横浜マラソン2019、無事に完走いたしました。

レース前の整列時に、友人と合流出来ただけでなく、たまたま僕の隣に並んでいた人が、その友人の知り合いだったりして。

レース前にラン友が増え、お陰で緊張が和らぐ、という良い状況に。

早めに並んだお陰で、最前列に近い所だったので、スタートは非常にスムーズ。

周囲のハイペースに乗せられないように、抜かれるのを気にせず、序盤は落ち着いたレース運びができました(まぁ、それでも想定よりハイペースになっていましたが、、、)

ただ、15km付近で使い慣れていないヴェイパーフライの代償か、左足の親指に水ぶくれが出来てるっぽい痛みが出始め、まだ序盤だっただけに、ちょっと不安になりました。

とにかく、水ぶくれ以外は、ハーフまでは最高の展開で、予定より1分速いペースで高速道路へ。

高速へ上がる急坂を超えれば、高速上の10kmは力を温存して、残り11km頑張るぞ、という予定だったのですが。

この高速道路で、思わぬ天敵と遭遇しまして。

その天敵とは、、、向かい風です。

これがホントにキツかった(涙)

道中、後ろから多くの足音が聞こえるな、と感じたので、斜め後ろに目線を落として人影を確認してみると、明らかに数人が僕を風除けとして使っている感じで。

スピード落として誰かの後ろに入ろうかな、とも考えたのですが、人にペース合わすより自分でペースを作る方が好きなので、結局、高速上では皆さんの風除け&ペーサーとして活躍した感じになりました(苦笑)

お陰様で、その代償は凄まじく、高速から降りる時には、ほぼ脚を使い切るという最悪の展開に。

サブ3のペースメーカーの人も、高速降りた所で1人脱落していたので、やはり相当ハードな状況だったようです。

特にラスト5kmは、とにかく思い出したくも無いくらい、ツライ記憶しかありません。

足が痛い、スピードが出ない、1kmが長い、etc、、、

ツライ顔をすると、どんどんキツくなるので真顔を作るのですが、気付けば顔が歪んでるし。

腰が落ちると足が上がらなくなるので、フォームを直すのですが、気付けば腰は落ちてるし。

狙っていたサブエガ(江頭2:50にかけて、2時間50分を切る事を通称サブエガと呼びます)も不可能だと悟るし。

山下公園の給水ポイントで、ラッキー給食のハーバーを取ろうと思っていたのですが、そんな元気も無くスルー。

そこからは横浜の名所ばかりを通るので、元気だったら気持ちが良いハズなのですが。

赤レンガでは、走路がレンガ感満載で走りにくい、としか思えないし。

新名所のハンマーヘッドでは、最後に遠回りさせるなよ、としか思えないし。

とにかく次から次へと、負の感情しか出てこないという、情けない展開に(苦笑)

ただ、ラストのパシフィコの手前で、娘を見つけてからは、ちょっと元気になりまして。

どうにか歩かずにゴール!

サブエガは成らなかったものの、タイムは2時間52分36秒と、無事にPBは更新。

順位は初の2桁で、68位でした。

IMG_4162IMG_4163
















元々は、3週後の湘南国際に向けての練習ランにするつもりだったのですが、結局、出し切る感じになってしまい、足は全般的にエライ事になっております(苦笑)

横浜の無念は湘南国際に、と言いたい所なのですが、果たして良いコンディションで12月1日を迎える事が出来るのでしょうか。

今、無理すると怪我しそうなので、とりあえず数日は、足を休ませようと思います。


たかはし鍼灸治療院

http://www.takahashi-yobou.sakura.ne.jp