたく〜




あーおいしかった。。。幸せなでぃなー〜〜☆





























  
Posted by takaex at 15:26Comments(0)TrackBack(0)

December 04, 2008

idea on groumet 4 とろ柿

熟れすぎて
どろどろっとなってしまった柿。
やわくなったらもう食べない、という人に結構であった。関西にいって。

うちは両親とも
柿はやわらかければやわらかいほど熟しておいしい、と思っていたので...
カタイ柿は「ダイコン」とよばれきらわれ、とろっとろになるまで放置されてた。それで私も子供ごごろにそういうものだと信じていたのだけど。
関西にでて秋になって「ダイコン」のほうが正々堂々として人気をほこり、逆にすこしでもぷよっとしてくるとためらいなく ほかして しまえるほどきらわれている、という柿本場事情にカルチャーショック。

あれはうちだけの慣習だったのか。みんながそうしてると思ってた。北海道の人ってそうしない?よその家では?そういう話をしたことがないままきて、数年前にちいに聞いてみたことがあった。「私むかしからやわくなったのは嫌いよ、家族みんなそう」それは父が北海道生まれそだちの人ではないから?
よくわからないままだ。

とにかくうちでは熟れてどろどろになった柿が人気だった。とくにそれを大好物とする父は、自分でむかないからいいのだ。むくときのあの苦労を知らずに!

そう、あの皮むきが、ね。
手がもう、包丁ももう。できればやりたくない。


先週大家さんがくれた柿がそんな状態で。やわらかくなっちゃったんだけど食べてーーといって、いえ、柔らかいのは・・・という隙もなかった。

大阪で旬の柿を庭の柿を買ったりもらったりしていろんな種類のもためすことができて、もちろん今では私もカタイ派。

手にしてしまったやわ柿を眺めてあみだした一品デザート。

へたを下にしておく。上部を丸くむく。
スプンですくって食べる。皮を器にして。
洋酒を大さじ1,2くらいまぜながら。
グランマルニエがいまのところ一番あった。がっつりと甘いオレンジのリキュールがなぜか柿の甘みも、オレンジの風味もひきたってどちらも生かした感じになった。
ウオッカもやってみたけど。味を消しあった。

手をよごさないうえ、おしゃれである。















  
Posted by takaex at 14:06Comments(4)TrackBack(0)