これは、もう株だけの問題ではありませんね。
国会議員たちが発言していますから。
民間のテレビ局の経営に関して、
ここまで政治家が踏み込んだ発言することには、
さすがに違和感があります。

あれほど社会主義を厳しく批判してきた
フジサンケイ・グループは、どうしてしまったのか?
社会主義国への批判は、信条ではなく、
ただの売り言葉だったんですね。

政治家のライブドアへの批判は、恐ろしい。
リスクを取って合法な行為をしているのに
大臣や議員にいちいち批判されていたら、
商売はできないことになってしまう。

「金さえあれば何でもできるという
風潮をそのままにするのはよくない」。
そういう風潮を作ってきたのは誰ですか?
という声は、当然起きる。

「本来、日本にはなじまない」。
じゃあ、何がなじむというのか。
護送船団でやれということなのか?

放送を「基幹産業」と呼びながら
外国人の持ち株について制限を厳しくする発言が
総務大臣や官房長官から出ています。
こうなれば、日テレやテレ朝の株価の下落も当然ですね。

毎度ありがとうございます。

カブログ・ランキング