June 26, 2015

TARUA 455F/KG

じゃがいもの隣に見慣れない根菜をみつけた。スーパーTOAモック。
例によってタグが見当たらず、名前も値段もわからない。もうそれでいちいちストレスを感じなくなっているこのごろ。。そういう意味で一度目の出会いはこれはなにかなーと思ったけども素通り、翌週、数は半分以下に減ったけどまだひと区画分残っているのをみて、気持ちの余裕もあったのかまだ残っていることに縁を感じたのか、気になって足をとめた。
にんじんくらいのサイズで見た目は山芋のような泥色の皮、頭は薄く膜が覆いかぶさって構成されているような、ぱっと浮かんだ表現は「ユリ科」だった、なぜか。よく知らないくせに。ゆり根を思ったのかな。
だから、近くにいた清掃のお姉さんに聞いてみて、名前、ね、なんだったかしら。とすぐに浮かばないほどあまり頻繁には登場しない野菜で、とにかくだれにもわかるようなタロやマニオック=タピオカでないことだけはそこで確信した。お姉さんが、さらに近くにいたドリンク補充係のお兄さんにきいてくれたけど、彼もわかっていなかった。
これは、えーなんだったかな、、なんて二人とも。
マニオックなら自分でゆでてみたことがないから試してもいいな、と思ったのだけど、マニオックでもないとなると。。
お姉さんは、必死に、PATATEよ、PATATE DOUCE,わかるでしょ、そうそう、スイートポテトよ!その一種、と結論づけたけども、先端の薄い繊細な感じの皮膜をみては、とても同意できなかった。OK,とかいいながらその場はつくろって、1本買うことにして自分で試してみるしかない、と思った。
グラム売りなので、いったいいくらになるか想像もつかなかったけど、レジ後、53Fだったのでなーんだと思った。それより、名前だった、レシートにTARUAとでてきて何者かが判明したのだった。「タルア」とはいままでまったく聞いたことがない名前だ。早速ネットで調べた。
2サイトくらいしかみつかならい、意外と貴重なものだ。
里芋のよう、というより、わたしは山芋と称したいと思う。
たしかに外見は里芋をほそくにんじんサイズに引き伸ばした感じがする。ごつごつした節目そのままに。
ナイフでかんたんにうすい皮の部分がこそげおちてくる。穴というかくぼんだ芽のようなところは、皮をおとすとねばっと糸をひいた。それをみると長いもを思い出した。おろして、山芋のように使える!とお好み焼きへの期待大。長いもをわぎりにして焼いて梅肉をのせる、なんてSLVAさんに教わってから、よく焼くパターンをやってお弁当にもしてたものだけど、これもできてしまうー。今回は、ゆでるのよ、とお姉さんに言われたとおり、無難に水でゆでてみた。しゃきっとねとっとして、BORAではこれまで出会えなかったあの食感!うれしかった。
出荷があるとき+数週間に一回程度の買い物にいくとき、このタイミングが合うときしか手に入らないけど、うれしい発見だった。


塊茎 (タロイモとタルア) : ポリネシアで作られる タロイモ は何種類もの品種があります。 「アポ」 又は 「ヴェオ」 と呼ばれています。 「マナウラ」 と 「ヴェオラロトア」 は最も一般的な種に属します。同じ種では、 「タルア」 がわずかに異なる味で、タロイモのように食されます。   この大きな根菜類は鉄とカルシウムを多く含み栄養価も大です。

http://www.tahitiguide.com/@ja/8/27/38/article.asp  

Posted by takaex at 16:57Comments(0)TrackBack(0)

June 13, 2012

こ れ は ・・・


タヒチ・という名の・スイカの・苗!

たひちすいか




















森林公園散策の帰り
立ち寄った直売所・苗屋さんで


突然
  姿を
 みせた  タヒチの
       神様
登場に
    びっくり!


















  
Posted by takaex at 23:07Comments(0)TrackBack(0)

September 07, 2009

やっぱり青唐辛子

青とうがらし。
南インド味を知るまでほとんど縁がなかった。
この夏はなんだかひんぱんに登場してくるので一筆。

子供のころは、ししとうを食べるとうっかり辛いのにあたってしまうんじゃないかとおそるおそる食べたような記憶もあるけど、いまじゃあ「やみつき」!
その辛いのがいい!赤のチリの辛さとは全然ちがって奥深くて繊細でじんわりと、くるねー。
大人が楽しめるからさ。

8月の群馬、もうほぼ新潟という県境あたりのまちで、スーパーでみつけた

・超ジャンボ青唐辛子(大きいので太さ3cm長さ20cmくらい)
・かぐらからし(見た目ピーマンみたいでごつごつぷりはミニかぼちゃみたい)

どっちもたくさん入って(6,7本/個)100円と70円

使い方もよくわからず、とくに「かぐらからし」と油性マジックで透明なビニールの袋いっぱいにがががっと手書きなのにひかれて(笑)
長細いのはなんとなく使えそうだけども丸っこいピーマンみたいなからしは、はて。
レジのお姉さんにこれってどれくらい辛いんでしょう、なんて聞いてみると
かぐらからしはものすごく辛いですよー!とのこと。
わたしは好きですけど。いためて甘味噌からめてごはんにのせると美味しいんですよーと教えてくれた。
また、この甘味噌がみつからなくて。。せいぜい見つけて「中甘」クラス。
ネットでみると、酒、砂糖をいれて自分でつくることがわかったりしてねーあれこれ試行錯誤の結果、2回目の作はかなりうまくいった。
ごはんが、おとうふが、とくにゴーヤスライスが合うのだけど、、とまらないです。
ほんとに。
ほどよい辛さのジャンボのほうは、レンジでチンしてゲランドだけで◎。


そのあと房総でみつけたのは
・甘長とうがらし
これは全然からくなかったけど。フライパンでころころ焼いたらおいしかったー。
期待はずれなりに(甘、というくらいだから仕方ないが)いい買い物だった。一袋40円。

カルフールで千葉の野菜コーナーがあって、あった、
・青とうがらし
レンジで千切りをチンしてパスタに添えて。


今日はランチでピーマンと、群馬のジャンボからしの残りをチン2分してゲランド塩をかけたものをもってきて。ちょっと塩をきかせすぎたもので、ちょうど塩もレモンも入れ忘れてきた
低脂肪ヨーグルトにつけながらいただいてみたら、うーー美味しい!
昨夜、ヨーグルトに塩とれもんを入れてインド風?トルコ風?を楽しんでいたところ。
急に思いついたんだけど。
青とうがらし、こんな異国味にも合うなぁ。

昨日はダバでミールスランチ。
エビの、キャベツの、いためものにピリッとグリーンがきいていて--さいこお。
くー。









  
Posted by takaex at 17:26Comments(0)TrackBack(0)

September 03, 2009

ついに憧れのプランティン

を!発見!&手に入れ!&調理し&未体験の味を!!
知ることができた!
乾杯!!
うふ。

その実は。

いやぁ。
これがちっともおいしいと思えなくて最初は。。
見た目も、いまいちで。。
あんなにEMMANUELが発作のようにときどき
「あぁーおぉーplantine..i miss so much..」と言ってたりしたのが忘れられないだけに。

やっぱり日本のスーパーで売るようなのじゃぁ、10cmちょっとしかない短い貧弱なのじゃあ、アフリカンのじゃなくてフィリピンのだったし。。違うのかもーと思いながら我慢して味見をつづけた。

扱い方もよくわからないのでとりあえず4本のうち1本を洗って皮ごと蒸してみた。
うすく張った水の中にいれて火にかけただけ。
蒸しあがりの時間もよくわかんなかったけど、普段やってるサツマイモとかじゃがいもよりはすぐできそうだなと。
これを皮をむいて縦割りにカットしてみると、まるでバナナの黄色いの、なんだけど、まんなかの種のとこがまっくろでどろどろしてて気持ち悪い。なんか虫がいてもおかしくなさそうなどろどろ。こういうものなのか種のところは?実のきれいなほくほくの黄色とは対照的なその黒い色をみながら
半信半疑で大丈夫そうなところから味見。
においもうすいけど、っていうかちょっとへんな酸味っぽいにおいがただよってるくらいで、、レモンやタマリンドの酸味とも全然違って。
味がまた「ない!」今思えばジャガイモがだめになりかけのときのちょっと違和感あるほくほく感と同じで、確かに南国特有のような、アフリカ人が主食にしてそうな、キャサッパやタロイモ的なくせみたいなのがちょこっとあるかな。あるかも。。

2本目もやってみる。さっきのがくさってるのか、確かめたい。
今度は縦にわってから蒸した。
蒸すと色はたしかに黒っぽくなったけど1本目よりは全然まし。
どろっとはしてるけど、やっぱりさっきのはわるくなってたことが判明。
しかし味はとくに変わらず。

そういえば油であげる料理なんかきいたことがあるかもないかも、でオリーブ油をひいて軽く焼いてみた。
あついうちに塩をかけて。
これも。。うーん。。という感じで食はまったく進まず。
明日になったらおいしくなっているかも?!

今日ランチにもってきてみた。
塩だけだとやっぱりいまいちで
みさちんからいただいた香川のソイソルト<青唐辛子とにんにく>版をかけてみると!
あら!おいしい!
ということに(笑)やっと

思い出した。
emmanuelがパタートpatate(さつまいも)をふかしたのに唐辛子の粉と塩をかけてだしてくれたことがあって、その味を。
似てるかというと違うけど、でも彷彿はさせる。
それで恋しい思いをしのいでいたんだな、彼は。

どんな話をしたか忘れたけど、たぶんそう、コートジボアールではさつまいもに唐辛子をかけるの?と聞いたら、いやプランティンでこうやって食べる、とかなんとか言ってたんだろうな。そのときはプランティンの味に見当もつかないから、バナナの野菜版っぽいのに唐辛子粉かーと想像するしかなかった。
さつまいも。
はずれてないかも。じゃがいもより、黄色バナナより、さといもより。
さすがの感性だな。


レシピをさっとみて。
今日残りの2本はココナツミルクとどうにかしてみようか。
カレー風かデザートか!










  
Posted by takaex at 16:55Comments(0)TrackBack(0)