takafumi uchino atelier note

画家・内野隆文の公式ブログ。サラリーマンアーティスト。 作品紹介や個展のお知らせ、余談など。スタッフ、ときどき内野。 公式HP takafumiuchino.com

東京の小さなマンションの片隅で生み出される作品たち。
作品のコメントなどを綴ったブログです。

公式HP https://www.takafumiuchino.com/

●『男の隠れ家 ベストシリーズ』2019年10月18日発行72‐73ページ「小さな秘密基地の造り方。」2018年3月号の『男の隠れ家』(当時のブログはこちら)にて掲載していただいた内野のアトリエの取材記事が、ムック本にて再登場!2017年、2018年、2 ...

「ラッシュアワーバード」2019年古い紙にアクリル、ペン作品サイズ:19.3×11.7cm額サイズ : 24×18cmおびただしい数の鳥たちが黙々と移動しています。群衆の中で感じる孤独。繰り返される毎日。現代の都市に生きる私たちを表現した作品です。生き急ぐ私たち ...

よく分からない粉末や錠剤の残るガラス瓶、動物たちの頭骨、厳かな世紀末のロシアイコン・・・気が付けばアトリエは、たくさんの古き良きもので満たされています。役には立たずともインスピレーションには大いに一役買う、大切なコレクションなのです。********** ...

初めて青山の「はいいろオオカミ+花屋 西別府商店」を訪れたのは数年前。ロシアのアンティークと、見たことのない植物が共存する独特の空間。その際に購入した鉄製の壁掛けは、朽ちて底がすっぽりと抜け落ちています。本来の役割を果たせなくなったその姿に、いっそう美しい ...

内野隆文公式オンラインショップでご利用いただけるクーポンをプレゼントいたします。9月16日までの期間限定で、全作品5%OFFにてお求めいただけます。購入画面にクーポンコード「shop80thx」を入力する欄があります。この機会にぜひショップページをご覧いただけると嬉 ...

鳥愛好家として名を馳せる内野。一連の「鳥シリーズ」も、こうした鳥関連のコレクションからインスピレーションを受けているのかもしれません。インコ好きにはお馴染みの「シロハラインコ」は、フレンチ・アンティークの剥製です。「antique Salon」さんが主宰するイベント「 ...

「雨」2018年キャンバスにアクリル作品サイズ :22.7×15.8cm(SM)額 : 無家々の灯りは消え、辺りは厚手の布を覆ったみたいにしんとした闇に包まれています。漆黒の世界に降り注ぐ雨。雨粒はかすかな星々の瞬きに照らされて金色にきらめき、地面を静かに濡らしま ...

内野隆文 公式HP内の「Works」に、2019年制作の作品を掲載しました。こちらからご覧ください → こちら*****************内野隆文 公式HP → https://www.takafumiuchino.com/オンラインショップ → https://shop.takafumiuchino.com/インスタグラム ...

「楽譜」2019年古い紙にアクリル作品サイズ : 13.2×17.5cm額サイズ : 25.8×31.9cmベルギーの音楽学校で使われていた古い楽譜に着彩した作品です。木立にそよぐやわらかなメロディー。誰もいない放課後に聴こえてくるかすかな旋律。年月と共に風合いを増 ...

外光の射し込む明るい手前側スペースとの対比が面白い、奥のダークゾーン。クラシックな額に廃材の木片を使った作品を合わせた本作は、ちょうど2つのスペースの境界に飾られていました。黒い塗装が大人な雰囲気を醸し出す空間。様々なタイプの作品をなるべく雑に見えるよう ...

↑このページのトップヘ