このブログは120%趣味で書かれたブログです

久々のブログ更新なれどもやはりBRの更新はされず。3勝ったけどね正直もう覚えてない
7割がた京都か飯しか書いてない上に今回は飲みながらという体たらく 気にしたら負け。
京都OFFに備えてこうして情報収集してるんだからなー頼むよ頼むよー
という事で今回は友達とイスタンブールサライというトルコ料理の店に行ってきました!
今回自分が頼んだのは4150円のサライコースというコース結構量もあるので納得の内容でした。
まず出てきたドリンクがこちら
1426344383253 


 



































トルコではポピュラーな飲み物アイラン ヨーグルトに塩と水を混ぜたみ物らしいです
初めはちょっと酸っぱくしょっぱいかな?と思っていたのですが、出てくる料理との組み合わせが抜群に良く後味をきれいにさわやかにしてくれるおかげで
食べ飽きたりする事無く最後まで美味しく頂けました。頼んで良かった

最初に出てくるスープがこちら
1426344400526













豆のスープという事でしたが味はミネストローネに近い感じの味だったのですが、
写真でも見えているオレンジの部分をかき混ぜるとちょっとピリ辛な味になりウマウマ
一番に出てくるスープという事で食欲を刺激してくれるいい味でした。

前菜がこちら
14263444080031426344416408
 



















































上の写真のペーストを下の写真のパンに付けて頂く
(パンペースト両方はちょっと食ってから写真撮ってないのに気づきました)
上から反時計回りでそれぞれ
ヨーグルトベースのペースト 豆のペースト ピリ辛野菜 チキン 野菜炒め
ヨーグルトのペーストはサワークリームの様にさわやかな味で単体でも美味いが
他のペースト特に 豆、ピリ辛野菜 との相性がよくパンが減る減る
豆のペーストは豆の風味は残しつつどこか肉を思わせる味付け
味はしっかりしていながらも他を邪魔するほど濃くは無いので全体的に良い組み合わせに
ピリ辛野菜は 後を引きながらもマイルドな辛さ
チキンはあっさりとした味で他のペーストの味の良い引き立て役に
野菜炒めは具がしっかりしているので単体でも行けますがピリ辛野菜との相性がグー。

ほんとはこの次にトルコ風水餃子のヨーグルトソースが出てきたのですが写真撮り忘れ…
すまぬ…すまぬ…
味はヨーグルトソースなのでさっぱりしていて食べやすかったです。
最初のドリンクといい前菜のヨーグルトベースのペーストといいヨーグルトの食べ方が
多種多様ですね。というのもヨーグルトはトルコ発祥なんですね
ヨーグルトと聞くとブルガリアが思いつく方がほとんどでしょうが
実は消費量等見てもトルコの方が上!
世界三大料理に数えられるだけあって調理の幅も広いです。色々勉強になるのう

と色々な知識を並べてごまかした後にメインディッシュ!
1426344424140













ケバブの盛り合わせ!
ケバブと聞くと一般的に左にあるような肉をパンに挟んだものを思い浮かべる方も多いかと
思いますがケバブはあくまで肉や魚野菜をローストする料理の総称
肉の固まりが回りながら焼かれているのをそいでパンで食べるのはドネルケバブサンド
になる訳ですね。今回皿に盛られているのは
左の削ぎ切りが羊と牛を重ねたものをドネルケバブにしたもの
中央下が羊のシシュケバブ(要は羊の串焼き)
中央上が鶏のシシュケバブ(タンドリーチキンに似た味付け)
あとは野菜の盛り合わせと右にひっそりしているのがトルコ風ライス
バターで味付けされたピラフと言ったところでしょうか
ここでアイランが本領発揮! 見た目どおり結構肉が多いのですが
これらを食べた後にアイランを飲むとさっぱりとした味でしっかりと口をリセット
出来るので食べ飽きる事無くぺろりと頂けました。
ドネルケバブはシンプルな塩こしょうの味付けで肉の旨味を押し出した感じ
羊のシシュケバブはラムだ!と思わせつつも特に臭みを感じる事も無くいい塩梅
チキンもジューシーで他2つとは違った味付けなので単一な味にならずいい感じ
これで大分腹が一杯だったのですが友人が残したアダナケバブ
(ラム肉のひき肉を整形して串に刺して焼いたもの)も頂きました。
こちらは香草の効いたスパイシーな味付けをヨーグルトソースでまろやかに仕上げた
ご飯の進む良いおかずでした。

この後にデザート
1426344459189













ストラッチと呼ばれるミルクライスプリン
コレがまたヤバい!
腹が一杯だったのにも関わらずペロっと食べてしまった上におかわりが欲しい
と本気で思わせる美味さ!
ぷるぷるとしたミルクプリンの中にタピオカを思わせるほどもちもちとした
お米がトルコの料理であるにもかかわらず
とても上品な甘さは和に似たものがありとても好みの味でした。

最後にトルコチャイ
1426344467431
 












チャイと聞くとインドの甘く煮出したミルクティーと思われる方がほとんどだと思いますが
世界的にはチャイといえば茶葉に香辛料を加えたマサーラー・チャイをさすそうです。
入れ物もこういった独特の形をしているのがトルコ流
入れる際にもチャイダンルックという2段重ねのポットを使うとのこと。
自分は結構甘めにして飲むのが美味しかったです。トルコではかなり砂糖を入れるそうで
このスプーンで4〜5杯くらい入れた気がしますがそれがちょうど良く思えました。
食後に胃に優しくとてもありがたかったです。

以上が今回行ってきたイスタンブールサライさんのサライコースでした。
4150円と決して安いとは言えない金額ではありますがそれに見合った量と味
いやー良かったですね 最後のプリンがまー美味しかった本当に
多分今度昼頃にプリンとチャイだけ食べにいくでしょう。

そんなこんなで今回はここで終わり皆さんもたまにはトルコ料理召し上がってみては?
 

久々にブログ書くけどやっぱり内容はBRじゃねーです
今回は時事ネタ+地元民として夏の一大イベント祇園祭についてかる〜く
お話ししていこうかと

 祇園祭は9世紀に流行した流行病を鎮めるために行った事に端を発するんですけど
今みたいに山車を使うようになったのは室町時代からですね

ちょうどこの記事を書いている前日7月16日が属に宵山(山矛巡航の前日の意)
で夜になると今日7月17日に山矛巡航で曳き回される山車が駒形提灯とかでライトアップ
されてたり、色々な夜店が出てたりするんですが今年は30万人以上が訪れたらしいです

そんでもって記事をこの記事を書いてるまさに今山矛巡航が行われています
授業無けりゃ見に行くんだがなー 祭好き人間なんで行ける範囲にあるのに
見に行けないのは辛いっす
でその中で一番有名な山矛がこちら
DSC_0061





























毎年山矛巡航の1番を務める事が決まっている長刀鉾!
後ろのビルと比べてもらえればわかりますがまーでかいです
長刀の一番上まで大体25m重さは10tを超えてきます
これを大体50人くらいの人数で曳いて行きます
当然このサイズですので普通に曳いていくだけでもかなりの重労働なんですが
この長刀鉾基本的に直進しか出来ませんしかしずっと直進する訳にも行きませんので
進路変更をするんですがこの大きさ、重さで操舵性能がないものを
無理矢理に90°回転させるわけなのでこれが大迫力!

http://www.youtube.com/watch?v=rqUb-qZGUNE 

詳しくはこちらの動画を見てもらえればわかりますがああやって鉾を回転させていく訳です
動画内ではあまり分かりませんがこれかなり揺れます下手すると倒れそうなくらい揺れます
が上の部分を大きくしならせる事で鉾全体の揺れを軽減しているので倒れないんですね

書いてたら無性に見に行きたくなって来た・・・うぐぐぐぐ 

この年は出てないですがこの少し前の年には長刀鉾では無いですが祇園祭にボランティア
として曳き手で出た事があるのでまた機会があれば参加したいものです

今年は約50年ぶりに7月24日の後祭が復活し更にそこで大船鉾が150年ぶりに復活する
のでなんとかそっちは見に行きたい!

とまぁかる〜くというよりはかなりガッツリめの話になってしまいましたが京都に
住んでる方だけでなくお近くの方は一度見に来られてみては? 
人はえげつなく多くて暑いですがね・・・
 

京都OFFの方は黒城さんがサラッと書いてくれたから書かなくても良いような気がしてきた。

そんな訳で今日は学校昼まで+親が外出してたのでテケトーに飯を買って家で食べる事に
そこで選んだのが家の近所のコロッケ屋「京家コロッケ」
このコロッケ屋は地元では有名で自分もかなり小さいときから継続的に通ってます
記憶が正しければ前に何度かテレビで取り上げられもしてたはず・・・

まあ前置きはこんなもんにして今日買ったものがこちら
DSC_0039 



















 右2つが串カツ(40円×2)左手前2つがコロッケ(60円×2)奥がハンバーグカツ(50円)
の合計250円。これだけでもご飯2杯はいけます

串カツは中身がタマネギと鶏肉、衣が多めですがその衣にしっかりと味がついているので全然平気

コロッケは中身がほとんどジャガイモなのですがその分甘さが引き立っていてどんどん食が進みます
揚げ物がそんなに好きでない友人もここのコロッケは上手いと言って食べてました

ハンバーグカツと言っても中身はハンバーグではなく昔ながらのハムカツに近い形です
コロッケ、串カツに肉成分が薄めなので1枚はあるとベネ

全てに共通して言えるのがどこか懐かしくほっとした気分になる味です
どれもこれも美味しいのでご飯が止まらず困るんですよねw
また、カゴメ、イカリのウスターソースと相性が抜群!病み付きになります!
一度近くに来られた際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
京都住みなら一度は来るべし!

場所はバス停「泉涌寺道(外回り)」を降りてすぐ
ただし営業時間が9:30~体感で16:00頃で定休日が木、日、祝日なので遠方からなら土曜日の昼に!
ここでコロッケ立ち食いした後近くの大谷園茶舗で抹茶アイスとかのスイーツを頂くと
ディ・モールト・ベネ!
 

このページのトップヘ