Espresso Diary@信州松本

エスプレッソ・ダイアリー。信州松本のコーヒー屋の手記。 RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/takahashikamekichi/

2005年05月

グローバルな経済とドメスティックな教育の矛盾。

仕入先と商談中、ある大手商社マンの話題が出ました。「いまさら日本の受験を考えても遅い。うちの息子はアメリカの大学を目指すことにした」。そう話す方がいるんだそうです。日本の経済は多くの海外赴任によって支えられていますが、子供の教育が悩みのタネとなっているケースが多いようです。
続きを読む

多様性のある日本への変化。

「高度成長って、バブルのことでしょ」。20代の人から言われ、私はハッとしました。不況だ、デフレだで、もう15年が経つのです。いまの20代には「景気が良いって、どういうことか分からない。おカネがあるってことですか?」と聞いてくる人もいる。彼らが分かっているのは、世の中にはカネがある人と無い人がいるという、90年代後半から明らかになった現実です。もう「世間なみ」という日本社会の一体感は、過去のイメージとなりつつあるのです。
続きを読む

ACCESS(4813)のMSCB。

ACCESS(4813)のホルダーには、受難の週末となりました。MSCBによる500億円の資金調達が嫌気され1日の下落率は、−17.94%です。昨夜の私は一部を売ることも考えましたが、いまは「見届けたい」という気持ちが強くなっています。荒川亨社長は、手にした500億円で何を買おうとしているのでしょう?
続きを読む

東京都議会議員選挙 2005

東京の都議会議員選挙は、日本のブログが最初に出会う大きな選挙です。アメリカの大統領選では、ハワード・ディーン候補がブログを効果的に使って旋風を起こしました。韓国のノ・ムヒョン政権の誕生には、オーマイ・ニュースの影響力が大きかったと言われている。したがって「日本の首都の選挙において、ネットは影響力を与えるのか?」は、当然ですが注目点といえます。
続きを読む

福井総裁の言う「これしかない」とは?

福井総裁のインタビューが読売新聞に載っています。日銀が経済の先行きについて、どんなイメージを持っているのか?それを知るためにも注目だと思います。
続きを読む

トヨタ自動車米州事業部からの郵便。

トヨタ自動車の米州事業部から郵便が来ました。何だろう?と思って開いてみれば、こんな内容です。
 

 
続きを読む

国債は売りたいが、円高は困るニッポン。

外国人には国債を買ってもらいたい。だけど、それで円が買われて円高になったら困る。財務省のジレンマが、日本経済新聞の記事になりました。この矛盾を解決するためには、もう日本人が海外への投資を増やしてゆくしかないでしょうね。だから私は、ブラジルやインドの株を、もっと買いやすくして欲しいな、と思ってしまう。
続きを読む

テクノラティで見るブロガーの意見。

テクノラティを使って、「量的緩和」で検索してみました。極東ブログさんは、こう書いています。<今朝は大手紙の社説がこぞって、量的緩和政策をテーマとしていた。ということは、経済プロパーな話題というより、お茶の間の話題というふうに理解できるだろう>。
 
対照的なのは、もーんーちのひとりごとさんのブログ。 <それにしても、この社説って一般にどれくらい読まれてるんだろうか?ビジネスマンだったら多少は興味あるのでしょうか?大半の人は「日銀」とか「量的緩和」とか聞いただけで読まなくなるような気がするのですが…経済関連の新聞を読む人はまだしも一般紙を読む人はタイトルだけで読むのあきらめそう。だいたい予備知識が無いと読めませんからね>。
 
私は、もーんーちさんのブログに共感します。

「量的緩和の堅持」は当然。

やはり「堅持」でした。「いささかの揺るぎもない」。福井総裁が、量的緩和の堅持を強調しました。財政赤字が大きい日本には、他に選択肢はないのです。ここで「政策が転換」と取られたら、長期金利が急上昇するリスクがある。朝日新聞は「明快な論理の組み立てが不可欠」とか言って批判してますが、市場は生き物だから理屈どおりに動くとは限らない。本当に財政赤字の深刻さを理解しているのは、朝日新聞ではなく日本銀行だと思いました。
続きを読む

タワー投資顧問の清原達郎は、「経済の傭兵」だ。

不思議なのは、「マネーゲームだ!」という声が出てこないことです。タワー投資顧問の清原達郎さんが長者番付で日本一になったので、調べてみました。まず、グーグルに「清原達郎 マネーゲーム」の文字を入れて検索。これで10件しか出てこない。テクノラティで同じように検索しても、2件しかヒットしない。つまりタワー投資顧問に対して「マネーゲームだ」と言う人は、ほぼ皆無という状態になってるんですね。
続きを読む

経常収支=ニッポンのお金の出入り。

経常収支というのは、簡単にいえば「ニッポン全体のお金の出入り」のことですね。いままでの日本は、資源を輸入して、クルマとか機械とかを作って輸出し、それでおカネを稼ぐ国だった。しかし、最近では外国に投資をして、利子や配当を受け取って稼ぐ傾向が強くなってきている。これを官房長官の細田さんという人が、「非常に成熟した国家のありようになっていると思う」と言っています。
続きを読む

株高&債券安のシナリオ。

週明けの東京は、株安、債券安、円安です。明日のGDP速報を控えて「様子見ムード」という話ですが、マクロの数字に関心が集まる場面では、景気回復の遅れが意識され、ミクロの業績に注目が集まる場面では、株が買われやすい傾向があるように感じます。原油価格が下落し、中国の経済の弱さを示すデータが出たので、資源、海運、鉄鋼なども弱い。私が持っているところだと、ペトロチャイナ、三菱瓦斯化学が下げてます。
続きを読む

財政赤字と少子高齢化。

ビル6

「外資系の不動産ファンドですか?もう松本に来てますよ。うちのビルあるじゃないですか。あれ、ぼくが買ったとき、外資のファンドと競合だったんですよ」。知り合いの不動産屋さんが言う6階建てのビルは、近所を流れる女鳥羽川のほとりに立っています。松本市の人口は、22万人。外資系ファンドの手が、こんなところにまで伸びているとは驚きです。

 

続きを読む

大橋巨泉の汗と、高級なグチ。

田中知事の後援会が、再選にむけて動き始めたようです。私は、もう離れていますが、いろんな活動を振り返って印象的だったのは、大橋巨泉さんの選挙を手伝ったこと。2001年の7月、参議院選挙に出馬した巨泉さんは、名古屋の街頭に立ちました。あの民主党の街宣車の上は、40℃を超えていたと思います。
続きを読む

フィリピン・パブに行きました。

昨夜は、初めて松本のフィリピン・パブに行きました。ここにコメントを寄せていただいている「ノクのホリエモン」先生の案内です。8人くらいの女の子が入れ替わりで席に来たんですが、全員が英語を普通に話すことが印象に残りました。「オニイサン、韓国人?」とか言われて思ったんですが、日本はアジアの中で最も英語が通じにくい国かもしれないですね。
続きを読む
livedoor プロフィール

takahashikamekichi

Profile
斉藤久典
信州松本のコーヒー屋。1963年生まれ。自作ホームページ→ヤフー掲示板→ライブドアBlogと移動してきました。




「最新トラックバック」は提供を終了しました。
あわせて読みたいブログパーツ
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ