2015年9月13日(日)、高畠町老人福祉センター内において「第1回高畠町災害ボランティアセンター設置・運営訓練」が開催されました。高畠町社会福祉協議会(以下、高畠社協)が主体となり昨年から作成を進めてきた「ボランティアセンター策定マニュアル」が今春完成し、そのマニュアルをもとにした実地訓練となりました。

IMG_4903

高畠町内の各種団体が参加し、「総務班」「ニーズ班」「マッチング班」「資機材班」「一般ボランティア役」に分かれ、ボランティアの受け入れから現状説明、マッチング、資機材の受け渡しまでを一連の流れで行いました。ボランティアセンターの運営はほとんどの方が未経験で、高畠社協職員が1つ1つ説明しながらの進行でしたが、参加者が徐々に流れをつかんでいく様子が見受けられました。また、訓練を進めていく中で、参加者から質問や改善点が多く出され、非常に活発な訓練になっていたと感じました。今後も定期的に訓練を行うことで、有事の際に少しでもスムーズなボランティア受け入れを可能にすることができるのではないかと思います。

IMG_4899
IMG_4894

昨年までの2年間、隣接する南陽市で発生した豪雨災害では南陽JCの皆さんがボランティアセンター運営で大きな活躍を見せました。その活躍を見本として高畠JCができる準備を関係諸団体と進めていきたいと考えています。先日の関東・東北豪雨水害により、改めて災害の突発性と悲惨さを実感した矢先の訓練は、非常に意味のあるものとなりました。本日の開催に至るまで、準備に奔走された高畠社協の皆さまに心から感謝申し上げます。