プロ野球選手の中では、中西・稲尾さんは別格(私の中では)として、

私は野村さん、落合さん、イチローさんが好きだ。

少なくとも長嶋さん、王さん、張本さんよりも好きだった。

いずれもスーパースターだ。

練習と勘でやっていた野球をデータ重視したのが野村ID野球です。

野村語録

優勝というのは強いか、弱いかで決まるんじゃない。優勝するにふさわしいかどうかで決まる。

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。

野村監督は本当の野球バカでした。頭のいい尊敬すべきバカでした。
つまり自身をバカと言いながら、賢人隠しをしていた。
ミスタープロ野球長嶋さんのキャラはある意味、読売が社をあげて作り出したと言える。
皆さんが長嶋、長嶋というほどすごい選手なのか?
印象に残るスーパースターであるのは分かりますが、半分は読売が作った虚像といえる。
だって教え子がいないじゃないか。松井?彼は賢いから監督に合わせただけ。

王さんは宮本武蔵みたい。現役時代はバッティングの極意を求め続けていた。
長嶋さんより上にいながら2番手に甘んずる悲劇的な面もある。
ソフトバンクに移ってよかった。

野村さんにはそれこそ外からのバッシング(沙知代夫人の)に会いながら、
我慢してきた。そして好きな野球だけに心を動かしそれを具現した。
野球界に残したものは計り知れない。
野村さんみたいな野球人は当分現れないでしょう。

イチローさんは孤高のまま黙っていれば良い。

これからの楽しみは落合さんに期待です。