6月に入りましたが、相変わらず朝ランは、低調な感じでボチボチやっています(汗)

若干、サボる事に対しての罪悪感が薄れつつあるという、危険な香りを漂わせながら、、、

そういう気持ちを断ち切ろうと、日曜日に、2週続けて、久々に30kmランをやってみました。

まぁ、40km走りたかったのですが、30kmまでしか持たなかった、と言うのが本音ではありますが(苦笑)

最初の5kmはウォーミングアップなので別として、残りは4分20秒くらいのペース走で、なんて思っていたのですが、『案ずるより産むが易し 』の逆バージョン。

『案じてなかったんだけど難産』となりました。

もちろん、こんな”ことわざ”はありませんけどね(笑)

ただ、面白いもので、先週よりは翌週の方が、楽に速く走れる。

よし次週も、、、なんて意気込んでいたら、二日酔いで断念、、、

こんな事で良いのでしょうか?

自己嫌悪に陥ります。

さらに、この鈍り始めた肉体は、普段の20km走後にも筋肉痛を起こすようになって参りました。

そのため、30km走後の筋肉痛なんて「もはや怪我?」と思うくらいのシロモノですから。

10月末の横浜マラソン、4ヶ月あるし、まだまだ先でしょ?

なんて甘くみていたら、あっという間に本番がやってきそうなので、そろそろギアを上げていきたい。

とは、1ヶ月ほど前から思ってはいます(苦笑)

ちなみに、2週連続の30km走は、こんな感じでした。

IMG_2833IMG_2838
















朝ランの時は、体内のエネルギーを効果的に使えるような体質にするため、エネルギー摂取ゼロの状態で走ります。

純粋に1,700キロカロリー以上消費していると思うと、なんか嬉しいです(笑)