ハイスロを取り付けたzzr1100は中古のせいだろう、アクセルが重くなってしまった。
しかも、エンジン回転の下りが遅い。前々から気になっていたが更に酷い。
少し長い距離を走ると、とても耐えられないと思う。
バイクは快適に乗れないと駄目なのだ。
そこで、ワイヤーにシリコンスプレーを吹き込み、更にキャブ接続部を再調整した。
そして、アクセルグリップはシリコンが付いてしまったので、洗浄する。
これで、アクセルはバーハン前程度になったかな〜。
IMG_20200110_172505
そして、新春売出しでキャブドライバーが安く売られてたので、購入してしまった。
SRXはシングルキャブだからサイドスタンドをかけて、キャブをインシュレーターから回せばスロー調整が出来るが、zzr1100はそうは行かない。
IMG_20200110_134329
準備が出来たら、この状態でエンジン始動。
ここでは、ワイヤーが引っかからないかを確認する。
この状態でアクセルを何度か煽り、しっかり1000回転弱まで確実に戻ることが確認できた。
1578645182726
次にエアクリーナーボックスを取付けて、右側のカウルを外す。
外したらキャブドライバーでパイロットスクリューを調整。
購入時にバラしたキャブはパイロットスクリューを1.5回転とした。
サービスマニュアルでは2回転と書いてある。
さて、マイバイクはどの辺?
実はzzr1100。キャブのオーバーホールした時にわかった事であるが、ポート研磨してある。なので、マニュアルの基準値は使えないである。

4番から。まず、全閉にして、1.5回転であったことを確認。そして、更に開けていく。どうやら3と1/4位が良さそう。
そして、3番に移る。やはり、3と1/4位。そして、アイドリングが2000回転位に上がった。
アイドル調整をして、2番。
という具合に調整を終え、試運転。
なんか、音が静かになったな〜。ただ、エンジン回転の落ち方は気に入らない。まだ薄いのか?なんか、スロージェットの番手を上げたくなってきたけど、その前に、もう一回調整しよう。