スイミー

2012年12月11日

現実を視よ




ユニクロの柳井氏が出版した本は大体読んでいます。

この本も買おうと思ってタイミングを失っていましたが、昨日読み終えました。
私の頭の整理にもなり、とても参考になりました。

いろんな箇所が参考になったので、これからも随時引用させていただこうと思います。

本の後半で日本電産の永守社長のお話が出ていました。

2011年秋のタイの洪水で日本電産のタイ工場もたいへんな被害を受けたそうです。
操業停止に追い込まれた工場の大半は従業員を自宅待機にさせていたとのこと。

ところが、永守社長は現地の工場長に明治、即従業員を全員出社させ工場の復旧に取りかからせたそうです。
従業員にとってみれば、水で流されている自宅のほうが大事だったかもしれない。

ところが、永守氏は
「工場の再開が遅れれば、それだけ多くの人に迷惑がかかる。工場が動かなければタイの従業員にもお金が入らない。なるべく休まずに働かせてあげたほうがすべての人にメリットがある」

と考えたそうです。柳井氏もこの考え方に賛同しています。

真の日本の商人道は高潔で厳しく、時には無常と思える判断も下さなければならない瞬間もあると、柳井氏は述べています。

日本電産の永守社長も尊敬できる経営者です。
彼の本を読んでいると、企業の社会的責任として「雇用を守ること」を非常に重視しています。今まで買収した企業も基本的には人を切ることなく、再生させています。

信念を持った経営者こそ、この時代を生き抜くのだと思います。

これからもこの本を幾度も読み直すと思います。

↓応援よろしくお願いいたします~(こちらをクリックして、またブログに戻ってきてくださいませ)
人気ブログランキングへ
コメントの有る方はコメントへお願いします。

Mixiでも、T.Kasai で登録しております~。
フェイスブックはフルネームです。
個別に私にメッセージのある方はMixiもしくはフェイスブックからお願いいたします。


takahikokasai at 00:19│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

スイミー