Espresso Diary@信州松本

エスプレッソ・ダイアリー。信州松本のコーヒー屋の手記。 RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/takahashikamekichi/

2009年05月

『覇者の驕り―自動車・男たちの産業史』。

野菜と豚肉、それにガソリンが値上がりしています。衣服や電化製品は、安くなってる。日本の失業率は5%に悪化し、賃金も抑えられ、不動産は値下がりしています。インフレなのか?それともデフレなのか?CNBCでも、たびたび論議されています。私は、インフレとデフレが、ともに世界に広がっていると考えています。続きを読む

ドル・インデックスのチャートは語る。

ドル香港の株式市場は、1日で5%以上も騰がりました。やはり、香港ドルが連動するドルと共に値打ちを下げる…と考える人が多いようです。チャートは、1985年から最安値をつけた2008年2月までのドル・インデックス(DXY)の長期の動き。164.72から74.07まで、大きな変動を経て55%の下落になっていることが分かります。テクニカルにいえば、サポートラインは80あたりに想定することができる。今はいったん盛り返したドルが、再びこの80を割り込みそうな水準ですから、世界の人々がドルのゆくえを注視する気持ちが解るような気がします。

途中には2002年をピークとする山があって、ここが120を超えてます。90年代の後半のクリントン政権の時代とピタリと重なる上り坂は、「強いドル」を繰り返し強調していたルービン財務長官によって、アメリカの財政赤字が改善されていた時期です。当時はロシアや東欧など混乱している地域が多く、アメリカの軍事力の突出が明らかでしたから、米国が世界の秩序の維持に貢献することが期待できたのでしょう。また、「インターネット=アメリカ文化」というイメージが強烈で、数々の新興企業が急成長してもいましたから、アメリカに資金が集まりやすい環境でもあったといえます。ウィンドウズ95の発売は「お祭り騒ぎ」と揶揄されましたが、いま振り返ってみると、まさに大きな祭りの始まりを告げるセールだったのです。

続きを読む

横並びの安心感が、横並びの不安に。

求人はあっても短期ばかり。派遣を切れば叩かれるし、いつ政府から社員への登用を義務づけられるかも分からないので、松本あたりの製造業は、中長期の求人を出さなくなりました。現場では短期で人が入れ替わっているだけなので、数字の上では常に求人があるにもかかわらず、実体としては同じ人が短い期間でグルグルまわるだけ。やはり、見かけの求人倍率よりも雇用の実態は悪いといえそうです。
続きを読む

ドルは切り返すか?

多くの人たちが、インフルエンザ報道に対する違和感を口にしています。「あればっかり」「騒ぎすぎ」。私は日本のワイド・ショーやニュース・ショーを見る時間が減ったので詳しいことは知りませんが、おそらく集中豪雨のようなことが繰り返されているのだと思います。「次は、どこの誰だ?」という調子で、役所から出てくる情報に沿った同業者たちによる競争が続いているのでしょう。似たような人たちが似たようなことを繰り返しているので、なおさら報道に過剰感があふれてしまう。続きを読む

「不動産に手を出す」と言う人は少ないけれど。

日本のGDP(1-3月)は、前年同期から9.7%の下落。回復も緩やかだとする予想が多い。欧米に比べて強い落ち込みは明らかですから、「日本は、いち早く回復する」という総理大臣の話には、もはや説得力がありません。中国がGDPで日本を抜くまで、あと1〜2年。CNBCも、日本の失速を「いまだ世界第2位の経済ではあるが…」と解説しています。「オリンピックが終われば、中国のバブルは終わる」とか、「アメリカのように酷くはない」といった話をする人が多かったことも、なんだか遠い昔のことのように思えます。
続きを読む

「輸出という方法は、最先端の産業でも、もはや困難だ」。

欧州の景気悪化が明らかに。ユーロが買われにくくなり、上がってきた原油も57ドルと一休みしたので、ドル安のエネルギーが円買いへと向かったようです。インドネシアのGDP(1-3月)は、前年の同期に比べて4.4%のプラス。悩める先進国と伸びる新興国との対比が、日々はっきりしているように感じます。これから緩やかであっても世界の景気が回復してゆけば、8月の原油70ドルは、十分に現実味のある数字。ブーン・ピケンズが語っていた「年内に100ドル」が、それほど意外には思えなくなってきました。2%以上の長期金利と100ドル以上の原油があり得ることは、覚悟しておいた方が良いかもしれません。続きを読む

債券市場こそは、日本の真の野党。

ドル円 バーナンキ議長が「ドルは強くなると思う」と語っても、市場は1USD=95JPYの円高&ドル安。原油は、60ドルまで上がりました。日銀の総裁や与謝野大臣に円高や円安について尋ねる人は少ないですが、ドルのゆくえについては、たびたび質問が出て、バーナンキ議長もガイトナー長官も「強いドル」と答えています。もしもアメリカの要人が「為替は市場が決めること」などと答えたら、多くの人々が「ドル安を容認する発言」として受けとめてしまうでしょう。
続きを読む

「日本はもう立ち直れない」のか?

On Off and Beyondというブログに載っている話は、出るべくして出たものだと感じます。

これまでずっとなるべく言わないようにしていたのだが、もう平たく/明快に言うことにしました。

1)日本はもう立ち直れないと思う。

だから、

2)海外で勉強してそのまま海外で働く道を真剣に考えてみて欲しい。

このブログを書いている渡辺千賀という人は、東京大学から三菱商事を経てスタンフォードでMBAを取ったという華麗な経歴の持ち主。まったく経歴が華麗ではない私も、長く地方に住み、海外で働く人が増えてゆく可能性を感じています。腕のある寿司や天ぷらの職人さんには、「海外で働かないか」と誘われたことのある人が珍しくない。ごく普通に仕事を探している30歳前後の男性にも、「大連や台湾で働くことを勧められた」と話す人がいる時代です。

続きを読む

大都市の高齢化は進む。

タクシーは、景気を映し出します。テレビによく出てくるのは客待ちの列ですが、毎日のように街を歩いていると、さらに細かな濃淡があることに気づきます。違うタクシー会社の運転手たちが立ち話をしているようなら、暇になっている証拠。最近は大きな声で愚痴る声が聞こえて来ることもあります。

1時間半も待って、やーっと拾ったと思ったら、鎌田まで1,000円だわぁ。

原油金曜日の夜に、こんな声が出るのだから、かなり厳しい。市内の工場に勤めている知り合いの若い男性は、国からの助成金で生活している状態で、会社に籍はあるものの仕事はなく、社長も「こういうときだからこそ団結しよう」と言うばかりだとか。これでは、まるで社会主義の国営企業のようです。来週からは、原油の価格に注目。大きく落ちたあと底入れし、55ドルを超えると上に騰がりやすい形になっています。

続きを読む
livedoor プロフィール

takahashikamekichi

Profile
斉藤久典
信州松本のコーヒー屋。1963年生まれ。自作ホームページ→ヤフー掲示板→ライブドアBlogと移動してきました。




あわせて読みたいブログパーツ
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ