Espresso Diary@信州松本

エスプレッソ・ダイアリー。信州松本のコーヒー屋の手記。 RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/takahashikamekichi/

2004年09月

ホームで戦う。

「商品先物って、どうっすか?」。小学校から知り合いのA君に尋ねられました。連日のように営業から勧誘の電話があって、本人も少し乗り気になっているようです。続きを読む

内閣改造の読み方。

「郵政民営化」を優先して、その実現のために人選をした。分かりやすいですね。もう、2大政党の時代なのですから、マスコミは民主党の『次の内閣』との比較を書いて欲しい。日本シリーズで捕手や4番バッターを比較するように、大臣の顔ぶれを比較した方が盛り上がります。でも、日本のマスコミは慣例の縛りが余りにも大きいので、そこまでいかないんですね。だから紙面も冴えない。関心も低い。続きを読む

FOMAに変えてみた。

FOMAに変えました。ウェザーニュース(4825)の「宇宙から見た地球」の映像は、いいですね。知り合いの外国人たちに見せると、みな驚きます。みんな自分の国の場所を見たがる。インターネットに接続した頃は、高知大学のこの映像に驚いたものですが、いまは手のひらの上に生きている地球があるような、不思議な感覚を味わえる時代です。続きを読む

ナカニシ(7716)。

「地獄に落ちろと言いたい」。ライブドアの100分割は、松井証券に批判されました。システム増強で苦労してきた松井社長の気持ちは分からないでもないですが、分割をせず売買しにくいままの銘柄に対して批判が出ないのは、フェアではないと思います。続きを読む

ライブドアの勝ち。

現時点で、私はライブドアの勝ちと見ます。どちらが仙台で球団を運営できるか?は、もう問題ではありません。新興企業では経営者のイメージが、大切な資産です。たった数日で、楽天は多くを失いつつあります。

優等生と悪ガキ。

ライブドアと楽天の対立は、日本のIT業界にとってプラスに働いたと思います。情報といえばテレビや新聞という地方の中高年にも、その存在を強くアピールすることになった。若く新しい経営者が経済の中心に近づきつつあることは、もう否定できないでしょう。そういう意味では、良い対立だと思います。続きを読む

楽天vsライブドア。

楽天は、できれば既存のチームを買収したいのでしょう。最初に「神戸」を考えたのは、オリックスの本拠地だから。次に、近鉄バッファローズを考えて「大阪」が浮上。長野県の田中知事も登場し「長野」という話も出て、現在のところ「仙台」が候補地です。現実的に考えたつもりの行動が、迷走と受けとめられています。

ブッシュ有利の情勢。

風は、ブッシュですね。共和党大会に続き、国連での演説も上手かったと思います。ネクタイの色は、落ち着きや冷静さを表現する青でした。小泉さんの外交日程も、ブッシュの選挙を支援するように組んである。「世界の情勢に疎いブッシュ」という負のイメージを、巧みに消し去ろうとする陣営の戦略が明確ですね。あれこれ文句をつけてきそうなフランスやドイツではなく、ブッシュを認める日本の総理大臣を国連に呼んでいる。場所が国連であれば、外国経験の乏しいブッシュでもリラックスして振舞えるという計算でしょう。続きを読む

ドル安の流れ。

ドルと円の相場だけを見ると為替は動いていないように見えますが、アジアの新興国やニュージーランドなどの資源国の通貨は上昇しています。これは、日米が同じエレベーターに乗って下へ降りているイメージですね。この2つの国に共通するのは、巨大な財政赤字。そして、イラク戦争に対する肯定的な姿勢です。続きを読む

巨額介入の歴史的な意味。

いまは、まだ介入しかない。おそらく、日本の通貨や財政の当局者たちは、そう考えていたのではないでしょうか?―――為替市場への介入が市場原理に反することは分かっている。クレイジーと言われようが、バカ呼ばわりされようが、いまはまだ政府が海外への投資を肩代わりしなければならない段階だ。―――介入は、いわば「確信犯」的に行われたのではないでしょうか。でなければ、本当のバカです。続きを読む

為替市場の動向。

ドル円相場は、109円〜110円の小幅な値動きが続いています。日経の20面『マーケット・ウォッチャー』は、アジア通貨が話題。ここは普段なら、ドル円相場や債券市場の解説をしている欄です。きょうは、韓国ウォン、シンガポールドル、台湾ドルなどのアジア通貨が上昇している背景を説明しています。裏を返せば、それだけ円ドル相場に膠着感が強いということです。続きを読む

ライブドア球団に期待します。

ライブドアが、球団を創る。いいですね。私は、株主ではありませんが、賛成ですし、期待したいです。続きを読む

ブラジルの期待。

小泉総理が、サンパウロで語りました。「ブラジルは可能性に富み、政治、経済面で安定している」。時代も変わったものです。ブラジルといえば、不安定の代表みたいなものだったのに・・・。経済大国の首相の口から「安定」といってもらえれば、ブラジルも嬉しいでしょう。続きを読む

カワイイお金には旅をさせる。

出来高ランキングが、昔の歌番組みたいになってきました。シキボウとカネボウは、かつての繊維の名門です。三井鉱山、住友石炭、三菱マテリアルと、古い財閥の名前がついた資源の会社が並んでいる。まるで「昭和レトロ・ブーム」が、東証に押し寄せているかのようです。ケータイが「着メロ」の時代なのに、相場は「懐メロ」。新興市場が、冴えません。この1年半ほど、ずっと出来高上位の常連だった銀行株の存在感が、薄らいでいる傾向も見えると思います。続きを読む

日信工業。

ホンダ系の部品メーカーには、割安なところが多いと思います。日信工業、武蔵精密エフ・シー・シーショーワケーヒン本郷田中精密ユタカ技研八千代工業。この中では、日信工業が印象に残る銘柄です。長野県の上田市にあり、ABSブレーキを作っている会社。
livedoor プロフィール

takahashikamekichi

Profile
斉藤久典
信州松本のコーヒー屋。1963年生まれ。自作ホームページ→ヤフー掲示板→ライブドアBlogと移動してきました。




あわせて読みたいブログパーツ
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ