紅葉のナナカマドが続きましたが、ここ奈良ではこの木は少ないです。

大台ケ原まで行けば見られますが、平地では見たことがありません。

北海道旭川市では街路樹にナナカマドが植えてある。

このあたりで、

私は赤くなる木としてはドウダンツツジではないかと思っている。

それは多く、庭木で見ることが出来ます。

私がよく行く鳥見山でもたくさん見られます。

この木はいつも綺麗に赤くなるとは限らない。

虫が付いたり、気温の激変で葉がちぢれて色付かないことが多い。

本当に赤くなるのは何年かに一度です。
どうだん
どうだん11

それほど美しいです。

これに霧がかかれば最高です。

うまい具合に霧は出てくれません。

どう段

どうだん2

もう一つ、赤くなる木にウルシがあります。

ウルシの写真はあまり撮りませんがたまたま見つけました。

この木も本当に赤くなると、真紅になります。

下の写真はまだまだです。
うるし

さあ、これから赤くなるものにヒガンバナがあります。

次回はヒガンバナ特集といきましょう。