4日夜の雨は最後に残った紅葉を散らした。

御所市九品寺千躰仏の紅葉が良いことは 11月30日のブログで書いた。

散り紅葉を撮りに、葉の乾かないうちに出かけた。

予想どおり、この雨で紅葉を散らしていた。

雨が早めに上がったので、その分乾燥が早まった。

散り紅葉に乾燥は厳禁です。

薄暗いながら先客4人がいたが、2人は知った人でした。

その中の一人は御所のKさんでした。

Kさんに会うのは何年ぶりでしょうか。

お体をこわされていたと聞いていた時だから、3年以上になるだろう。

お元気そうでした。

撮影していると住職がお水を変えにやってきた。

どうも今年は赤い葉が少ない。

5日の千躰仏
DSCF0316

DSCF0356

6日の千躰仏 全景
DSCF0393

DSCF0396

DSCF0383

DSCF0401

DSCF6062

雨が降りそうだったので、次の日(6日)も九品寺に行った。

多少湿っていたが、落ち葉にまで元気が戻っていなかった。

降りそうな空だったので、降るのを待っていた。

もう一人先客のご夫人が雨を待っていた。

中判カメラで、いまどき珍しいフィルムで撮っておられた。

待ち話をしていると、顔は知らないが名前を知っている人ではないかと

聞いてみたら、図星でした。

奈良県のハイ・アマチュア写真家の集団に属しているUさんだった。

彼女も私の顔は知らないが、名前は知っていた。お互い様でした。

その後、私は現場を離れましたが、雨が降ってきたので再び九品寺に戻った。