Espresso Diary@信州松本

エスプレッソ・ダイアリー。信州松本のコーヒー屋の手記。 RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/takahashikamekichi/

2005年01月

中尊寺ゆつこ。

ナンシー関が世を去って以来の驚きですね。ワタシ的には。「中尊寺ゆつこ」の訃報が出ています。ディスコやクラブでも遊んでいたっぽい人。私はゴルフもブランドも余り興味がないんですが、やはり街の匂いに対する敏感さとか、ストリート的な発想や表現には共感することが多かったです。いろいろ難しく言っているけど、簡単にいえば、こういうことじゃん。そういう説得力があった。
続きを読む

PCが周辺機器になった日。

「パソコンが周辺機器になる」。ACCESS(4813)の荒川亨さんは言っていました。
マック・ミニの登場で、その流れがハッキリしてきたと思います。私には、周辺機器と見られていたiP0Dこそが中心機器であり、パソコンの方が周辺機器に見えます。
続きを読む

「脱・田中県政」の次にくるもの。

昨日は、地元ローカル局・信越放送の取材を受けました。田中県政と後援会をめぐるインタビューです。00年の知事選から支持してきた八十二銀行の茅野實さんが後援会から離れ、いま長野県は「田中バブル崩壊」のような状態になっています。田中知事の関心は、すでに首都圏からの出馬に傾いている様子。全国知事会の会長に石原慎太郎・都知事を推す発言をしているのも、石原人気にあやかろうとの思惑でしょう。
続きを読む

新聞にも、デスクトップ型とノート型がある。

今週は、アメリカ社会の変化を示す2つのニュースに注目。ひとつは、"USA TODAY"に出たパソコンの記事。前年のクリスマス商戦に比べて今年はデスクトップが7%減、ノート型が24%増えたという話です。やはり、社会がモバイルの方向に傾いているのです。冴えないハイテクの株価の中でも、ケータイ関係の株は堅調なところが多いようです。
続きを読む

債券市場は大事だよ〜。

債券が買われて、長期金利が1.310%まで下がりました。ライブドアもヤフーも、ファイナンスのページに力を入れているようですが、債券市場の動向が分かるようにして欲しいですね。現状では、日経やブルームバーグを見ないと分かりません。せめて、為替や日経平均と並んで10年債の利回りだけでも、すぐに見られるようにしてもらいたいです。
続きを読む

成功者たちの共通点。

日信工業(7230)が新高値を更新。業績の良い小型株を物色する流れに乗っています。信用倍率も0.27。大型株を見ると、日経225の主力ハイテクがパッとしない感じ。買われてるのは、信用倍率が低く需給の面から値動きの良さが期待される大型株ですね。新興市場も循環的に資金が回っていますから、日経平均が冴えないわりに、手持ちの株価は堅調だと感じている個人が多いのではないでしょうか。
 
通貨は、韓国のウォンが高い。米ドルと円との関係でなく、円と他の通貨の関係(クロス円)が重要になっています。何度も繰り返しているように、米ドルと円が共に下がっているイメージですから、アジアや欧州、さらに中南米の市場に強い輸出企業にとっては有利な展開ですね。「円高=輸出が厳しい」などと、ひとくくりにはできない時代に入ったと思います。
続きを読む

アポトーシスと政治・経済。

アポトーシスについて、私に最初に教えてくれたのは、信州大学の医学部で研究をしていたナカヤマ先生でした。90年代の後半、松本のクラブDJでもあった彼は、地元の情報誌に「クラバーズ通信」というコラムを連載。私は、そのテキストをウェッブサイトに転載したりしていました。
 
アポトーシスとは、細胞が自分で急速に死んでゆく現象のことで、あらかじめ準備されていたかのように自動的に死んでゆくことから「プログラム細胞死」とも呼ばれている現象。「たとえば、私たちの指ですね。これは手から生えてくるように見えるけれど、そうではなく、指と指との間にある細胞が死んでゆくことで、結果的に指の形が作られてきたのではないか・・・」。そういうお話をうかがいました。
続きを読む

ライブドア銀行への期待。

ライブドアが、西京銀行とネット銀行を創ります。西京銀行は、山口県の周南市が本拠地。堀江社長は、大阪近鉄バッファローズの買収に手を上げたかと思えば、新球団を仙台に置こうと提案する。その後は、高崎の地方競馬に関心を示しました。一見すると行き当たりばったりに見えますが、私は堀江貴文さんの考え方に一貫性を感じます。
続きを読む

ネットワークの主流は、PCからケータイへ。

フルブラウザが話題になっています。パソコンで見るように作られているホームページを、ケータイでも見られるという話です。ACCESS(4813)に関係するお尋ねもいただいてますので、そのお答えという形で私の考え方を述べてみたいと思います。
続きを読む

朝日=団塊オヤジの新聞社。

鋭いっ!と思ったのは、「ヤースのへんしん」さんの意見。<この世の中『圧力』『介入』なんてゴマンとありますよね。それが政治家だから問題なの?市民の圧力で変わったとしたら、それはいいの?><大体、NHKの番組制作上の原則である「公正・中立性」なんて、スポーツニュース見た段階で、絵空事だとわかってますよ。>
続きを読む

NHKと朝日新聞。その対立の背景。

年を越してから、NHKをめぐる構図に変化が起きています。昨年までは、海老沢会長と改革を求める勢力との間で綱引きが続いていました。今年になって、対立の構図は「NHKと朝日新聞社」に変わっています。これは、何を意味しているのでしょう。
続きを読む

ローカルな経済のグローバル化。

長野県では、高齢化が速く進んでいます。ある意味、いまの長野県の現実は、日本の将来を先取りしているともいえる。そこで何が起きているのか?私が注目するのは、外国人の動きです。すでに結婚の4%以上が外国人との組み合わせという市もある。フィリピンや中国、最近だと韓国の女性が日本人の男性と結婚するケースが多いですね。
続きを読む

ソニーの低迷。サムスンの躍進。

グローバルに考えれば、「ソニー低迷」の裏側は「サムスンの躍進」ですね。しかし、日本の新聞は「デジタル家電の値崩れ」とか、日本の他社との比較ばかりを書いている。あるいは「ソニー神話」という過去の成功と比較したり・・・。日本のメディアが非常に内向きになっている点が気になります。ソニーはグローバル企業なのだから、国内のシェアだけを考えてみても、あまり意味がありません。
続きを読む

男と女の日本経済。

国の借金は多くても、個人には資産がある。だから日本は悲観しなくても大丈夫だ。本当に、そうでしょうか?少し前までは、「国の借金は夫婦の間の借金みたいなもの」と言う人がいましたが、そう言われて納得する人は減ったと思います。むしろ、「借金だらけの男と距離を置いて、自立の道を選ぼう」と考える人が増えている気がします。
続きを読む

安くなるアメリカと、広がりゆく欧州。

資金がアメリカから出たり入ったりしています。為替は、その足跡。ドル高に振れて(お金がアメリカに流れ込んで)、米国が株高&債券高になりました。ユーロが安くなって(お金が欧州から流れ出し)、欧州で上げている株式市場はドイツとスペインだけという状態になっています。アメリカで株が上がったわりに、きょうは日本の株がたいして上がらず、終わりは下げて終わったんですが、これも資金の流れ(為替)と重ねてみると納得できる。「アメリカの株高=世界の株高」ではなくなってきているんですね。ここまで買い越してきた外国人の動向が、今朝は売り越しでした。
続きを読む
livedoor プロフィール

takahashikamekichi

Profile
斉藤久典
信州松本のコーヒー屋。1963年生まれ。自作ホームページ→ヤフー掲示板→ライブドアBlogと移動してきました。




あわせて読みたいブログパーツ
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ